980件中 71 - 80件表示
  • あらい浜風公園

    あらい浜風公園から見た生物生物

    海と繋がっており潮の満ち干きによって水深が変化する海水の池である。たまにカニや魚等の生物が見られることもある。なお足場が危険なので、注意が必要である。あらい浜風公園 フレッシュアイペディアより)

  • ベントラーベントラー

    ベントラーベントラーから見た生物生物

    外星課における隠語。「地球外より侵入した生物及び漂着物に対する処遇を在地球外生物に仰げ」という意味である。ベントラーベントラー フレッシュアイペディアより)

  • 半矮性遺伝子

    半矮性遺伝子から見た生物生物

    矮性とは生物の大きさが通常個体より小さくなる現象であり、動植物を問わずに使われる用語である。矮性を示すようになることを矮化という。矮化の原因としては、遺伝子によるもの(遺伝的要因)、環境の影響(環境要因)、ウイルス等の感染による病気、人為的な矮化(矮化剤処理や接ぎ木など)などがある。半矮性遺伝子 フレッシュアイペディアより)

  • 体内受精

    体内受精から見た生物生物

    体内受精(たいないじゅせい)とは、生物において卵が親の体内から放出されず、雌の体内で受精が行われる方法のことである。大抵の場合、その前に雌の体内に精子を送り込むので、雌雄間で配偶行動が行われる。生殖医療における体内受精については該当の項目を参照のこと。体内受精 フレッシュアイペディアより)

  • 培養栓

    培養栓から見た生物生物

    培養栓(ばいようせん)は、生物学や農学、医学のような生体を扱う分野の研究において、生物や生物組織を培養するための容器に特化した栓の総称である。培養栓 フレッシュアイペディアより)

  • アンモニア態窒素

    アンモニア態窒素から見た生物生物

    アンモニア態窒素の生成は、生物の死骸や糞尿などを由来とした有機窒素(タンパク質、アミノ酸)あるいは尿酸、尿素が分解したときにアンモニアとなることによる(これをアンモニア化成という)。アンモニア態窒素は、硝化細菌により酸化され亜硝酸態窒素に、さらに酸化されて硝酸態窒素となる。また、これらが脱窒細菌により窒素ガスや一酸化二窒素へ還元される脱窒の過程により、自然環境では一連の窒素の循環が成立している。アンモニア態窒素 フレッシュアイペディアより)

  • 応用生態学

    応用生態学から見た生物生物

    応用生態学(おうようせいたいがく 英:Applied ecology)は生態学の一つ。様々な生物や生物及び環境によって形成される生態系と人間の間の問題を解決するための学問。応用生態学 フレッシュアイペディアより)

  • 俗信

    俗信から見た生物生物

    「妖怪」などは、実証的に生物の標本を集めて行く過程で、そういう生物は標本が見つからないということや、また生物学の進展と共に、実在する生物としては、形態や生態が不合理だとの知見から、妖怪は「架空の生物」だとなった。しかし、妖怪は、人魚や河童などのように、別の生物の誤認という可能性もある。俗信 フレッシュアイペディアより)

  • 1A科目

    1A科目から見た生物生物

    1A科目(いちえーかもく)とは、1994年の高等学校学習指導要領の施行によって設置されていた教科「理科」(物理、化学、生物、地学)の科目の1つである。1A科目 フレッシュアイペディアより)

  • 適応

    適応から見た生物生物

    生物学の分野では、適応という概念の発見はある意味で進化論の発見であるといえる。生物が個々の環境に巧く対応できる事と、それらの基本構成が実は共通である事を結びつけたところから進化論は始まる。具体的には、たとえば哺乳類の前足は、外見は異なっても、骨格を見れば基本的に共通の構成を持ち、指先での変化がある場合があるにせよ、基本構成の共通性は確認できる。現在ではこのことを説明する方法として、もとは同じで、使い方によって次第に変わっていったとする説と、神がごく少数の基本構成を巧く利用して様々な形を作ったと考えるキリスト教に沿った説(デザイン論)がある。適応 フレッシュアイペディアより)

980件中 71 - 80件表示

「生きもの」のニューストピックワード