980件中 81 - 90件表示
  • アルカリフィルス・トランスヴァーレンシス

    アルカリフィルス・トランスヴァーレンシスから見た生物生物

    アルカリフィルス・トランスヴァーレンシス (Alkaliphilus transvaalensis) は、グラム陽性、嫌気性の真正細菌で、2008年現在知られている中では、最もpHの高い環境を好む生物である。アルカリフィルス・トランスヴァーレンシス フレッシュアイペディアより)

  • 民族性

    民族性から見た生物生物

    ドイツの哲学者ディルタイは『世界観の諸型』(1911年-1931年)を著し、思想を型に分類して把握する試みを行った。シュペングラーは、『西欧の没落』(1918年-1922年)にてディルタイの手法を用い、西欧社会の把握を試みた。ボアズに付いて学んだルース・ベネディクトは、この文化類型の手法を受けて、インディアン社会の実地調査の後『文化の型』(1934年)を著わした。ニーチェが提唱した穏やかなアポロ型と闘争的なディオニゾース型という型を用いて理解を試みた。。ベネディクトと親交があり強く影響を受けたミードは、1928年に『サモアの思春期』を、1935年に『三つの未開社会における性と気質』を著わし、男女の性格の違いは環境によって、育て方によって、文化によって決まるものだ、と考察した。この本は女性の地位向上運動とリンクしてベストセラーになった。男女の性格・性質の違いは、すべてが環境に起因するものではなく、生まれ持った生物としての違いもある、ということは誰の目にも明らかだが、その割合がどうなっているかは、ミードが環境要因を強調した後、学説としては明確になっていない(1979年時点)。。民族性 フレッシュアイペディアより)

  • 花粉分析

    花粉分析から見た生物生物

    古生態学の目的は、過去の生物と相互関係を明らかにすることにあるが、その成立には生物間と環境との相互関係は過去も現在も同様であったという前提条件が必要である。実質的にも、過去の相互関係は推論するしかできないため、現在の生態学的知見や植生学的知見を過去にも応用して考察がなされることになる。とくに、最終氷期以降のある時期から後の時代に関しては、相対的には安定した環境にあり、現在の植生の成立につながるためにこうした応用がかほぼ可能である。花粉分析 フレッシュアイペディアより)

  • 衛星海洋学

    衛星海洋学から見た生物生物

    衛星海洋学(えいせいかいようがく)は、人工衛星による地球観測データを基に海洋の物理、生物、化学的な状態をリモートセンシングの手法によって求めるアルゴリズムを開発する工学的な学問である。海洋学の一分野であり、アルゴリズム中に衛星観測データから大気の放射等の影響を除く必要があるため大気放射学等の知識も求められる。衛星海洋学による観測は広範囲のデータを即時的に取得することができるため、気象・海洋の予報モデル等の入力データとして重視されている。衛星海洋学 フレッシュアイペディアより)

  • バッフ・クラン

    バッフ・クランから見た生物生物

    外見は、コスモら地球人類と全く変わらない。劇中でバッフ・クランのカララ・アジバが地球人のユウキ・コスモに対して輸血できたこと、地球人のジョーダン・ベスを父親とする子を妊娠した事実などから、人類と遺伝的・生理的にほとんど同一の生物であることが分かる(外見上の違いを強いてあげるなら、劇中では眉および黒目の枠線が無く、よほどのアップでないと瞳は描かれなかった)。カララ・アジバは地球人類側の医学的な検査を何度か受けているが、肉体的な差異は発見されなかった。精神面でも人類と大差ないようで、バッフ・クランのギジェ・ザラルが「(地球人類とバッフ・クランの)メンタリティーは似たようなもの」と発言したことがある。バッフ・クラン フレッシュアイペディアより)

  • 相

    から見た生物生物

    特定環境下の生物の総体。生物相、動物相、植物相など。 フレッシュアイペディアより)

  • 超人ママMAX

    超人ママMAXから見た生命体生物

    ママMAXのアフロの中から生まれた謎の生命体。ハエの羽が背中についていて、飛ぶことが出来る。口癖は「〜マックス」。超人ママMAX フレッシュアイペディアより)

  • 生物衛星

    生物衛星から見た生物生物

    生物衛星(せいぶつえいせい、英:biosatellite)とは生物を宇宙に一定期間生存させ、地球に安全に帰還させるように設計された人工衛星。生物衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 下等生物

    下等生物から見た生物生物

    下等生物(かとうせいぶつ)とは、ある種族に対して、決定的に劣っているとされる生物のことである。対比語であるため明確な基準は無いが、現状においてヒトが主観的に使っているため、ヒトと比較して劣っているというニュアンスで用いられる。下等生物 フレッシュアイペディアより)

  • 後成説

    後成説から見た生物生物

    後成説(こうせいせつ)とは、生物の発生に関する仮説で、卵には幼生や胚の元になる構造が初めからあるのではなく、次第に作り上げられるものであると説くものである。前成説に対して唱えられ、次第に認められた。後成説 フレッシュアイペディアより)

980件中 81 - 90件表示

「生きもの」のニューストピックワード