105件中 21 - 30件表示
  • 生物

    生物から見た植物

    生物(せいぶつ)または生き物(いきもの)とは、動物・菌類・植物・古細菌・真正細菌などを総称した呼び方である。生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見た地球

    地球上の全ての生物の共通の祖先があり(原始生命体・共通祖先)、その子孫達が増殖し複製するにつれ遺伝子に様々な変異が生じることで進化がおきたとされている。結果、バクテリアからヒトにいたる生物多様性が生まれ、お互いの存在(他者)や地球環境に依存しながら、相互に複雑な関係で結ばれる生物圏を形成するにいたっている。そのことをガイアとも呼ぶものもある。生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見たタンパク質

    つまり地球上の生物で言えば、タンパク質からなる酵素を中心とする代謝の働きと、核酸からなる遺伝子による遺伝の働きが、生物が生物であることを維持するためのしくみである。生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見た核酸

    つまり地球上の生物で言えば、タンパク質からなる酵素を中心とする代謝の働きと、核酸からなる遺伝子による遺伝の働きが、生物が生物であることを維持するためのしくみである。生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見たウイルス

    生物が無生物から区別される特徴としては、自己増殖能力、エネルギー変換能力、恒常性(ホメオスタシス)維持能力、自己と外界との明確な隔離などが挙げられる。しかし、この区分は例えば、ウイルスやウイロイドのような、明らかに生物との関連性があるがこれらの特徴をすべて満たさない存在(対象)までを区分することが出来ない。このことから言っても、生物と無生物を完全に区分することは困難なことである。生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見た古細菌

    生物(せいぶつ)または生き物(いきもの)とは、動物・菌類・植物・古細菌・真正細菌などを総称した呼び方である。生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見た炭水化物

    水、タンパク質、脂質、炭水化物、核酸は生物の主要な構成成分である。生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見た脂質

    水、タンパク質、脂質、炭水化物、核酸は生物の主要な構成成分である。生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見た光合成

    現在の地球の大気組成は、窒素が78%、酸素が21%、二酸化炭素が0.036%というような構成になっているが、生物が現れる前は、二酸化炭素が多くを占める構成であった。その温室効果によって地表の温度も高かった。ここに生物が出現することによって、光合成による有機物の生成や、生物由来の石灰岩の生成がなされ、炭素固定がなされた結果、今のような酸素が多く含まれた窒素主体の大気組成となった。(ただし、大気組成の変化は生物だけによるものではない。地球の大気も参照のこと。)生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物

    生物から見た地球の大気

    現在の地球の大気組成は、窒素が78%、酸素が21%、二酸化炭素が0.036%というような構成になっているが、生物が現れる前は、二酸化炭素が多くを占める構成であった。その温室効果によって地表の温度も高かった。ここに生物が出現することによって、光合成による有機物の生成や、生物由来の石灰岩の生成がなされ、炭素固定がなされた結果、今のような酸素が多く含まれた窒素主体の大気組成となった。(ただし、大気組成の変化は生物だけによるものではない。地球の大気も参照のこと。)生物 フレッシュアイペディアより)

105件中 21 - 30件表示