350件中 71 - 80件表示
  • ピーシーエー生命保険

    ピーシーエー生命保険から見た生命保険生命保険

    ピーシーエー生命保険株式会社(ピーシーエーせいめいほけん)は、日本の生命保険会社である。ピーシーエー生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 保険金殺人

    保険金殺人から見た生命保険生命保険

    保険金殺人(ほけんきんさつじん)とは、ある人物が死亡することにより、当該人物に対し掛けられている生命保険の保険金を得ることを目的に殺人を犯すこと。保険金殺人 フレッシュアイペディアより)

  • 広島中郵便局

    広島中郵便局から見た生命保険生命保険

    生命保険、バイク自賠責保険 - 平日18時まで営業。広島中郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 手書き文字認識

    手書き文字認識から見た生命保険生命保険

    汎用OSを使ったものとしては、生保・損保業界では、タッチパネル搭載、キーボードなしのハンディPCに、Tablet PC Editionではないデスクトップ向け汎用OSと、独自の手書き認識エンジンを組み込んだものが使用されることがある。また、キオスク端末として、ペンオペレーション可能な小型PCが利用されていることがある。これは、利用者の利便性向上の他、キーボード操作を無効にしてシステムの安全性を確保するという目的もある。手書き文字認識 フレッシュアイペディアより)

  • 日本興亜生命保険

    日本興亜生命保険から見た生命保険生命保険

    日本興亜生命保険株式会社(にっぽんこうあせいめいほけん / NIPPONKOA LIFE Insurance Co., LTD,)は、かつて存在した日本の生命保険会社。通称、日本興亜生命。NKSJホールディングスの傘下(旧日本興亜グループ)。日本興亜生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄 (松本市)

    本庄 (松本市)から見た生命保険会社生命保険

    FM長野本社、相澤病院(地域医療支援病院、中信地区救急救命センター)、岡野薬品本社、松本本庄郵便局がある。南側に薄川が流れている。1丁目には生命保険会社、損害保険会社などのオフィスビル、ホテルが立ち並んでおり、2丁目は昔からの住宅や商店が多い。城下町のなごりで一方通行の道路が多い。近年は他の市内の地域と同じようにマンションが多くなってきている。本庄 (松本市) フレッシュアイペディアより)

  • 博労町 (米子市)

    博労町 (米子市)から見た生命保険生命保険

    天満商店が開業二代目で繰綿、木綿、金銭貸付商、森岩太郎商店が開業三代目で古着と質商、名嶋嘉吉郎商店(名和川屋)は開業四代で、質商から砂糖、緫糸、醤油醸造業のほか、生命保険、火災保険の代理店にもなっている。博労町 (米子市) フレッシュアイペディアより)

  • 早矢仕有的

    早矢仕有的から見た生命保険生命保険

    早矢仕有的は貿易商人として手広く事業を行い、明治13年(1880年)3月に株式会社となり、有限責任丸屋商会とし、明治8年(1875年)の早矢仕有的の東京移転後、事実上の本店になっていた東京支店を正式に本店としたときには、会社定款で書籍、薬品、舶来雑貨の三科を本業とし、裁縫、家具製造の二科を余業としていた。また先に述べた横浜正金銀行のみならず、日本最初の生命保険会社である明治生命保険会社設立にも関与し、明治14年(1881年)の横浜生糸荷預所の設立出願にも加わり、横浜商人の名士の一人でもあった。早矢仕有的 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道狂時代

    鉄道狂時代から見た生命保険生命保険

    1840年代の鉄道バブルは従来の保険業にもあらたな影響をもたらした。鉄道は馬車などと異なり、運行にたいへん危険をともなうことから、従来の生命保険会社が傷害保険業務に進出するようになり、傷害保険契約の内容も、鉄道旅行中の傷害担保から海上旅行中の傷害担保へ、さらに一般傷害保険、団体保険、疾病保険あるいは永久給付契約の導入などが生み出された。これらは従来の海上、火災、生命に次ぐ事業分野に成長していった。1846年には致命的事故法(:en:Fatal Accidents Act 1846)が成立した。鉄道狂時代 フレッシュアイペディアより)

  • 東京生命保険

    東京生命保険から見た生命保険生命保険

    東京生命保険相互会社(とうきょうせいめいほけん)は、かつて存在した日本の生命保険会社。東京生命保険 フレッシュアイペディアより)

350件中 71 - 80件表示

「生命保険」のニューストピックワード