105件中 41 - 50件表示
  • 生命保険

    生命保険から見た三井住友海上プライマリー生命保険

    三井住友海上プライマリー生命保険(旧:三井住友海上シティインシュアランス生命保険→三井住友海上メットライフ生命保険。シティ保険グループとの合弁からメットライフとの合弁を経て、現在はMSIGの100%子会社)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たアリアンツ生命保険

    アリアンツ生命保険(独アリアンツの生保子会社)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見た日産生命保険

    プルデンシャル生命保険(米プルデンシャル系。日産生命保険→あおば生命保険を吸収合併)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たチューリッヒ保険

    チューリッヒ生命(スイスのチューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズ グループ傘下。正式名称は「チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド」日本支店)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見た千代田生命

    近年の主な動きとして、ガン保険などの第三分野保険を足がかりとして、外資系保険が参入。これを契機に、日本の保険会社も統廃合が進む。また一方でいわゆるバブル景気による金利の上昇と不動産の価格高騰は、「超長期固定金利」の商品を扱う生命保険会社にも多大な影響を与えた。一つにはバブル崩壊後、高い予定利率の保有契約を多数抱えてしまったこと、もう一つには、資産運用手段として不動産への投資、あるいは不動産関連の融資を行ったことで、保有資産・貸出資産が不良化してしまったことである。この結果、資産運用による収益力が落ち込むとともに、運用は延びずに予定利率との差額が発生する「逆ザヤ」により経営基盤が不安定になっていった。当時、経営が悪化していた会社は渋谷付近に本社を置いていたものが比較的多く、それらの中でも特に日産生命・千代田生命・東邦生命・日本団体生命を指して「渋谷4社」と呼ばれることがあった。結果的にこれら4社のうち、日本団体生命(アクサ生命と統合)を除く3社は経営破綻しており、その他に大正生命・協栄生命・東京生命の3社が破綻(はたん)している。生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たINGグループ

    アイエヌジー生命保険(旧:ナショナーレ・ネーデルランデン生命保険。現在は蘭金融保険グループ・INGグループ傘下)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見た太陽生命保険

    太陽生命保険(T&Dホールディングスの傘下)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たあおば生命保険

    プルデンシャル生命保険(米プルデンシャル系。日産生命保険→あおば生命保険を吸収合併)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たアクサ

    ネクスティア生命保険(アクサ傘下。旧SBIアクサ生命保険)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見た東京生命保険

    T&Dフィナンシャル生命保険(旧:東京生命保険。T&Dホールディングスの傘下)生命保険 フレッシュアイペディアより)

105件中 41 - 50件表示

「生命保険」のニューストピックワード