165件中 71 - 80件表示
  • 生命保険

    生命保険から見たアメリカンファミリー生命保険会社

    アメリカンファミリー生命保険(通称:アフラック。正式には「アメリカン ファミリー ライフ アシュアランス カンパニー オブ コロンバス」日本支店)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たプルーデンシャル

    そこでロンドンの労働者達が、生命保険会社・プルーデンシャル ローン&保険組合(現イギリス・プルーデンシャル)に少額な保険料で葬儀費用を賄える保険を作って欲しいと申し入れ、プルーデンシャルはこれを受け入れて少額・保険料建・週払の労働者向け保険を開発した。このことで、生命保険は一挙に庶民のものとなった。一時期、英国の全世帯の1/3がプルーデンシャルと契約していたとも言われている。当時の労働者にとってこうした問題がいかに深刻であったかを物語る事例といえよう。生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見た東京海上日動あんしん生命保険

    東京海上日動あんしん生命保険(東京海上あんしん生命保険 + 日動生命保険 + 東京海上日動フィナンシャル生命保険)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たクレディ・アグリコル

    クレディ・アグリコル生命保険(仏クレディ・アグリコルの生保子会社)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たBNPパリバ

    カーディフ生命保険(仏大手銀行・BNPパリバ系。正式名称は「カーディフ・アシュアランス・ヴィ」日本支店)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たFWD富士生命保険

    FWD富士生命保険(香港富衛集団傘下。旧:富士生命→AIG富士生命)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たAIGスター生命保険

    ジブラルタ生命保険(旧:協栄生命保険 + AIGエジソン生命保険〈旧:東邦生命保険→GEエジソン生命保険 + セゾン生命保険〉 + AIGスター生命保険〈旧:千代田生命保険〉)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見た日本団体生命

    この時代の主な動きとして、1973年にアリコ(現メットライフ生命)、1974年にはアフラックによるガン保険などの第三分野保険を足がかりとして、外資系保険会社が参入を始める。日米貿易協定の関係から国内生保は第三分野保険を単体(主契約)で販売することができず、従来商品であった死亡保障に特約で医療保障を提供を始める。またこれまで長く続いていたセールスレディによるセット商品での販売手法に対して、1981年当時世界最大の生命保険会社であった米国プルデンシャル・ファイナンシャルとソニーが合弁会社でソニー・プルデンシャル生命(現ソニー生命)を設立。大学卒業以上の学歴を有し、税制・法律・社会保障などの関連知識を備えた生命保険の専門家ライフプランナーによるコンサルティングセールスで営業を開始。その後に登場するファイナンシャル・プランナーによるライフプラン表の作成・収支分析・家計相談などの基礎となる提案スタイルと生命保険における専門職という新しいチャネルを生命保険業界へ持ち込む。また一方でいわゆるバブル景気(以下「バブル期」)による金利の上昇と不動産の価格高騰は、「超長期固定金利」の商品(定額保険)を扱う生命保険会社にも多大な影響を与えた。一つにはバブル崩壊後、高い予定利率の保有契約を多数抱えてしまったこと、もう一つには、資産運用手段として不動産への投資、あるいは不動産関連の融資を行ったことで、保有資産・貸出資産が不良化してしまったことである。この結果、資産運用による収益力が落ち込むとともに、運用は延びずに予定利率との差額が発生する「逆ザヤ」により経営基盤が不安定になっていった。当時、経営が悪化していた会社は渋谷付近に本社を置いていたものが比較的多く、それらの中でも特に日産生命・千代田生命・東邦生命・日本団体生命を指して「渋谷4社」と呼ばれることがあった。結果的にこれら4社のうち、日本団体生命(アクサ生命と統合)を除く3社は経営破綻しており、その他に大正生命・協栄生命・東京生命の3社が破綻(はたん)している。生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見た三井住友海上あいおい生命保険

    三井住友海上あいおい生命保険(三井住友海上きらめき生命保険 + あいおい生命保険)生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生命保険

    生命保険から見たアフラック

    この時代の主な動きとして、1973年にアリコ(現メットライフ生命)、1974年にはアフラックによるガン保険などの第三分野保険を足がかりとして、外資系保険会社が参入を始める。日米貿易協定の関係から国内生保は第三分野保険を単体(主契約)で販売することができず、従来商品であった死亡保障に特約で医療保障を提供を始める。またこれまで長く続いていたセールスレディによるセット商品での販売手法に対して、1981年当時世界最大の生命保険会社であった米国プルデンシャル・ファイナンシャルとソニーが合弁会社でソニー・プルデンシャル生命(現ソニー生命)を設立。大学卒業以上の学歴を有し、税制・法律・社会保障などの関連知識を備えた生命保険の専門家ライフプランナーによるコンサルティングセールスで営業を開始。その後に登場するファイナンシャル・プランナーによるライフプラン表の作成・収支分析・家計相談などの基礎となる提案スタイルと生命保険における専門職という新しいチャネルを生命保険業界へ持ち込む。また一方でいわゆるバブル景気(以下「バブル期」)による金利の上昇と不動産の価格高騰は、「超長期固定金利」の商品(定額保険)を扱う生命保険会社にも多大な影響を与えた。一つにはバブル崩壊後、高い予定利率の保有契約を多数抱えてしまったこと、もう一つには、資産運用手段として不動産への投資、あるいは不動産関連の融資を行ったことで、保有資産・貸出資産が不良化してしまったことである。この結果、資産運用による収益力が落ち込むとともに、運用は延びずに予定利率との差額が発生する「逆ザヤ」により経営基盤が不安定になっていった。当時、経営が悪化していた会社は渋谷付近に本社を置いていたものが比較的多く、それらの中でも特に日産生命・千代田生命・東邦生命・日本団体生命を指して「渋谷4社」と呼ばれることがあった。結果的にこれら4社のうち、日本団体生命(アクサ生命と統合)を除く3社は経営破綻しており、その他に大正生命・協栄生命・東京生命の3社が破綻(はたん)している。生命保険 フレッシュアイペディアより)

165件中 71 - 80件表示