前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示
  • 日本電機工業会

    日本電機工業会から見た白物家電白物家電

    一般社団法人日本電機工業会(にっぽんでんきこうぎょうかい)は、重電機器、白物家電のメーカー団体(工業会)。日本電機工業会 フレッシュアイペディアより)

  • 三洋電機

    三洋電機から見た白物家電白物家電

    4月1日 - グループの組織再編を行い、三洋電機の白物家電事業・車載機器事業および営業・販売部門を三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社(同日付で鳥取三洋電機から社名変更)に移管、鳥取三洋電機のフォトニクス事業を三洋電機に移管。洗濯機事業を子会社の三洋アクア(同日設立)に移管。携帯電話事業を京セラへ売却。三洋電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三洋テクノソリューションズ鳥取

    三洋テクノソリューションズ鳥取から見た白物家電白物家電

    1966年(昭和41年)に三洋電機グループの1つとして鳥取三洋電機株式会社(とっとりさんようでんき、Tottori SANYO Electric Co., Ltd.)を設立。通称「鳥三(とりさん)」だった。2008年(平成20年)4月1日に三洋電機グループの組織再編を行い、鳥取三洋電機のフォトニクス事業を三洋電機に移管、三洋電機の白物家電事業・車載機器事業および営業・販売部門を鳥取三洋電機に移管し、現社名に変更した。現在の資本金は46億5,000万円。情報通信関連機器、電化機器の製造・販売を中核事業とする。三洋テクノソリューションズ鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉原

    秋葉原から見た白物家電白物家電

    家電製品、とりわけテレビや洗濯機などの白物家電は秋葉原が長らく取り扱っている製品の1つであり、販売面で見ても国内の最先端地であった。秋葉原 フレッシュアイペディアより)

  • 日曜劇場

    日曜劇場から見た白物家電白物家電

    放送開始当時の東芝が放映するCMは、家庭向けの白物家電が中心であり、それに合わせて内容も視聴者年齢層が比較的高い、極めて保守的なホームドラマがメインであったが、サスペンスやミステリードラマも少なからず放映していた。ドラマの場面に登場する冷蔵庫や炊飯器、電話機などの家電品はもちろん、タクシーやトラックに付いていた無線機、そして使用されたテレビカメラまでもがすべて東芝製で、壁に掛けられていたカレンダーも東芝が内外に配布している(東芝の企業ロゴ入り)ものであった。珍しいところでは、1996年放送の『その気になるまで』第11話に登場した町工場に置かれていた工業用エアコンプレッサー(ブランド名:TOSCON)も、東芝(現 東芝産業機器システム)製であった。日曜劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 娯楽家電

    娯楽家電から見た白物家電白物家電

    娯楽家電(ごらくかでん)とは、家庭用電気機械器具(家電)の中でも、娯楽に供するために家庭で利用される工業製品である。白物家電と対比させ黒物家電(くろものかでん)とよばれることもある。娯楽家電 フレッシュアイペディアより)

  • デザイン家電

    デザイン家電から見た白物家電白物家電

    デザイン家電は、家電一般のうち意匠性に優れ、インテリアに調和したり、またそれ自体がインテリアとしても通用するように設計されたもので、特に従来は機能一辺倒で見た目的な美しさ・格好良さは配慮されていなかった生活家電(→白物家電)を中心に、その外見や動作で生活に潤いを与えるものとして販売されている。デザイン家電 フレッシュアイペディアより)

  • ミニサイクル

    ミニサイクルから見た生活家電白物家電

    初期のミニサイクルに顕著な特徴として、花柄や唐草模様と、明るく淡い色調や鮮やかな原色系メタリックの塗装、ビニール製部品への白の使用など、当時の生活家電や日用雑貨にも共通する、華やかで女性的な装飾が見られた。この傾向は同時進行的に婦人用軽快車でも起こったが、ミニサイクルにおいてより顕著であった。また前かごや荷台を構成する鋼線の取り回しに意匠を凝らし、優美な雰囲気を盛り込んだものもあった。なおミニサイクルの普及につれて、その体格を問わず扱いやすい特性が、成長期の少年をもつ家庭や中高年の男性にも受け入れられるようになり、こうした需要をにらんで、シャープなピンストライプやロゴマークと、精悍な艶消し黒やシックなダーク系メタリック塗装、ビニール製部品への黒の使用など、男性的な装飾を施したものも現れた。やがて直線的な構成をもつフレームや、5段変速などの装備をもつ男性向けミニサイクルが派生していく。ミニサイクル フレッシュアイペディアより)

  • カラー鋼板

    カラー鋼板から見た白物家電白物家電

    冷蔵庫や洗濯機などのいわゆる「白物家電」には、カラー鋼板が大量に使用されている。また、AV機器の外装材などにも使用されることがある。これらは特に高い表面品質が求められるため、通常のカラー鋼板とは異なる品質管理の元で製造されている(プレコート鋼板=後述)。カラー鋼板 フレッシュアイペディアより)

  • ソニーショップ

    ソニーショップから見た白物家電白物家電

    ソニーは白物家電を展開せず販売商品がAV機器とパーソナルコンピュータであるVAIOに限られるため、日立製作所・東芝など他社の白物家電に限って併売する特約店もある。テレビアンテナおよびその属品(ブースター・ケーブル・マストなど)の販売・取り付けについては、ソニーのアンテナ製造は衛星アンテナのみで地上波アンテナは製造していないため、マスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナなどといった他社製品を使用する店舗がほとんどである。ソニーショップ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示

「生活家電」のニューストピックワード