75件中 41 - 50件表示
  • プレスト・スチール・カンパニー

    プレスト・スチール・カンパニーから見た白物家電白物家電

    「プレストコールド」(Prestcold )の名称でPSCは家庭用、産業用冷蔵室、船舶用の高品質な冷蔵庫を製造していた。ドメスティック・フリジレーター・ファクトリー(Domestic Refrigeration Factory 、DRF)は長年カウリー工場の中にあったが、ロールス洗濯機(Rolls Razor )の業績不振に端を発した政府主導の産業再編成によりスウォンジへ移転したことでプレストコールドの英国内の白物家電事業は終了した。産業部門はレディング近郊のテエール(Theale )工場の外で長年にわたり操業を続けることになっていた。プレスト・スチール・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • ビートウォッシュ

    ビートウォッシュから見た白物家電白物家電

    2010年7月から、日立アプライアンスが扱う白物家電全般に嵐を起用することになった為、2010年モデルの「ビートウォッシュ」のCMにはメンバーの一人である相葉雅紀が出演している(2011年モデル以降は大野智も出演)。ビートウォッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 三種の神器 (電化製品)

    三種の神器 (電化製品)から見た白物家電白物家電

    2004年(平成16年)4月13日に松下電器産業(現・パナソニック)が、白物家電の食器洗い乾燥機、IHクッキングヒーター、生ゴミ処理機をキッチン三種の神器と提唱した。三種の神器 (電化製品) フレッシュアイペディアより)

  • 大坪文雄

    大坪文雄から見た白物家電白物家電

    同年9月16日 社名変更日(10月1日)に発売される新生「パナソニック」ブランド白物家電2008年秋モデルを自ら一斉に公式発表。同時に松下提供番組の題名変更も公式発表(ナショナル劇場は「パナソニック ドラマシアター」へ改題。歌のない歌謡曲は題名こそそのままだが、旧来の三木鶏郎作曲「明るいナショナル」公式使用は完全終了しテーマ曲を変更)。大坪文雄 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグドラム

    ビッグドラムから見た白物家電白物家電

    なお、2010年7月から日立アプライアンスが扱う白物家電全般に嵐が起用されている事もあり、2010年モデルの「ビッグドラム」のCMにはメンバーの一人である大野智が出演している。ビッグドラム フレッシュアイペディアより)

  • 食器洗い機

    食器洗い機から見た白物家電白物家電

    2004年(平成16年)4月13日にパナソニック(当時・松下電器産業)が、白物家電の食器洗い乾燥機、IHクッキングヒーター、生ゴミ処理機のことをキッチン三種の神器であると提唱した。また衣類乾燥機が入る場合もある。食器洗い機 フレッシュアイペディアより)

  • 日立ホーム&ライフソリューション

    日立ホーム&ライフソリューションから見た白物家電白物家電

    2002年4月に日立製作所の白物家電の製造拠点の3事業所(茨城県日立市、栃木県下都賀郡大平町(現・栃木市)、東京都青梅市)が独立し創立。社長には瀬端久仁雄が就任。資本金は250億円(日立製作所100%)。 エアコン、冷蔵庫、洗濯機、掃除機などの白物家電が主力製品だが、業務用の給湯器等も扱っていた。また、デジタルカメラなど価格競争が激しい分野の商品は、海外からのOEM調達も行っていた。日立ホーム&ライフソリューション フレッシュアイペディアより)

  • 電機メーカー

    電機メーカーから見た白物家電白物家電

    総合家電メーカーの多くは、電器店の特約店ネットワークを持っている場合が多く、これら電器店は1メーカーに依存しながら繁栄する上で、メーカー側に幅広い商品の開発と製造を、消費者のニーズとして求めたため、乾電池から白物家電を経て娯楽家電に至るまで、幅広い製品層を維持している。しかし1990年代には、この幅広い製品層が、総合家電メーカーの収益率悪化を招いている部分があり、生活に必需ながら利益の上がらないコモディティ化した分野の製品に見切りをつけ、海外生産拠点の統廃合やOEM製品の取り入れといった動きを見せている。電機メーカー フレッシュアイペディアより)

  • さくらや

    さくらやから見た白物家電白物家電

    丸井ヤング館(現・マルイカレン)裏の店舗。当初は電器館として開店し、その後、パソコン専門店のP-KAN(後に新宿東口パソコン館に名称変更)となる(ただし、デンキKANからの改装の為、白物家電も取り扱っていた)。2007年4月27日に、家電もPCも取り扱う店舗となり、新宿3丁目店へ名称変更。2010年2月28日で閉店。さくらや フレッシュアイペディアより)

  • トップ・ギア

    トップ・ギアから見た白物家電白物家電

    ときには番組の内容が行き過ぎることもあり、視聴者から借り受けたジャガー・Cタイプを撮影に使用した際、遠慮なく乗り回した結果車軸を曲げ、クラッチを破壊した状態でそのまま返却し、オーナーを怒らせてしまったこともある。また、あまりにもひどいデザインの車や安価だが低品質な車の出来を検証した際には「このクルマの乗り方は一つだけ。覆面をかぶって乗ることだ。じゃないとこんなのを買った事が近所に知れて恥ずかしいからね。」などと酷評し、覆面代わりの紙袋を被ってレビューする。そのような車とされる日産・マイクラC+Cなどは街中でのレビュー中に路肩に乗り捨てられ、あまりに低品質な車(当時のヒュンダイ・アクセント)に対して「なんだっけこのクルマの名前?えーっと、アクシデント(=「事故」)だっけ?」などの発言が放送された上、「奴らは家電製品のつもりで車を作ってやがる」、「韓国車なら僕らにだって作れる」と言って洗濯機、乾燥機、電子レンジなどの廃家電を組み合わせて作った自作の“車”(一応、前進・後退が可能)を紹介するなどした。ただし、同じ韓国車でもGM大宇・マティス(ティコ (Tico)≒3代目アルトの後継車)に関しては2000年に同番組の「Best Value Car」を受賞している。トップ・ギア フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「生活家電」のニューストピックワード