90件中 51 - 60件表示
  • コジマ

    コジマから見た白物家電白物家電

    ビック傘下入り後は、創業家の小島一族が経営から退いたことで、急激にビック色を強め、ビックカメラ風の社名ロゴを導入(旧来の斜体ロゴも併用)。2016年2月までに、全国の140店強のうち、90店以上を「コジマ×ビックカメラ」に転換した。また従来からの得意分野である白物家電を改めて強化した上で、均衡のとれた店舗づくりを実践していくとしている。コジマ フレッシュアイペディアより)

  • 日立アプライアンス

    日立アプライアンスから見た白物家電白物家電

    2006年4月1日に株式会社日立製作所の分社化第一号の株式会社日立空調システムを存続会社として日立グループの白物家電会社日立ホーム&ライフソリューション(日立H&L)との合併により発足。日立アプライアンス フレッシュアイペディアより)

  • 家庭用電気機械器具

    家庭用電気機械器具から見た白物家電白物家電

    日本語では家電機器(かでんきき)や家電製品(かでんせいひん)と呼称する。単に家電(かでん)とも略される。白物家電や娯楽家電、家庭用の照明器具や冷暖房器具を包括する概念である。家庭用電気機械器具 フレッシュアイペディアより)

  • 食器洗い機

    食器洗い機から見た白物家電白物家電

    2001年には日本での世帯普及率が10%を突破し、2003年には卓上型の売り上げが初めてビルトイン型を上回った。2003年1月31日の施政方針演説で小泉純一郎首相(当時)は、食器洗い乾燥機・薄型テレビ・カメラ付携帯電話を「新三種の神器」と命名した1。また2004年4月13日にパナソニック(当時・松下電器産業)が、白物家電の食器洗い乾燥機・IHクッキングヒーター・生ゴミ処理機を「キッチン三種の神器」であると提唱した。食器洗い機 フレッシュアイペディアより)

  • 松橋周太呂

    松橋周太呂から見た白物家電白物家電

    「家電芸人(白物家電担当)」(2017年12月30日〈土〉・年末5時間SP)松橋周太呂 フレッシュアイペディアより)

  • ホームセンター

    ホームセンターから見た白物家電白物家電

    一般の電器店や家電量販店ではほとんど扱っていない電材(配線材料)関係の扱いがあるが、一般電気製品については乾電池、電球、蛍光灯などの消耗品や白物家電、照明器具、健康・美容器具や小型、中型のテレビ、ラジオ、ラジカセに限られる。ホームセンター フレッシュアイペディアより)

  • コモディティ化

    コモディティ化から見た白物家電白物家電

    生活の必需品という意味では、白物家電(生活家電)が先進国では標準的に普及しているが、これらで例えるならば、掃除機であれば「軽量で細かいごみを強力に吸引して内部に蓄え捨て易くする機能」、冷蔵庫であれば「中の食品が腐らないよう十分に冷やす機能」など、日々の使用における使い勝手の良さは求められるが、あとは消費電力(省エネルギー)・容量・操作性・デザイン・付加機能などの細かい選択基準があるのみで、基本的な性能や機能は大手・中小の電機メーカー、プライベートブランドの各製品を比較しても大きな差異は無く、消費者はどのメーカーの製品を選んでもほぼ同等の基本的機能を有する製品を手にすることができる。また新製品と従来製品の差が基本的な機能の部分ではほとんど発生せず、壊れるか余程の陳腐化でもしない限り新製品に対する買い替えの必要性が乏しいといった面もある。コモディティ化 フレッシュアイペディアより)

  • パナソニックショップ

    パナソニックショップから見た白物家電白物家電

    これまで中村邦夫社長(現:パナソニック相談役)が推進してきた構造改革「創生21計画」の総仕上げとして、松下は2008年9月30日限りで社名より創業者・松下幸之助の名前を外し、翌10月1日より松下電器産業株式会社から「パナソニック株式会社」へ社名を変更した。同時に今まで日本国内向け白物家電に使用してきた「ナショナル」ブランドも2009年度までに全廃し、「パナソニック」に一本化することが決定(2008年1月10日発表、同年6月26日の2008年度松下定例株主総会において正式決定)。これに伴い当系列店もナショナルショップから「パナソニックショップ」へ改称され、創業90年を経て旧来の松下幸之助色は社名・店名から完全に消滅した。パナソニックショップ フレッシュアイペディアより)

  • 安全装置

    安全装置から見た白物家電白物家電

    ただ人間は、何においても「間違えることもある」存在(→ヒューマンエラー)であるため、誤操作によってや、あるいは油断によって事故を起こす。安全装置においては、事前に想定されるこれら「人間がやらかしてしまうであろうミス」からも事故を防ぐような機構も見られ、特にそれらの問題で重大な事故が予測される場合や、よりミスをしやすいであろう不注意な、もしくは使用に際して専門の訓練を受けていないユーザーが操作する可能性のある機械装置ほど、厳重な安全装置が組み込まれる。このような「素人がいじっても事故にならない」という方向性はフールプルーフ(通俗的には「バカ除け」とも)とも呼ばれ、白物家電や娯楽家電のように一般家庭への普及を目指した、言い換えれば幼児でも触る可能性がある機器では工夫が凝らされるが、もとより誤った使い方が出来ないよう操作を単純にしたりして理解しやすくするのもフールプルーフの範疇である。安全装置 フレッシュアイペディアより)

  • 家電量販店

    家電量販店から見た白物家電白物家電

    量販店では家電メーカーから大量に(一度にまとまった数で)仕入れる事で安い卸値で仕入れ、これを大量販売するという形の薄利多売を主な販売戦略とする。このため前に仕入れた商品を売り切らない事には別カテゴリー(例としては白物家電と娯楽家電など)に属する商品でも商品保管スペースの関係から仕入れ難い傾向も見られ、とにかく短期間の内に売り切ろうとする傾向が極めて強い。チェーンストアの特性を生かし、店舗間で商品を融通する(ある商品について在庫の多い店舗から在庫の少ない店舗に移動して、各店舗の在庫量を平準化する)場合もある(これは衣料品などのチェーンストアにも見られる)。家電量販店 フレッシュアイペディアより)

90件中 51 - 60件表示

「生活家電」のニューストピックワード