58件中 11 - 20件表示
  • 白物家電

    白物家電から見たジャポニカ米

    白物家電は日本では市場の円熟期を迎えたが、アジア諸国では依然として普及途上にある国もあり、日本の炊飯器などは日本に出稼ぎに来ている外国人労働者にも人気がある。ただこれら日本製炊飯器はジャポニカ米を炊くために設計されているため、インディカ米を消費する地域では、やや不評も見られる。これらでは現地生産の、日本では珍しくなった、マイコンを使っていない電気タイマー式炊飯器のような単純な機種が出回っている。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た料理

    これに分類される家電製品は、炊飯器・冷蔵庫・洗濯機といった炊事に利用される台所用家電製品を始めとして、1980年代よりは電子レンジやエア・コンディショナーといった家電製品を含むようになっている。名前の由来は筐体(外装、外側。つまり見た目)の色が白かったことからだといわれる。この色は清潔感が演出しやすかったからとも言われているが、近年では必ずしも白い色をしているとは限らない。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た省エネルギー

    死に筋ではあるが根強い買い替え需要が存在するため、電器店でも定番の商品として店頭に並んでおり、また差別化戦略の上ではデザイン家電の投入や従来製品には見られない新材質・新機能、省エネルギー仕様といった、付加価値による市場の再開拓という可能性も残されている。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見たオゾン層

    製品の成熟では、消費者に機能面での目新しさをアピールできない事から、多機能化による差別化を図るメーカーもあったが、近年ではエコロジーブームの高まりによって、低消費電力や廃棄時の低環境負荷を謳った製品も見られるようになってきている。特に冷蔵庫はフロンによるオゾン層の破壊が社会問題として一般に知られるようになると、フロン以外の冷媒を使った製品に注目が集まるようになってきている。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た生活

    白物家電(しろものかでん)とは一般の生活に深く関係した家電製品の一般名称である。生活家電(せいかつかでん)や家事家電(かじかでん)ともいわれる。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見たソニーエナジー・デバイス

    家電大手の一角を成すソニーも過去には白物家電の製造・販売を行っていたことがあり、1950年代頃と、「Sonett」のブランド名で1977年?1987年に電磁調理器、シェーバー、エアコンなどの一般家電を展開していたが、売り上げが振るわず撤退した。また、グループ会社のソニーエナジー・テック(現・ソニーエナジー・デバイス)が1990年代に他社共同企画で電子電動歯ブラシ「ハイジ」をソニーブランドで発売していたことがあった。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た電機メーカー

    商品的には、開発競争が到達点に達して成熟期を迎えた機器が多いことから、日本国内でも日本国外からOEM生産で調達している電機メーカーは多い。これらは家電量販店でも常に一定の需要が見られ、安価な物から高価な製品まで様々な商品が並んでいるものの、コモディティ化の問題もあって市場を維持するうまみはメーカーにとっても販売店にとっても薄い傾向がみられ、不振が続く製品の場合撤退するケースもある。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た三種の神器 (電化製品)

    日本では高度経済成長期に三種の神器とまで言わしめ、徐々に穏和化しつつも大衆層の購買意欲を誘引し続けたこれら白物家電の多くはすっかり各家庭の生活に定着、そのため、現在の国内市場ではほぼ飽和状態にある。欧米では、これら製品は第二次世界大戦前後に普及していった。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見たコモディティ化

    商品的には、開発競争が到達点に達して成熟期を迎えた機器が多いことから、日本国内でも日本国外からOEM生産で調達している電機メーカーは多い。これらは家電量販店でも常に一定の需要が見られ、安価な物から高価な製品まで様々な商品が並んでいるものの、コモディティ化の問題もあって市場を維持するうまみはメーカーにとっても販売店にとっても薄い傾向がみられ、不振が続く製品の場合撤退するケースもある。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た出稼ぎ

    白物家電は日本では市場の円熟期を迎えたが、アジア諸国では依然として普及途上にある国もあり、日本の炊飯器などは日本に出稼ぎに来ている外国人労働者にも人気がある。ただこれら日本製炊飯器はジャポニカ米を炊くために設計されているため、インディカ米を消費する地域では、やや不評も見られる。これらでは現地生産の、日本では珍しくなった、マイコンを使っていない電気タイマー式炊飯器のような単純な機種が出回っている。白物家電 フレッシュアイペディアより)

58件中 11 - 20件表示

「生活家電」のニューストピックワード

  • 大型家具・家電おまかせサービス

  • RoboVac 11

  • 究極の炊飯器 バーミキュラ ライスポット(VERMICULAR RICEPOT)