60件中 41 - 50件表示
  • 白物家電

    白物家電から見たパーソナルコンピュータ

    生活の上で娯楽が求められるようになると、娯楽に対する支出が増え、家電でも娯楽用途の家電の普及がすすんだ。これらは娯楽家電と呼ばれる。娯楽家電は白物家電と対比させ黒物家電とよばれることもある。ラジオに始まり、1960年代の白黒テレビ、1970年代のカラーテレビ、ステレオ、1980年代の家庭用ゲーム機、ビデオデッキ、1990年代にはCDプレーヤー、大画面テレビ、2000年代にはパソコン、DVDプレーヤーの普及が進んだ。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見たエア・コンディショナー

    これに分類される家電製品は、炊飯器・冷蔵庫といった炊事に利用される台所用家電製品や洗濯機を始めとして、1980年代よりは電子レンジやエア・コンディショナーといった家電製品を含むようになっている。名前の由来は筐体(外装、外側。つまり見た目)の色が白かったことからだといわれる。この色は清潔感が演出しやすかったからとも言われているが、近年では必ずしも白い色をしているとは限らない。それどころか、白色がラインナップされていない機種も少なくない。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見たホーム・アプライアンス

    英語では白物家電に属する家事用具を指してHome appliance(ホームアプライアンス)と呼ぶ。ホームアプライアンスの示す範囲は電気以外のエネルギーを用いた家事用具も含む。ホームアプライアンスに含まれる製品であっても白物家電とはならないものがあるが、その逆はない。ホームアプライアンスに対する白物家電と同様の発想は、white home appliance(白物ホームアプライアンス)やwhite goodsとして表現されるが、電力を動力源としないものも含む。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た多機能化

    製品の成熟では、消費者に機能面での目新しさをアピールできない事から多機能化による差別化を図るメーカーもあったが、近年ではエコロジーブームの高まりによって低消費電力や廃棄時の低環境負荷を謳った製品も見られるようになってきている。特に冷蔵庫はフロンによるオゾン層の破壊が社会問題として一般に知られるようになると、フロン以外の冷媒を使った製品に注目が集まるようになってきている。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見たゲーム機

    生活の上で娯楽が求められるようになると、娯楽に対する支出が増え、家電でも娯楽用途の家電の普及がすすんだ。これらは娯楽家電と呼ばれる。娯楽家電は白物家電と対比させ黒物家電とよばれることもある。ラジオに始まり、1960年代の白黒テレビ、1970年代のカラーテレビ、ステレオ、1980年代の家庭用ゲーム機、ビデオデッキ、1990年代にはCDプレーヤー、大画面テレビ、2000年代にはパソコン、DVDプレーヤーの普及が進んだ。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た娯楽家電

    生活の上で娯楽が求められるようになると、娯楽に対する支出が増え、家電でも娯楽用途の家電の普及がすすんだ。これらは娯楽家電と呼ばれる。娯楽家電は白物家電と対比させ黒物家電とよばれることもある。ラジオに始まり、1960年代の白黒テレビ、1970年代のカラーテレビ、ステレオ、1980年代の家庭用ゲーム機、ビデオデッキ、1990年代にはCDプレーヤー、大画面テレビ、2000年代にはパソコン、DVDプレーヤーの普及が進んだ。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見たパナソニック ドラマシアター

    また、パナソニック(旧・松下電器産業)では、2008年6月まで「National(ナショナル)」ブランドを日本国内の白物家電のみに使用していた(日本国外向けはパナソニックに統一済み)が、パナソニックに社名変更した2008年10月1日以降は、日本国内の白物家電も「Panasonic(パナソニック)」ブランドで統一した。同年7月以降に発表された新製品は前倒しでパナソニックブランドの使用を開始している。社名変更後もパナソニック ドラマシアターでは引き続き白物家電のCMを優先して放送している。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た娯楽

    生活の上で娯楽が求められるようになると、娯楽に対する支出が増え、家電でも娯楽用途の家電の普及がすすんだ。これらは娯楽家電と呼ばれる。娯楽家電は白物家電と対比させ黒物家電とよばれることもある。ラジオに始まり、1960年代の白黒テレビ、1970年代のカラーテレビ、ステレオ、1980年代の家庭用ゲーム機、ビデオデッキ、1990年代にはCDプレーヤー、大画面テレビ、2000年代にはパソコン、DVDプレーヤーの普及が進んだ。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た社会問題

    製品の成熟では、消費者に機能面での目新しさをアピールできない事から多機能化による差別化を図るメーカーもあったが、近年ではエコロジーブームの高まりによって低消費電力や廃棄時の低環境負荷を謳った製品も見られるようになってきている。特に冷蔵庫はフロンによるオゾン層の破壊が社会問題として一般に知られるようになると、フロン以外の冷媒を使った製品に注目が集まるようになってきている。白物家電 フレッシュアイペディアより)

  • 白物家電

    白物家電から見た再利用

    その単純な構造から古くは修理されたり、壊れにくいために再利用の市場もみられた。しかし日本では1990年代頃より修理費の高騰、日本国外の生産拠点による低価格製品の普及、さらにはPL法施行以降の事故抑制から、「壊れたら買い換える」という様式が一般化した。また2009年頃から「買わずに借りる」様式も普及しつつある。白物家電 フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「生活家電」のニューストピックワード