生瀬 勝久

生瀬勝久 ニュース&Wiki etc.

生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本の俳優。兵庫県西宮市塩瀬町生まれ。キューブ所属。兵庫県立宝塚高等学校、同志社大学文学部社会学科産業関係学専攻卒業。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻はモデルの堀本陽子。母は日本社会党の元西宮市議会議員・生瀬悦子。 (出典:Wikipedia)

「生瀬勝久」Q&A

  • Q&A

    この中でバラエティで面白いと思う人ベスト3を教えて下さい 八嶋智人 勝村政信 生瀬…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月13日 15:32

  • Q&A

    俳優の生瀬勝久さんがレナウンの創業者の一人だというのは本当なのでしょうか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月5日 10:44

  • Q&A

    あのー今日のべっぴんさん見た人いますか? もう生瀬勝久がカッコ良すぎてめっちゃ泣けま…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月5日 08:20

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「生瀬勝久」のつながり調べ

  • 大阪砲兵工廠

    大阪砲兵工廠から見た生瀬勝久

    戦後、焼跡地は不発弾が多く危険だという理由で放置され、約20年近く更地のままとなっていた。生活に困った人々は残骸の鉄くずを奪い合い、これを追う警官との間に捕物合戦を繰り広げ、昭和30年代初頭まで新聞をにぎわせた。開高健が1959年(昭和34年)発表した小説『日本三文オペラ』は、当時アパッチ族と呼ばれたこの人々を描いたもので、有名になった。小松左京も1964年(昭和39年)に発表した初めての長編SF小説『日本アパッチ族』で、当時まで残っていた跡地をイメージし社会と隔離した地、“追放区”として登場させている。実際にアパッチ族の一員であった在日朝鮮人作家の梁石日も1994年出版の自著『夜を賭けて』に当時のことを描いている。2009年9月に明石家さんま主演で世田谷パブリックシアターで初演された生瀬勝久作の『ワルシャワの鼻』もこのアパッチ族を描いたものである。(大阪砲兵工廠 フレッシュアイペディアより)

  • いとしの未来ちゃん

    いとしの未来ちゃんから見た生瀬勝久

    出演:YOU、生瀬勝久、吉江芳成、柏原収史、小橋めぐみ(いとしの未来ちゃん フレッシュアイペディアより)

「生瀬勝久」のニューストピックワード

  • ドクターX〜外科医・大門未知子〜

  • 坂東営業部に力を貸してほしい

  • まるで日体大の集団行動競技のように、誰一人接触せず交錯してゆく