168件中 11 - 20件表示
  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見たフジテレビジョン

    『トリック』、『ごくせん』、『功名が辻』、『ゴーストママ捜査線?僕とママの不思議な100日?』など、仲間由紀恵との共演が多い(いずれも仲間が主演で、生瀬がそれに絡むレギュラーキャラを演じている)。それ故に仲間と所属事務所が同じだと誤解されがちである。(生瀬は先述の通りキューブ所属、仲間はプロダクション尾木所属)2011年1月30日放送のフジテレビ系『ボクらの時代』において、趣味で誘ったり自宅に招いたりするほどの仲であると語った。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た讀賣テレビ放送

    1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家のひさうちみちおらとともにレギュラー出演、当時からコメディアンとしての才能をいかんなく発揮して人気を呼び、『探偵!ナイトスクープ』では探偵の初期メンバーの1人だった。以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太や羽野晶紀、「売名行為」の立原啓裕、升毅、牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映された。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見たテレビ朝日

    なお、本人が『三宅裕司のワークパラダイス』で芸名を変えたことにつっ込まれたところ「NHKからの仕事がほしかったのじゃー」と切り返したことがある。また、テレビ朝日『ロンドンハーツ』の「田村タクシー」コーナー内(2006年7月25日放映回)で語ったところでは、母親の政治活動へ悪影響を与えかねない芸名だから改名してほしいという要望があったためともいう。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た探偵!ナイトスクープ

    1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家のひさうちみちおらとともにレギュラー出演、当時からコメディアンとしての才能をいかんなく発揮して人気を呼び、『探偵!ナイトスクープ』では探偵の初期メンバーの1人だった。以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太や羽野晶紀、「売名行為」の立原啓裕、升毅、牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映された。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た裸の大将放浪記

    裸の大将 〜放浪の虫が動き出したので〜(フジテレビ) - 田中巡査 役生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た牧野エミ

    1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家のひさうちみちおらとともにレギュラー出演、当時からコメディアンとしての才能をいかんなく発揮して人気を呼び、『探偵!ナイトスクープ』では探偵の初期メンバーの1人だった。以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太や羽野晶紀、「売名行為」の立原啓裕、升毅、牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映された。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た辰巳琢郎辰巳 琢郎

    学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして京大系の劇団「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があり、「そとばこまち」では座長もつとめた。当時、ゼミの指導教授であった石田光男(現在、同志社大学社会学部長)から「君は俳優に向いていないよ」と言われるが、後に石田は「先見の明」がなかったことを反省したという。大学卒業時に、企業から内定を得ていたにも関らず、それを蹴って演劇界に。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た立原啓裕立原 啓裕

    1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家のひさうちみちおらとともにレギュラー出演、当時からコメディアンとしての才能をいかんなく発揮して人気を呼び、『探偵!ナイトスクープ』では探偵の初期メンバーの1人だった。以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太や羽野晶紀、「売名行為」の立原啓裕、升毅、牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映された。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た井上春忠

    毛利元就(1997年 NHK大河ドラマ) - 井上春忠生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見たアントン・チェーホフ

    ロマンス(2007年) - 青年チェーホフ生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

168件中 11 - 20件表示

「生瀬勝久」のニューストピックワード