168件中 51 - 60件表示
  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た劇団☆新感線

    1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家のひさうちみちおらとともにレギュラー出演、当時からコメディアンとしての才能をいかんなく発揮して人気を呼び、『探偵!ナイトスクープ』では探偵の初期メンバーの1人だった。以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太や羽野晶紀、「売名行為」の立原啓裕、升毅、牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映された。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た京都大学

    学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして京大系の劇団「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があり、「そとばこまち」では座長もつとめた。当時、ゼミの指導教授であった石田光男(現在、同志社大学社会学部長)から「君は俳優に向いていないよ」と言われるが、後に石田は「先見の明」がなかったことを反省したという。大学卒業時に、企業から内定を得ていたにも関らず、それを蹴って演劇界に。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見たホンマでっか!?TV

    2010年11月10日放送分のフジテレビ系『ホンマでっか!\?TV』内「芸能人のお悩み人生相談コーナー 」に出演した際、舌打ちが止まらない癖があると告白した。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た火垂るの墓

    火垂るの墓 - 町の駐在・吉岡利之 役生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た同志社大学

    生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本の俳優。兵庫県西宮市塩瀬町生まれ。キューブ所属。兵庫県立宝塚高等学校、同志社大学文学部社会学科産業関係学専攻卒業。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻はモデルの堀本陽子。母は日本社会党の元西宮市議会議員・生瀬悦子。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見たAMGエンタテイメント

    くろねこルーシー(2012年10月6日、AMGエンタテイメント) - 鮫島修一 役生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た日本放送協会

    1988年、NHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』への出演を機に現在の名前へと変更する。詳しくは後述。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見たプロダクション尾木

    『トリック』、『ごくせん』、『功名が辻』、『ゴーストママ捜査線?僕とママの不思議な100日?』など、仲間由紀恵との共演が多い(いずれも仲間が主演で、生瀬がそれに絡むレギュラーキャラを演じている)。それ故に仲間と所属事務所が同じだと誤解されがちである。(生瀬は先述の通りキューブ所属、仲間はプロダクション尾木所属)2011年1月30日放送のフジテレビ系『ボクらの時代』において、趣味で誘ったり自宅に招いたりするほどの仲であると語った。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見た東芝ライテック

    東芝ライテック 「ネオボール2 ReaL」生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 生瀬 勝久

    生瀬勝久から見たキューブ (芸能プロダクション)

    生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本の俳優。兵庫県西宮市塩瀬町生まれ。キューブ所属。兵庫県立宝塚高等学校、同志社大学文学部社会学科産業関係学専攻卒業。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻はモデルの堀本陽子。母は日本社会党の元西宮市議会議員・生瀬悦子。生瀬勝久 フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示

「生瀬勝久」のニューストピックワード