425件中 111 - 120件表示
  • 姫路貨物駅

    姫路貨物駅から見た産業廃棄物産業廃棄物

    産業廃棄物・特別産業廃棄物の取り扱い許可を得ている。姫路貨物駅 フレッシュアイペディアより)

  • 特別管理産業廃棄物管理責任者

    特別管理産業廃棄物管理責任者から見た特別管理産業廃棄物産業廃棄物

    特別管理産業廃棄物管理責任者(とくべつかんりさんぎょうはいきぶつかんりせきにんしゃ)とは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。廃棄物処理法)に定められた制度(職制)の一つ。特別管理産業廃棄物を生ずる事業場ごとに置くことが必要とされ、その事業場における当該廃棄物の処理に関する業務が適切に行われるよう管理することを職責とする。同管理責任者への就任は、事業者の指定に基づき(あるいは事業者が自ら就くことで)行われるが、環境省令(中央省庁再編前の厚生省令を含む)で定める資格に該当する者でなければ就くことができない。特別管理産業廃棄物管理責任者 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟貨物ターミナル駅

    新潟貨物ターミナル駅から見た産業廃棄物産業廃棄物

    また、産業廃棄物および特別管理産業廃棄物の取扱許可を得ており、それらを積んだコンテナも取り扱える。新潟貨物ターミナル駅 フレッシュアイペディアより)

  • 帯広貨物駅

    帯広貨物駅から見た産業廃棄物産業廃棄物

    コンテナ貨物は、JR規格の12フィート・20フィート・30フィートコンテナ、ISO規格の20フィート海上コンテナを取り扱う。このほか、日本甜菜製糖専用線を発着するコンテナ(主に12フィートコンテナ)も取り扱っている。取扱品は、発送貨物では野菜、砂糖、豆、乳製品など、到着貨物では、積合せ貨物、米、食品、化学工業品などが主なものである。また、産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の取扱許可を得ており、これらが入ったコンテナの取り扱いも可能。帯広貨物駅 フレッシュアイペディアより)

  • 山形県消防防災航空隊

    山形県消防防災航空隊から見た産業廃棄物産業廃棄物

    出動先としては、山菜シーズンや冬季に多く発生する山岳遭難や滑落事故等の山岳救助がほとんどを占め、その他、絶海の孤島である飛島における急患の緊急搬送、山火事への対応、不法投棄された産業廃棄物の調査などを行っている。「もがみ」は、山形全県を20分でカバーすることができる山形県消防防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 広島貨物ターミナル駅

    広島貨物ターミナル駅から見た産業廃棄物産業廃棄物

    産業廃棄物・特別産業廃棄物の取扱許可を得ている。広島貨物ターミナル駅 フレッシュアイペディアより)

  • 光和精鉱

    光和精鉱から見た産業廃棄物産業廃棄物

    新日鐵住金八幡製鐵所の構内に設置された戸畑製造所を拠点に、産業廃棄物・一般廃棄物や製鉄ダストの処理を行う企業である。これらの廃棄物から「塩化揮発法」という技術により、亜鉛・鉛・銅など非鉄金属を回収し、製錬会社に販売している。塩化揮発法は、廃棄物から非鉄金属を塩化物としてガス化し主成分の酸化鉄から分離するプロセスで、残渣もセメント原料や製鉄原料(高炉用ペレット)として回収される。このプロセスでは、その過程で廃棄物を一切出さないゼロエミッションを実現しているとされる。光和精鉱 フレッシュアイペディアより)

  • 丹生ダム

    丹生ダムから見た産業廃棄物産業廃棄物

    ところが、同年7月の滋賀県知事選挙にて当時の現職知事を破り当選した嘉田由紀子新知事が、『もったいない』を合言葉に新幹線新駅・産業廃棄物処理場の凍結と共に県内で計画されている全てのダム計画凍結・見直しを施政方針に打ち出した。田中康夫長野県知事(当時)に続く「ダム事業の否定」である。ただ、全面的にダム計画を中止するという意味ではなく、見直しの意味合いが強い。田中知事とは異なり国土交通省・水資源機構が計画しているダムの凍結・見直しの要望もしている。丹生ダム フレッシュアイペディアより)

  • 千本松原 (静岡県)

    千本松原 (静岡県)から見た瓦礫産業廃棄物

    また、2011年12月下旬、東海地震の瓦礫処分場に選ばれるなど、災害の面でも良いという意見も有る中、津波で木が流されるのではないか、という意見もある。千本松原 (静岡県) フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム中毒

    カドミウム中毒から見た産業廃棄物産業廃棄物

    喫煙者だけでなく、カドミウムを大気中に排出する有害廃棄物処理場や工場付近の住民は、空気中に含まれるカドミウムに曝露する可能性がある。ただしアメリカ合衆国では多数の州法規や連邦法規により廃棄物処理場や焼却施設から大気中に排出されるカドミウムの量が規制されているため、適切に処理されている施設では危険性はない。しかし違法な排出または事故により、汚染された食物、粉塵、水などを通して付近の住民が大規模にカドミウムに曝露するおそれがあり、そのような排出を防ぐため、多数の法令や公害物質の使用規則が制定されている。カドミウム中毒 フレッシュアイペディアより)

425件中 111 - 120件表示

「産業廃棄物」のニューストピックワード