425件中 21 - 30件表示
  • 御嵩町

    御嵩町から見た産業廃棄物産業廃棄物

    御嵩町では、1991年以降、産業廃棄物処分場計画で大きく揺れ動き、1996年には反対派町長への盗聴事件や反対派町長襲撃事件が発生している。産廃処分場計画との関連性が指摘され、盗聴事件については2グループ11人が検挙されたが、襲撃事件については犯人が特定できないまま2011年10月に襲撃事件の公訴時効が成立。なお、同計画は頓挫し、2008年3月寿和工業が県に提出していた処分場建設の許可申請をとりさげることで決着した。御嵩町 フレッシュアイペディアより)

  • 廃棄物の処理及び清掃に関する法律

    廃棄物の処理及び清掃に関する法律から見た特別管理産業廃棄物産業廃棄物

    1991年改正 - 特別管理廃棄物制度の導入(特別管理産業廃棄物を対象としてマニフェスト制度を導入)、廃棄物処理施設についての規制強化(施設設置が届出制から許可制に)、廃棄物の不法投棄の罰則強化などが行われた。廃棄物の処理及び清掃に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 松江騒擾事件

    松江騒擾事件から見た産業廃棄物産業廃棄物

    行政・治安当局をはじめ、敗戦直後の島根県民には異常な衝撃を与えたが、報道管制などが功を奏し、この蜂起が全国に波及することはなかった。皇国義勇軍の主要メンバーは服役したのち、教育者や印刷会社職員、産業廃棄物処理業などに就いていたことが判明しているが、その他のメンバーの行方についてはほとんど分かっていない。松江騒擾事件 フレッシュアイペディアより)

  • 技術士総合技術監理部門

    技術士総合技術監理部門から見た産業廃棄物産業廃棄物

    6.2.2 廃棄物処理法: 廃棄物、一般廃棄物、産業廃棄物、特別管理一般廃棄物、特別管理産業廃棄物技術士総合技術監理部門 フレッシュアイペディアより)

  • 最終処分場

    最終処分場から見た産業廃棄物産業廃棄物

    なお、一般廃棄物(一廃)と産業廃棄物(産廃)は排出者の違いによる法律上の区分であって、性状や有害性によるものではない。最終処分場 フレッシュアイペディアより)

  • 梅田信号場

    梅田信号場から見た産業廃棄物産業廃棄物

    コンテナ貨物は、JR規格の12フィート・20フィート・30フィートのコンテナと、ISO規格の20フィート(20トン・24トン)海上コンテナを取り扱っていた。主な取扱品目は、宅配便などの混載貨物、化学工業品、食料工業品、清涼飲料水、紙など。近くに新聞社がある関係から主な取扱品の一つが新聞用紙であり、100年以上前から扱われていた。北海道からの牛乳や産業廃棄物が入っている貨物も到着していた。また、産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の取扱許可を得ており、それらが入っている貨物の取り扱いも増加していた。梅田信号場 フレッシュアイペディアより)

  • 下水道

    下水道から見た産業廃棄物産業廃棄物

    法令(下水道法)上の定義は、下水排除のための、管路施設、処理施設、ポンプ施設その他の補完施設の総体で、かんがい排水施設と屎尿浄化槽を除く。処理施設から排出される汚泥は、産業廃棄物となる。下水道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のコンテナ輸送

    日本のコンテナ輸送から見た産業廃棄物産業廃棄物

    ただし、内張りのない代表例として、旧国鉄時代に国鉄所有で当時の危機的財政難の折に製作コスト節約のために、新形式として登場したC35形がある。しかし、登場間もなくからこのコンテナを使用する荷主や輸送関係者から積荷の変質や、むき出し鉄板との摩擦による積荷の棄損事故・苦情が多発し、通常の輸送には不向きとされその後、内張りを急遽復活させた新形式C36形に移行し、大量に余剰となったC35形は早々と淘汰されたり、産業廃棄物輸送等に振り替えられた。日本のコンテナ輸送 フレッシュアイペディアより)

  • ニュースステーション

    ニュースステーションから見た産業廃棄物産業廃棄物

    1999年2月1日 に「汚染地の苦悩 農作物は安全か?」と題した特集で、民間の環境測定コンサルティング企業である株式会社環境総合研究所(1986年設立、本社・品川区、青山貞一社長)が1998年に独自に計測したデータから、『所沢市の“ホウレンソウをメインとする野菜”/“葉っぱものの野菜”から1グラム当たり3.8ピコグラムのダイオキシン濃度が検出された』と、青山社長がコメンテーターとして久米と対談のうえセンセーショナルに報道した。予てから埼玉県所沢市東部の関越自動車道沿いに広がる「くぬぎ山」と称する雑木林周辺で産業廃棄物の小型焼却炉や中間処分場が1990年以降多数立地するようになり、排煙や焼却灰に含まれるダイオキシンによる大気汚染・環境問題が懸念されていた。1997年に厚生省が全国の野菜に含まれるダイオキシン濃度を検査したことを受け、JA所沢(現:JAいるま野)は地元産のホウレンソウや白菜など野菜5品目を測定するも公表しなかった。そこで番組はこれら周辺の状況を絡めて報じたのである。ニュースステーション フレッシュアイペディアより)

  • 水質汚染

    水質汚染から見た産業廃棄物産業廃棄物

    水質汚染(すいしつおせん、water pollution)とは、人間の行動によって引き起こされた湖、河川、大洋、地下水といった湖、池に対する一連の有害影響のことである。具体的な例として、水道法で定める飲料水の基準を悪化させる(細菌の増加、化学物質や有機物増加、色度や濁度の変化など)状態をいう。主に、生活排水と産業廃棄物が、原因になりやすく、現在の水質汚染の原因の約70%が生活排水である。生活排水のうち、汚染は台所からが最も多く、油や醤油、米のとぎ汁といったものの負荷も大きい。河川・湖沼などの公共用水域は水質汚濁、海水や海域は海洋汚染として別に書き分ける。水質汚染 フレッシュアイペディアより)

425件中 21 - 30件表示

「産業廃棄物」のニューストピックワード