359件中 31 - 40件表示
  • フェロシルト

    フェロシルトから見た産業廃棄物産業廃棄物

    2005年に、フェロシルトに環境基準を超える六価クロム、フッ素、放射性物質のウランやトリウムなどが含まれていることが判明。問題となった。石原産業の社長のコメントによると、「当時の副工場長が、開発当初とは異なる製造工程で生産し、リサイクル製品認定時のサンプルとは違う製品にした」とのこと。ちなみに当時の工場長はこのコメントをした社長である。石原産業は150円/トンで販売し、運搬費として3000円/トンを購入業者に支払っており、実質、産業廃棄物として廃棄を依頼していたとかんがえられる。ちなみに産廃処理費用は8400円/トンぐらいといわれる。同年10月末には、このような、いわゆる逆有償性などから、産業廃棄物と判断された。フェロシルト フレッシュアイペディアより)

  • 土系舗装

    土系舗装から見た産業廃棄物産業廃棄物

    使用される土および砂と結合剤の組み合わせにより、用途に応じて様々な種類がある。土は他所から持ち込まれる(客土)場合と、現地で採掘されたものが使われる場合とがある。使われる土は真砂土などである。また、産業廃棄物のリサイクル素材から作られているものもある。結合材としてはセメント系、アスファルト系、石灰系、樹脂系の他、酸化マグネシウムなども使われる。ゼオライトを混合して強度を調節する場合もある。土系舗装 フレッシュアイペディアより)

  • 光和精鉱

    光和精鉱から見た産業廃棄物産業廃棄物

    新日鉄八幡製鐵所の構内に設置された戸畑製造所を拠点に、産業廃棄物・一般廃棄物や製鉄ダストの処理を行う企業である。これらの廃棄物から「塩化揮発法」という技術により、亜鉛・鉛・銅など非鉄金属を回収し、製錬会社に販売している。塩化揮発法は、廃棄物から非鉄金属を塩化物としてガス化し主成分の酸化鉄から分離するプロセスで、残渣もセメント原料や製鉄原料(高炉用ペレット)として回収される。このプロセスでは、その過程で廃棄物を一切出さないゼロエミッションを実現しているとされる。光和精鉱 フレッシュアイペディアより)

  • 平井城一

    平井城一から見た産業廃棄物産業廃棄物

    一方、土庄町豊島に産業廃棄物が不法投棄される公害問題が在任中に起き、1997年に調停の中で県の監督責任を認め、島外への撤去で住民側と中間合意を締結した。最終合意には至らず、次知事の真鍋武紀に問題が引き継がれている。1998年に知事を引退した後は、香川県立文書館や香川県歴史博物館の名誉館長に就任した。1999年6月下旬に体調を崩して入院し、同年7月29日に呼吸不全のため76歳で死去。死後、香川県名誉県民と正四位勲二等旭日重光章に顕彰された。平井城一 フレッシュアイペディアより)

  • キシレノール

    キシレノールから見た産業廃棄物産業廃棄物

    産業廃棄物の処理場付近の土壌検査で、有害物質として検査対象になっている。キシレノール フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物WC36形コンテナ

    JR貨物WC36形コンテナから見た産業廃棄物産業廃棄物

    WC36形コンテナ(WC36がたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)がC36形コンテナを産業廃棄物運搬専用として改造した12ftコンテナである。JR貨物WC36形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 釧路厚生社

    釧路厚生社から見た産業廃棄物産業廃棄物

    株式会社釧路厚生社(くしろこうせいしゃ)は、北海道釧路郡釧路町に本社を置き、廃棄物(産業廃棄物・一般廃棄物)処理、し尿処理などを営む企業である。アイスホッケー部を有している。釧路厚生社 フレッシュアイペディアより)

  • 高温糖化法

    高温糖化法から見た産業廃棄物産業廃棄物

    製造の過程で“かす”(液化粕)が出るものの、食用としての“酒粕”には使用出来ないものが多く、主に産業廃棄物として処理されているが、月桂冠では液化仕込みで得られた“かす”(液化粕)を使用した研究を進めている。''高温糖化法 フレッシュアイペディアより)

  • ECOエリート

    ECOエリートから見た産業廃棄物産業廃棄物

    ECOエリート(エコエリート)は携帯電話のGPS機能を利用した産業廃棄物の不法投棄を監視する追跡管理システムである。2006年5月に岩手県が進める産廃業者の「格付け制度」の評価製品に認定された。優良化評価制度に伴う「情報公開性」を明確にするシステムです。ECOエリート フレッシュアイペディアより)

  • トロ箱

    トロ箱から見た産業廃棄物産業廃棄物

    利用が終わったトロ箱は、大量に排出されることもあり、産業廃棄物としての処理が課題となっている。このため、一部では使用した箱に別の魚を詰めるリユース(再利用)も促進されており、内容物と外部の表記が一致しないものも多く見受けられるようになった。発泡スチロール製のトロ箱は、廃棄物の中間施設などで圧縮や融解などにより減量化された後に処理されることが多い。木製の箱もチップ化されて燃料とする場合も多い。トロ箱 フレッシュアイペディアより)

359件中 31 - 40件表示

「産業廃棄物」のニューストピックワード