425件中 51 - 60件表示
  • 廃酸

    廃酸から見た産業廃棄物産業廃棄物

    日本の廃棄物処理法上はpH7.0より低いものと定義されており、一般に酸と認識されないものも含むことがある。このうち、産業廃棄物として排出されるpH2.0以下の廃酸は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第二条の四第二号により特別管理産業廃棄物に分類される。シアン化物やヒ素、六価クロムなどを含むものは、特定有害産業廃棄物として取り扱われる。油状の液体は廃油、泥状の物体は汚泥として扱われる。毒物及び劇物取締法に該当する成分を含んでいても、同法の規制は受けない。たとえば硫酸を10%以上含む製剤は劇物であるが、硫酸を10%以上含む廃液は劇物には含まれない。廃棄物処理法で定める廃酸・廃アルカリと、水質汚濁防止法で定める廃水との間に明確な区別はない。廃酸 フレッシュアイペディアより)

  • 川永野町

    川永野町から見た産業廃棄物産業廃棄物

    鹿児島県にはこれまで設置されていなかった産業廃棄物管理型最終処分場を建設することとなり、当初は国分市(現在の霧島市)が候補地として浮上していたが、その後の鹿児島県知事の発表により候補地として地内の採石場が鹿児島県内29ヵ所の候補地の一つとして浮上した。発表後周辺の地区では反対運動が起こったが、2007年5月8日に鹿児島県の決定により選定され、年間搬入量3万6千トン、埋め立て容量60万立方メートルとなることが公表された。川永野町 フレッシュアイペディアより)

  • サンワ中部

    サンワ中部から見た産業廃棄物産業廃棄物

    株式会社サンワ中部(サンワちゅうぶ、Sanwa Chubu Co., Ltd.)は、愛知県半田市に本社を置く産業廃棄物処理会社である。サンワ中部 フレッシュアイペディアより)

  • 南福井駅

    南福井駅から見た産業廃棄物産業廃棄物

    産業廃棄物・特別産業廃棄物の取扱許可を得ている。南福井駅 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡貨物駅

    静岡貨物駅から見た産業廃棄物産業廃棄物

    産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の取扱許可を得ている。静岡貨物駅 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜貨物ターミナル駅

    岐阜貨物ターミナル駅から見た産業廃棄物産業廃棄物

    産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の取扱許可を得ている。岐阜貨物ターミナル駅 フレッシュアイペディアより)

  • 日鉄住金高炉セメント

    日鉄住金高炉セメントから見た産業廃棄物産業廃棄物

    2009年の日本国内におけるセメント販売量は約114万トンで、販売シェアは国内メーカー10ブランド中第7位。主に西日本が販売エリアで、関東3県(東京都・神奈川県・千葉県)および愛知県、近畿以西の各県(沖縄県を除く)でセメントを販売する。高炉セメントの他にも、セメント系固化材やモルタル、スラグ粉末も製造・販売している。また、セメントの製造過程を利用した産業廃棄物の処理も事業化している。日鉄住金高炉セメント フレッシュアイペディアより)

  • トロ箱

    トロ箱から見た産業廃棄物産業廃棄物

    利用が終わったトロ箱は、大量に排出されることもあり、産業廃棄物としての処理が課題となっている。このため、一部では使用した箱に別の魚を詰めるリユース(再利用)も促進されており、内容物と外部の表記が一致しないものも多く見受けられるようになった。発泡スチロール製のトロ箱は、廃棄物の中間施設などで圧縮や融解などにより減量化された後に処理されることが多い。木製の箱もチップ化されて燃料とする場合も多い。トロ箱 フレッシュアイペディアより)

  • 企業犯罪

    企業犯罪から見た産業廃棄物産業廃棄物

    産業廃棄物の不法処理(廃棄物処理法違反)企業犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物WC36形コンテナ

    JR貨物WC36形コンテナから見た産業廃棄物産業廃棄物

    JR貨物WC36形コンテナ(JRかもつWC36がたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)がC36形コンテナを産業廃棄物運搬専用として改造した12ftコンテナである。JR貨物WC36形コンテナ フレッシュアイペディアより)

425件中 51 - 60件表示

「産業廃棄物」のニューストピックワード