前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示
  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見た小池百合子

    産業廃棄物においては、3条の解釈として、特に定めのある場合(無過失責任)に該当するかが問題となる。小池百合子環境大臣(2005年当時)は、国会(2005年の衆院環境委員会)における答弁では、無過失責任は採用していないという前提に立ち、「(排出者に)予見不可能な負担を負わせ、経済活動を不当に制約するおそれもある」と、今後の導入についても否定的な見解を示している。産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見た王子製紙

    桃花台ニュータウン - 愛知県小牧市にあるベッドタウン。ここでは、ニュータウン建設以前に王子製紙春日井工場などから出た産業廃棄物が投棄されていた事が、問題となっている。土壌汚染や住民への健康被害などが懸念されるだけでなく、この地ではさらにその産業廃棄物が原因となって地盤沈下が起こっており、住民と土地を造成した愛知県、ならびに住宅を販売した都市再生機構の3者の間で、摩擦が生じている(詳細は桃花台ニュータウンの「地盤沈下と土壌汚染」参照)。産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見たコンクリート

    ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず(例として、板ガラスくず、破損ガラス、廃あきびん類、陶器くず、耐火煉瓦くず、コンクリート二次製品、石膏ボード)産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見た不法投棄

    このような背景の中、法令等に定められた処理・処分をせず、不法投棄・不適正保管をする排出事業者や処理・処分業者が後を絶たない。その件数は、量の少ない物を含め、1年に1000件を越えるといわれる。不法投棄地では、水質汚濁や土壌汚染などの環境汚染が起こっている。産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見た土壌汚染

    このような背景の中、法令等に定められた処理・処分をせず、不法投棄・不適正保管をする排出事業者や処理・処分業者が後を絶たない。その件数は、量の少ない物を含め、1年に1000件を越えるといわれる。不法投棄地では、水質汚濁や土壌汚染などの環境汚染が起こっている。産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見た石炭

    燃え殻(例として、灰かす、石炭ガラ、コークス灰)産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見た裁判

    おから - 裁判で産業廃棄物と認定された。産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見たアーマード・コアシリーズ

    アーマード・コアシリーズ - フロム・ソフトウェア製のハイスピードロボットアクションゲーム。同ゲーム内では企業からAC(ロボット)のパーツを購入するのだが部品によっては見た目のロマンも実戦性能も無い使う価値の無いパーツが存在する。それらをユーザー間のスラングで産廃と呼ぶ。産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見た豆腐

    こうしたもののうち不要物について、最高裁判所(平成11年3月10日判決)は、「自ら利用し又は他人に有償で譲渡することができないために事業者にとって不要になった物」と定義した上で、「これに該当するか否かは、その物の性状、排出の状况、通常の取扱い形態、取引価値の有無及び事業者の意思等を総合的に勘案して決する」としている。その上で、豆腐製造業者が排出するところのおからは、不要物にあたり、産業廃棄物にあたるとしている。産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 産業廃棄物

    産業廃棄物から見た都市再生機構

    桃花台ニュータウン - 愛知県小牧市にあるベッドタウン。ここでは、ニュータウン建設以前に王子製紙春日井工場などから出た産業廃棄物が投棄されていた事が、問題となっている。土壌汚染や住民への健康被害などが懸念されるだけでなく、この地ではさらにその産業廃棄物が原因となって地盤沈下が起こっており、住民と土地を造成した愛知県、ならびに住宅を販売した都市再生機構の3者の間で、摩擦が生じている(詳細は桃花台ニュータウンの「地盤沈下と土壌汚染」参照)。産業廃棄物 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示

「産業廃棄物」のニューストピックワード

  • HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

  • なんといっても加藤(浩次さん)が偉いなと。

  • 六本木歌舞伎 第二弾