448件中 11 - 20件表示
  • 高橋信三

    高橋信三から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    しかし、MBSテレビは当初希望していたラジオ東京(KRT、現在のTBSテレビ)との東阪間ネットを断られ、またニッポン放送専務鹿内信隆との親交から実現しかけたフジテレビとのネットワークも社長水野成夫が先に開局した大関西テレビ(KTV、現在の関西テレビ)の設立母体だった産経新聞社社長に就いた絡みでKTVに奪われてしまう。結局民間初の教育テレビ局として準備が進められていた日本教育テレビ(NETテレビ。現在のテレビ朝日)との間でのネットワークを組むこととなり、MBSテレビは劣勢を余儀なくされたが、これを機に在阪局随一のキー局を目指し、在京各局と対等に渡り合う体制作りを進めた。高橋信三 フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎真二

    浜崎真二から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    その後、毎日オリオンズの二軍コーチをしながら、スポーツニッポンや報知新聞、朝日放送の評論家・解説者を務めた。1960年には、慶應の後輩で読売ジャイアンツ(以下、巨人)監督の水原茂に投手陣の立て直しを頼まれ投手コーチを務めた。非常に暗いチームを憂い水原には「もっと選手の中に飛び込んでいけ」と進言したが、この年リーグ優勝を逃し水原は退陣、浜崎も身を引いた。この後サンケイスポーツやフジテレビの解説を務め、これが縁で産経新聞社水野成夫社長から直談判を受け、1963年に産経が経営参加する国鉄スワローズ監督を務めた。浜崎真二 フレッシュアイペディアより)

  • クロスオーナーシップ (メディア)

    クロスオーナーシップ (メディア)から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    が、一つの地域でテレビ・ラジオ・新聞のすべてを独占的に保有する状態を禁止する条項であるため、複数のテレビ・ラジオ局がある地域で一つのメディアグループがこの3つの媒体をすべて所有する事は事実上妨げられない。そのため、フジ・メディア・ホールディングスがフジテレビジョン・ニッポン放送(ラジオ局)・産業経済新聞社(産経新聞)を、日本経済新聞社がテレビ東京と日経ラジオ社(ラジオNIKKEI=短波放送ラジオ局)を所有する事が可能となっていた。クロスオーナーシップ (メディア) フレッシュアイペディアより)

  • 星野剛士

    星野剛士から見た産経新聞社産業経済新聞社

    産経新聞社社員(記者)。神奈川県議会議員(3期)を歴任。星野剛士 フレッシュアイペディアより)

  • 産経新聞の報道

    産経新聞の報道から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    産経新聞の報道(さんけいしんぶんのほうどう)では、産業経済新聞社が発行する日本の全国紙『産経新聞』の報道を論述する。産経新聞の報道 フレッシュアイペディアより)

  • フジサンケイグループ

    フジサンケイグループから見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    1967年に株式会社フジテレビジョン(旧会社、以下「フジテレビ」)、株式会社ニッポン放送(旧会社、以下「ニッポン放送」)、株式会社産業経済新聞社(以下「産経新聞社」)、株式会社文化放送を中心に結成され、グループ会議議長に鹿内信隆(当時のフジテレビ社長)が就任、グループ会議内に総務、人事、経理委員会を置いた。1985年に議長の座は長男の鹿内春雄に引き継がれたが、1988年の急逝に伴い信隆が一時的に復帰した後、1990年に娘婿の鹿内宏明に引き継がれた。しかし、1992年に宏明は産経新聞社会長職を取締役会で解任されたことを契機に、グループ会議議長を始めとするグループ各社の役職の辞任を余儀なくされた。その後は長らくニッポン放送の筆頭株主としての存在感を誇示していたが株式公開を機に徐々に持ち株比率は低下し、2005年に宏明夫妻が保有していた、250万株以上のニッポン放送の株式を大和証券SMBCに売却し、鹿内家のグループに対する影響力は益々弱まった。フジサンケイグループ フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    早稲田大学を1960年に卒業し、水野成夫の手引きで産業経済新聞社に半ば押しかけの形で入社した(配属先は日本工業新聞に勤務し、のちに移籍)。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪放送

    大阪放送から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    大阪放送株式会社(おおさかほうそう)は、近畿広域圏を放送対象地域とするラジオ放送局。愛称はラジオ大阪、略称はOBCで、社名である「大阪放送」よりも愛称・略称の方が広く定着してしている。産業経済新聞社の子会社で、フジサンケイグループに属しており、目玉マークを使用している。コーポレート・メッセージは「アンチエイジングステーション ラジオ大阪」。大阪放送 フレッシュアイペディアより)

  • 丸の内シャトル

    丸の内シャトルから見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    新丸の内ビル 〔JR東京駅丸の内北口方面・八重洲口方面〕→ 大名小路 → 《三菱UFJ信託銀行本店・丸の内オアゾ》 → 東京サンケイビル(産経新聞東京本社)→ 《逓信総合博物館》 → 《大手町フィナンシャルシティ》 → 《鎌倉橋》 → 《神田橋》 → 日比谷通り → 《日本政策投資銀行》 →《三井生命》 → 《三井物産》 →日経ビル(日本経済新聞社) → 経団連会館・JAビル(日本経団連) → 日比谷通り → 読売新聞 → 《三井住友銀行》 → 郵船ビル(日本郵船)〔東京駅方面〕→ 日比谷通り → 丸の内マイプラザ(明治安田生命保険:明治生命館) → 《東京商工会議所》 → 東京會舘 → 《帝国劇場》 → 第一生命 (都営バス東98系統・日比谷バス停手前)→ 《警視庁丸の内警察署》 → 日比谷バス停(ザ・ペニンシュラ東京)〔銀座駅方面〕 → 晴海通り → 《JR有楽町駅南側》 → 大名小路 → 新国際ビル(ビックカメラ前)〔有楽町駅方面〕 → 《東京国際フォーラム》 → 三菱ビル→ 《東京中央郵便局・JPタワー・丸の内ビルディング》 → 新丸の内ビル丸の内シャトル フレッシュアイペディアより)

  • 司馬遼太郎

    司馬遼太郎から見た産経新聞社産業経済新聞社

    産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞。歴史小説に新風を送る。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った。司馬遼太郎 フレッシュアイペディアより)

448件中 11 - 20件表示

「産経新聞社」のニューストピックワード