668件中 41 - 50件表示
  • 大阪駅北地区

    大阪駅北地区から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    10月7日 - うめきたガーデン開園(うめきた2期区域の暫定利用事業者の産経新聞社など運営)大阪駅北地区 フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎真二

    浜崎真二から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    その後、毎日オリオンズの二軍コーチをしながら、スポーツニッポンや報知新聞、朝日放送の評論家・解説者を務めた。1960年には、慶應の後輩で読売ジャイアンツ(以下、巨人)監督の水原茂に投手陣の立て直しを頼まれ投手コーチを務めた。非常に暗いチームを憂い水原には「もっと選手の中に飛び込んでいけ」と進言したが、この年リーグ優勝を逃し水原は退陣、浜崎も身を引いた。この後サンケイスポーツやフジテレビの解説を務め、これが縁で産経新聞社水野成夫社長から直談判を受け、1963年に産経が経営参加する国鉄スワローズ監督を務めた。浜崎真二 フレッシュアイペディアより)

  • ズノー

    ズノーから見た産經新聞社産業経済新聞社

    2007年3月 - 株式会社産業経済新聞社(産經新聞社)、コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社との合弁会社、株式会社ニュースペース・コムを設立ズノー フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信三

    高橋信三から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    しかし、MBSテレビは当初希望していたラジオ東京(KRT、現在のTBSテレビ)との東阪間ネットを断られ、またニッポン放送専務鹿内信隆との親交から実現しかけたフジテレビとのネットワークも社長水野成夫が先に開局した大関西テレビ(KTV、現在の関西テレビ)の設立母体だった産経新聞社社長に就いた絡みでKTVに奪われてしまう。結局民間初の教育テレビ局として準備が進められていた日本教育テレビ(NETテレビ。現在のテレビ朝日)との間でのネットワークを組むこととなり、MBSテレビは劣勢を余儀なくされたが、これを機に在阪局随一のキー局を目指し、在京各局と対等に渡り合う体制作りを進めた。高橋信三 フレッシュアイペディアより)

  • 夕刊フジ

    夕刊フジから見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    夕刊フジ(ゆうかんフジ)は、産業経済新聞社が発行している日本の夕刊紙。関東・近畿での即売が中心。発行日は原則日曜日と祝日を除く毎日(但し年末年始は12月29日に元日付け「新春特別号」を刊行し、12月30日〜1月3日休刊)。日本新聞協会加盟。夕刊フジ フレッシュアイペディアより)

  • 浪速区

    浪速区から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    こうした浪速区の都心再開発プロジェクトにはOCAT、湊町リバープレイスを中心としてオフィスビル、高層マンション群と産経新聞社などを誘致したルネッサなんばプロジェクト、南海なんば駅前、大阪球場跡を再開発した商業施設、シネマコンプレックスとオフィスビル、高層マンションの複合体なんばパークス等がある。浪速区 フレッシュアイペディアより)

  • 萩原慎一郎

    萩原慎一郎から見た産経新聞社産業経済新聞社

    6月 産経新聞社主催 第19回与謝野晶子短歌文学賞 一般部門入選。萩原慎一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎久彦

    岡崎久彦から見た産経新聞社産業経済新聞社

    『日本の正論?21世紀日本人への伝言』(産経新聞ニュースサービス、2001年7月)ISBN 978-4594032166岡崎久彦 フレッシュアイペディアより)

  • 司馬遼太郎

    司馬遼太郎から見た産経新聞社産業経済新聞社

    産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞。歴史小説に新風を送る。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った。司馬遼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ静岡

    テレビ静岡から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    キー局であるフジテレビと産業経済新聞社(産経新聞社)などを統括するフジ・メディア・ホールディングスのほか、静岡鉄道や中日新聞社とも関係が深い。フジテレビ系列の中部地方に於ける基幹局で、静岡県の民放テレビ・ラジオ5社の中では唯一のネットワーク基幹局である。テレビ静岡 フレッシュアイペディアより)

668件中 41 - 50件表示

「産経新聞社」のニューストピックワード