448件中 51 - 60件表示
  • 日本夜景遺産

    日本夜景遺産から見た産経新聞社産業経済新聞社

    日本夜景遺産事務局では、産経新聞社と観光庁の後援により夜景鑑賞士検定(夜景検定)も実施している。日本夜景遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 独創性を拓く先端技術大賞

    独創性を拓く先端技術大賞から見た産経新聞社産業経済新聞社

    優秀賞 - フジサンケイ ビジネスアイ賞(第16回・第17回は、日本工業新聞社賞)(1件)・産経新聞社賞(1件)独創性を拓く先端技術大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 金田浩一呂

    金田浩一呂から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    中央大学法学部卒業。産業経済新聞社に入社後、夕刊フジの学芸部長・編集委員を歴任。金田浩一呂 フレッシュアイペディアより)

  • 与良ヱ

    与良ヱから見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    1958年、経営難に陥っていた産業経済新聞社副社長に請われて就任(社長は水野成夫)。与良ヱ フレッシュアイペディアより)

  • 今仁哲夫

    今仁哲夫から見た産経新聞社産業経済新聞社

    「ビバテツショー」降板後の1973年、同じフジサンケイグループの産経新聞社に記者として出向、経済部に所属し、大蔵省、通商産業省の記者クラブなどで活躍。1975年にニッポン放送アナウンサーに復帰、同年10月から平日昼のワイド番組『今仁哲夫のアタック!ふれあい最前線』がスタート、翌年1976年8月30日には『今仁(いまに)哲夫の歌謡パレードニッポン』がスタート。歌謡パレードニッポンは常に同時間帯で聴取率1位を獲得していたこともあって、ニッポン放送の昼の顔だけでなく、関東地方のラジオの昼の顔ともなっていった。また、ニッポン放送退社後、同局で番組を担当する際には「いまに哲夫」とした。今仁哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 下川耿史

    下川耿史から見た産経新聞社産業経済新聞社

    福岡県生まれ。早稲田大学文学部卒、産経新聞社を経て、フリー編集者、家庭文化史、性風俗史の研究家として著書多数。下川耿史 フレッシュアイペディアより)

  • 千草宗一郎

    千草宗一郎から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    2000年事業局長、2001年営業局長、2003年専務取締役を経て、2005年7月より代表取締役社長に就任。関西テレビの歴代社長はこれまで大株主の阪急電鉄、産経新聞社、フジテレビ出身者が務めることが多いが、関西テレビから生え抜きの社長が誕生したのは二人目である。千草宗一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 新報スポニチ

    新報スポニチから見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    沖縄タイムスが日刊スポーツを刊行しているのに対抗し、琉球新報はスポーツニッポン(同紙親会社の毎日新聞社那覇支局がある)、サンケイスポーツ(発行元の産経新聞那覇支局が同社内にあり、また沖縄テレビと提携)、報知新聞社(同グループの読売新聞那覇支局、また日本テレビ那覇支局もある)のうちから、もっとも本土新聞で関係の強い毎日新聞系のスポーツニッポン新聞社と提携することになり、1990年に沖縄版として創刊した。新報スポニチ フレッシュアイペディアより)

  • 同台経済懇話会

    同台経済懇話会から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    常任幹事 野地二見(元DDI常任顧問・産経新聞社取締役) 59期同台経済懇話会 フレッシュアイペディアより)

  • 徳光一輝

    徳光一輝から見た産経新聞社産業経済新聞社

    1995年、早稲田大学卒業、産経新聞社入社。横浜総局を経て、2001年、東京社会部で警視庁などを担当。2005年、大阪社会部。デスクの皆川豪志らと『「死」の教科書』をまとめた。2008年から再び東京社会部。産経新聞のブログサイト「イザ!」で記者ブログも開設、カトリック吉祥寺教会の後藤文雄神父とカンボジア難民の子供14人との交流について書き連ねている。徳光一輝 フレッシュアイペディアより)

448件中 51 - 60件表示

「産経新聞社」のニューストピックワード