448件中 61 - 70件表示
  • 富永俊治

    富永俊治から見た産経新聞社産業経済新聞社

    富永 俊治(とみなが しゅんじ、1947年 - )は、日本の元新聞記者。宮城県出身。1969年、産経新聞社入社し、2002年に退社。現在はスポーツノンフィクションを中心に執筆を続ける。富永俊治 フレッシュアイペディアより)

  • 兵本達吉

    兵本達吉から見た産経新聞社産業経済新聞社

    『日本共産党の戦後秘史』 産経新聞社、2005年 ISBN 4594049796兵本達吉 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤唯之

    近藤唯之から見た産経新聞社産業経済新聞社

    『背番号の消えた人生:栄光の名選手は今…』(サンケイ新聞社,1979年)ISBN 4-10-132203-1近藤唯之 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤唯之

    近藤唯之から見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    明治大学付属明治高等学校では硬式野球部に所属し、島岡吉郎監督の指導を受ける。その後、明治大学法学部へ進学。卒業後は報知新聞社に入社し同新聞(現:スポーツ報知)のスポーツ記者となる。東京新聞(東京新聞社→中日新聞社東京本社発行)移籍後、毎日の戦評と野球コラム「金曜放談」を署名入りで執筆。その文章には「うなる思いである」「男の人生なんて3日先がわからない」「〜をしたのは、プロ野球史上○○ただ一人である」というような一定の表現が頻出するという特徴があり、「近藤節」と呼ばれ人気を博す。1971年、夕刊フジ(フジ新聞社→産業経済新聞社発行)編集局長待遇・野球評論家に就任。現在同紙評論家。アスリートたちの生き方にサラリーマンの姿を重ね合わせる視点がユニークで根強い人気がある。好きな球団は広島東洋カープで、毎年の順位予想では必ず優勝予想をカープとしていた。駆け出し記者時代にカープの選手たちに世話になったからだという。近藤唯之 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地区高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト

    近畿地区高校・中学校軽音楽系クラブコンテストから見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    近畿地区高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト(We are Sneaker Ages/スニーカーエイジ)とは、産經新聞社と三木楽器株式会社の主催。近畿地区高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト フレッシュアイペディアより)

  • 第138回天皇賞

    第138回天皇賞から見た産経新聞社産業経済新聞社

    『サンケイスポーツ』(産経新聞社、2008年11月3日第7版)第138回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江

    遠江から見た産経新聞社産業経済新聞社

    名古屋系の夕刊紙も販売されているが、全国紙では読売新聞社、毎日新聞社、産経新聞社が東京本社のエリアとなっている。遠江 フレッシュアイペディアより)

  • メトロガイド

    メトロガイドから見た産経新聞社産業経済新聞社

    産経新聞社が毎月10日に発行しているフリーマガジン。東京メトロ内に設置してあるラックで配布している。メトロガイド フレッシュアイペディアより)

  • びわ湖バレイ

    びわ湖バレイから見た産業経済新聞社産業経済新聞社

    1965年、産業経済新聞社がサンケイバレイとして開設。当初は全長約2kmのカーレーターが約23分で山ろくと山頂を結んでいた。社長の水野成夫による拡大経営の一環であったが、産経自体の経営が悪化したため1968年、フジサンケイグループの後を引き継いだ鹿内信隆によって資産整理の対象となり、結局名古屋鉄道が引き取る形で買収。名鉄グループのスキー場・びわ湖バレイとして経営に当たっていた。1975年10月にはカーレーターが廃止され、代わってゴンドラリフトが開業して所要時間は約8分に短縮された。びわ湖バレイ フレッシュアイペディアより)

  • 奈良崎コロスケ

    奈良崎コロスケから見た産経新聞社産業経済新聞社

    日本映画navi(産経新聞社奈良崎コロスケ フレッシュアイペディアより)

448件中 61 - 70件表示

「産経新聞社」のニューストピックワード