27件中 11 - 20件表示
  • 長崎さるく博

    長崎さるく博から見た田上富久田上富久

    長崎さるく博(ながさきさるくはく)は、2006年4月1日から10月29日までの約半年間に掛けて行われた地方博覧会。正式名称は「長崎さるく博'06」。提案者は長崎市職員(後の長崎市長)の田上富久長崎さるく博 フレッシュアイペディアより)

  • 国際平和ビューロー

    国際平和ビューローから見た田上富久田上富久

    2008年1月、同年のノーベル平和賞候補として平和市長会議、広島市長秋葉忠利、長崎市長田上富久を3者連名で推薦した。2010年1月、同年のノーベル平和賞候補として日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)を推薦した。国際平和ビューロー フレッシュアイペディアより)

  • アリー・ラーリージャーニー

    アリー・ラーリージャーニーから見た田上富久田上富久

    何度か訪日している。広島や長崎に訪問しているほか、明治神宮に参拝したことがある。2010年の長崎来訪の際は、長崎原爆資料館を見学、同資料館について「米国が起こした戦争犯罪を世界に知らしめるという意味で意義深く価値がある」と指摘、「世界に一つでも核爆弾が存在すれば全人類の脅威。あらゆる大量破壊兵器は禁止されるべきだ」と述べた。また田上富久市長に対して、イランが核兵器製造を行わないことを伝えた。アリー・ラーリージャーニー フレッシュアイペディアより)

  • 広島・長崎オリンピック構想

    広島・長崎オリンピック構想から見た田上富久田上富久

    その理念のため全国様々な人から賛同されたが、後述のように秋葉忠利広島市長と田上富久長崎市長だけで構想を固めいきなり発表し、すぐに国際オリンピック委員会(IOC)および日本オリンピック委員会(JOC)から却下されたため、共催実現に向けた具体案は何もなかった構想でもある。このことがヒロシマ・オリンピック構想移行後もネガティブに働くことになる。広島・長崎オリンピック構想 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市役所

    長崎市役所から見た田上富久田上富久

    2007年(平成19年)12月 - 長崎県議会で金子原二郎知事が長崎県庁舎改築について市役所との合築も選択肢として検討すると答弁。田上富久市長は慎重な姿勢を示す。長崎市役所 フレッシュアイペディアより)

  • 核拡散防止条約

    核拡散防止条約から見た田上富久田上富久

    2009年5月5日、国際連合本部で開かれたNPT再検討会議の準備委員会に秋葉忠利広島市長と田上富久長崎市長が出席。秋葉市長は2020年までの核兵器廃絶を強く訴え、各国政府が核兵器廃絶への行動をただちに起こすよう呼びかけた。また田上市長は、バラク・オバマ米大統領が提唱した世界核安全サミットを長崎で開くよう要請した(しかしこの願いは果たされなかった)。核拡散防止条約 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県庁舎

    長崎県庁舎から見た田上富久田上富久

    12月 - 長崎県議会で金子原二郎知事が県庁舎改築について市役所との合築も選択肢として検討すると答弁。田上富久長崎市長は慎重な姿勢を示す。長崎県庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器廃絶国際キャンペーン

    核兵器廃絶国際キャンペーンから見た田上富久田上富久

    2017年12月6日、長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)は、事務局長のフィンが翌月長崎を訪問すると発表。2018年1月12日-18日フィンが来日し、RECNA主催のシンポジウムでの基調講演、長崎原爆資料館での長崎市長田上富久との会談、広島平和記念資料館訪問、被爆者との会談、与野党の国会議員との討論集会出席、創価学会本部訪問などをおこなった。首相である安倍晋三との会談を希望していたが、日程の都合がつかず実現しなかった。核兵器廃絶国際キャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 長崎自動車道

    長崎自動車道から見た田上富久田上富久

    ただし長崎道の拡幅が再開決定された区間は、事故の多い長崎芒塚IC-長崎多良見ICの8.3kmであり、当初予定されていた全11.3km区間での事業化には至らなかった。これを受け中村法道知事は「(残りの)3.0km区間についても早期に事業化がなされるよう、今後とも国に対して強く要望する」と、田上富久長崎市長も「(拡幅が決定された区間の)早期整備とともに、残された区間の4車線化の実現に向けて引き続き国に要望」と、即日それぞれコメントを出している。長崎自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾誠

    横尾誠から見た田上富久田上富久

    同18日午後、長崎市役所で記者会見し、伊藤市長の後継として無所属で立候補(補充立候補)する意向を発表。選挙に出馬し、伊藤一長の弔いと市政の継承を市民へと訴えて弔い選挙の様相を見せて選挙活動をし、伊藤一長後援会や連合長崎の支持を得たが、選挙の対応の遅れや世襲批判が響き、同じく補充立候補の田上富久(当時の前市統計課長)に僅差で破れ落選した。横尾誠 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「田上富久」のニューストピックワード