前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示
  • 上原浩治

    上原浩治から見た田中将大田中将大

    日本時代に2回の沢村賞を受賞したが、複数回の沢村賞を受賞したのは11人で、平成に入ってからは斎藤雅樹、上原、斉藤和巳、田中将大、前田健太の5人しかいない(2017年シーズン終了現在)。また、前年に73本塁打を放った全盛期のバリー・ボンズを日米野球で三打席連続三振に抑えたり、国際試合負け無し、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振をそれぞれ複数回獲得するなど、球界を代表する投手として活躍した。上原浩治 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のメジャーリーグベースボール

    2017年のメジャーリーグベースボールから見た田中将大田中将大

    ニューヨーク・ヤンキースの田中将大が日本人初となる3年連続での開幕投手を務めた。2017年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2013年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見た田中将大田中将大

    東北楽天ゴールデンイーグルス(以下、楽天)は2012年 - 2013年のストーブリーグで、3人のメジャーリーガーを獲得した。レギュラーシーズンは2013年3月29日に開幕し、4月終了時点では5位であったが、5月に2位に浮上。7月には首位に浮上し、以降首位から陥落することなく、9月26日にパリーグ優勝が決定した。また、楽天のエース田中将大は、24勝0敗1Sという成績を記録し、最優秀選手(MVP)に選ばれた。クライマックスシリーズ ファイナルステージではロッテと対戦し、4勝1敗で日本シリーズ進出を決めた。日本シリーズでは、巨人と対戦し、4勝3敗で日本一となった。アジアシリーズでは、準決勝で敗退し、優勝することはできなかった。2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た田中将大田中将大

    背番号1をつけて臨んだ2年夏の西東京大会では、日本大学第三高校との準決勝で3本の本塁打を浴びてコールド負けを喫した。2年秋の都大会では新チームの副キャプテンを任された。準決勝では2度目の日本大学第三高校との対戦で完封勝利を挙げ、決勝も制し24年ぶりの優勝。同年11月の第36回明治神宮野球大会では準決勝で駒澤大学附属苫小牧高校と対戦したがチームは敗れベスト4。この時初めて、後に甲子園決勝で再戦することとなる田中将大と投げ合っている。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 釜田佳直

    釜田佳直から見た田中将大田中将大

    小松市立御幸中学校時代は軟式野球部に所属していた。中学1年までは捕手だったが、斎藤佑樹と田中将大の投げ合いとなった第88回全国高等学校野球選手権大会決勝の延長15回引き分けをテレビ観戦し魅せられ、翌日の再試合は現地観戦。その後監督に直訴し投手に転向した。高校の同期生に水泳の小堀勇気がいる。釜田佳直 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た田中将大田中将大

    子供の頃から勉強を強いられたことはなく、むしろ外に遊びに行くように言われていたという。小学3年生の時に近所の幼なじみの影響で地元の野球チーム「岸和田イーグレッツ」で野球を始め、6年生の時に西日本優勝を果たすなど実に31個のタイトルを獲得。小学生の間は野球以外にもサッカーや水泳などにも取り組んでおり、特に2歳の時から習っていた水泳では西日本大会優勝の実績を持つ。中学では「忠岡ボーイズ」に所属し、西日本大会で優勝した。日本選抜では世界大会に出場。優勝に貢献し、MVPに選出された。また忠岡ボーイズ時代には「宝塚ボーイズ」と度々対戦し、この時捕手を務めていた田中将大をよく覚えているという。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本勇人

    坂本勇人から見た田中将大田中将大

    小学校1年生から野球を始める。昆陽里タイガースでは投手として、捕手の田中将大(現ニューヨーク・ヤンキース)とバッテリーを組んでいた。中学時代は伊丹シニアに所属。青森県八戸市の光星学院高等学校に進学し、1年生時の秋からショートのレギュラーの座を掴み、第78回選抜高等学校野球大会にも出場。チームは1回戦で敗退したものの、自身は3安打を記録。坂本勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷翔平

    大谷翔平から見た田中将大田中将大

    菊池雄星に憧れ、彼の出身校の花巻東高校へ進学。「日本一になる」「日本人最速となる163km/hを記録する」「ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる」事を目標に掲げた。入部後は監督の佐々木洋の「まだ骨が成長段階にある。1年夏迄は野手として起用して、ゆっくり成長の階段を昇らせる」という方針により、1年春は「4番・右翼手」で公式戦に出場。秋からエースを務め、最速147km/hを記録し、2年春には最速151km/hを記録し、「みちのくのダルビッシュ」と呼ばれ注目を集める。第93回全国高等学校野球選手権大会初戦の帝京高校戦では骨端線損傷に因り右翼手として先発出場するが、4回途中から登板し、田中将大(駒澤大学附属苫小牧高等学校)に並ぶ甲子園での高校2年生最速タイ記録(当時)となる150km/hを記録。その後は治療に専念し、試合には打者限定で出場した。3年の第84回選抜高等学校野球大会では初戦の大阪桐蔭高校戦は、11四死球で9失点と大敗。3年夏の岩手大会の準決勝・一関学院高校戦ではアマチュア野球史上初となる最速160km/hを記録した。しかし決勝の盛岡大学附属高校戦では5失点を喫し、高校最後の全国選手権大会出場はならなかった。甲子園通算成績は14回を投げ防御率3.77、16奪三振。野手としては2試合で打率.333、1本塁打。大谷翔平 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た田中将大田中将大

    プロ野球のパ・リーグでは、東京都から札幌市へ本拠地を移転した北海道日本ハムファイターズが黄金期を迎え、大阪近鉄バファローズ・福岡ダイエーホークスが消滅して、情報企業が新たに球団を保有することとなり、近鉄の本拠地の大阪府から仙台市を本拠地にした東北楽天ゴールデンイーグルス・ダイエーの後継球団の福岡ソフトバンクホークス球団が誕生した。2011年(平成23年)に横浜ベイスターズが東京放送ホールディングス (TBSHD) から情報企業のディー・エヌ・エーが運営する横浜DeNAベイスターズとなった。2006年(平成18年)と2009年(平成21年)のWBCでの連覇で、日本野球の高い技術が実証された。2005年(平成17年)にセ・パ交流戦が、2007年(平成19年)にクライマックスシリーズ(プレーオフ制度)が導入された。桑田清原世代と呼ばれた1967年(昭和42年)度生まれが全員引退をした。2006年(平成18年)の第88回全国高等学校野球選手権大会で当時高校3年生だった斎藤佑樹・田中将大などのハンカチ世代(1988年〔昭和63年〕度生まれ)が活躍する。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会 〜Shining Snow Story〜

    ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会 〜Shining Snow Story〜から見た田中将大田中将大

    ロボットダンスチーム『タイムマシーン』(主宰:黄帝心仙人)が参加し、本格的なパフォーマンスが繰り広げられた。会場での生演奏は恒例の「ダウンタウンももクロバンド」に、13名からなるブラスバンドを加えた総勢23名のビッグバンドが担当。さらに30名からなるソシアルダンス(社交ダンス)チーム『ソシアルクローバーZ』も登場し、感情無く動いているロボットに音楽の楽しさを教えようと付き添う。ももクロメンバーも懸命に歌とダンスのパフォーマンスを届け、火を使った本格的なマジックショーやゲストの田中将大との野球対決(2日目のみ)も盛り込み、ロボットの少女に笑顔と感情を呼び起こすという、ミュージカル仕立ての展開となった。ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会 〜Shining Snow Story〜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示

「田中将大」のニューストピックワード