前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示
  • 永井怜

    永井怜から見た田中将大田中将大

    大学時代の背番号は18番だったが、この番号は高校生ドラフトで1巡目指名された田中将大に用意されていたため、永井は30番を提示された。これに対して永井は「奪うくらいの気持ちで頑張りたい。負ける気はしない。」とライバル心を燃やしていた。しかし本人は背番号自体に対する強いこだわりはなく、提示された30番に対しては江川卓を思い浮かべ、「30番といえば江川さん。凄い投手ですけど、そうなれるように頑張りたいです。」とコメントした。永井怜 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た田中将大田中将大

    は2月26日の千葉ロッテマリーンズとの練習試合でバッテリーを組んだ田中将大が先頭のTSUYOSHIを追い込むと、「ショートバウンドでいいよ」と言ってフォークボールの要求を匂わせつつ速球勝負という“ささやき戦術”を見せた。TSUYOSHIには「お前、うるせえよ!」と怒鳴り返されたが後続打者にも同様にささやいて三者凡退に打ち取り、それを聞いた野村監督に「そこで黙ったらいかん。『言わないと監督に怒られます』と言えばエエ。西岡が怒るのはお前を意識しているってことや。心理で揺さぶるのも戦術」とアドバイスを受けた。シーズンに入るとチーム内の新人で唯一開幕一軍登録され、125試合に出場。盗塁阻止率リーグ2位を記録し、オールスターにもファン投票で出場した。打撃ではシーズン通して打率2割未満だったが、リーグ8位の20犠打を記録した。オフの11月28日に選手会主催のゴルフコンペで選手、球団スタッフ84人が参加する中、グロス106ながらハンディを生かして優勝。賞金50万円を獲得した。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 釜田佳直

    釜田佳直から見た田中将大田中将大

    中学校時代は軟式野球部に所属していた。中学1年までは捕手だったが、斎藤佑樹と田中将大の投げ合いとなった第88回全国高等学校野球選手権大会決勝の延長15回引き分けをテレビ観戦し魅せられ、翌日の再試合は現地観戦。その後監督に直訴し投手に転向した。釜田佳直 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た田中将大田中将大

    8月21日 - 第88回全国高等学校野球選手権大会第16日は決勝戦の再試合が行われ、早稲田実業が駒大苫小牧を4-3で下し出場27回目で初優勝。この2日間の決勝戦で早実の斎藤佑樹と駒大苫小牧の田中将大の投げ合いに大きな注目が集まった。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本勇人

    坂本勇人から見た田中将大田中将大

    1995年3月に尼崎市武庫之荘にある学校法人武庫からたち幼稚園を卒園。兵庫県伊丹市立昆陽里小学校1年から、少年野球「昆陽里タイガース」において投手兼遊撃手として野球を始めた。田中将大は小・中学校の同級生で、小学校時代は同チームに在籍。当時は坂本が投手、田中が捕手でバッテリーを組んでいた。中学時代は伊丹シニアに所属し、2年次にジャイアンツカップベスト4。青森県八戸市の光星学院高等学校に進学し、1年秋から遊撃のレギュラー、2年春から4番を務め、秋の東北大会準優勝し、3年春の第78回選抜高等学校野球大会に出場。春の東北大会では16打数13安打で打率.813、4本塁打の活躍で注目を集めた。高校通算39本塁打。坂本勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 歳内宏明

    歳内宏明から見た田中将大田中将大

    兵庫県尼崎市出身。小園小3年から「猪名川エンジェス」で野球を始め、中学時代は田中将大を輩出したボーイズリーグの宝塚ボーイズに所属し、福島県の聖光学院高校に野球留学した。この野球留学には、宝塚ボーイズの監督、奥村幸治の勧めがあったからだという。歳内宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た田中将大田中将大

    7月2日 - ガリバーオールスターゲーム2007のファン投票最終結果発表。ファン投票で初選出されたのはパ・リーグでは田中将大先発投手、松本輝中継ぎ投手、福盛和男抑え投手、嶋基宏捕手、高須洋介二塁手、鉄平外野手、山崎武司指名打者(以上楽天)、セ・リーグでは林昌範中継ぎ投手(巨人)、栗原健太一塁手(広島)、青木宣親外野手(ヤクルト)の10選手。田中は1999年の松坂大輔(当時西武、現ボストン・レッドソックス)以来、8年ぶりの高卒新人選手でのファン選出。楽天からは最多の8選手が選出された。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤好貴

    武藤好貴から見た田中将大田中将大

    札幌藻岩高校に進学し、投手に転向。2年生の時からエースとなり、秋には北海道大会決勝に進出し、田中将大擁する駒大苫小牧高校に敗れ準優勝。3年生の夏は南北海道予選の札幌支部予選2回戦で敗退し、甲子園出場は果たせなかった。武藤好貴 フレッシュアイペディアより)

  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見た田中将大田中将大

    少女時代の後は郷ひろみ、aikoが順に歌唱を終えた。aikoの歌唱前には井上が彼女のファンであるということを発言していた。aikoの歌唱後、ゲスト審査員の大竹しのぶに話が振られ、大竹が「隣の席のマー君が私のマイクのコード踏んだ」と発言し、会場に爆笑が起きた。次のゆずのステージでは多数のキャンドルが床に並べられ、合唱隊(番組中ではUZ choirと表示された。人数は事前報道によると100人)がゆずとともに歌唱曲「Hey和」を合唱した。ゆずに続き、倖田來未が歌唱した。倖田は本紅白1週間前である24日に予定されていたライブを体調不良のためキャンセルしており、『デイリースポーツ』によると体調に関して心配されていたというが、問題なく歌唱は終わった。また、倖田は紅白の前に結婚したことを発表しており、『オリコン』の記事はそれを踏まえて倖田の歌唱時の衣装に言及し、パフォーマンスについて「胸元や背中が開いたセクシードレスで“人妻”の色香を漂わせながらのパフォーマンス」と記している。倖田の次に東方神起が歌唱を終えると、続く3つ目の企画に入った。第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た田中将大田中将大

    、背番号1をつけて臨んだ2年夏の西東京大会では、日本大学第三高校との準決勝で3本の本塁打を浴びてコールド負けを喫した。2年秋の都大会では新チームの副キャプテンを任された。準決勝では2度目の日本大学第三高校との対戦で完封勝利を挙げ、決勝も制し24年ぶりの優勝。同年11月の明治神宮野球大会では準決勝で駒澤大学附属苫小牧高校と対戦したがチームは敗れベスト4。この時初めて、後に甲子園決勝で再戦することとなる田中将大と投げ合っている。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示

「田中将大」のニューストピックワード