303件中 91 - 100件表示
  • ターメル・スレッジ

    ターメル・スレッジから見た田中将大田中将大

    初本塁打・初打点:2008年3月29日、対東北楽天ゴールデンイーグルス1回戦(クリネックススタジアム宮城)、1回表に田中将大から右越2ランターメル・スレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 田中幸夏

    田中幸夏から見た田中将大田中将大

    坂本勇人、田中将大 - 中学時代の1年後輩田中幸夏 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ロジャース (野球)

    スティーブ・ロジャース (野球)から見た田中将大田中将大

    6月の二次ドラフト1巡目(全体4位)でモントリオール・エクスポズから指名され、プロ入り。後半よりメジャーに定着し、10勝5敗・防御率1.54の快投で注目を集める。また、この年はデビューから16試合連続でQSを記録しているが、これはデビューからのメジャー記録では最長のものである(にヤンキースの田中将大も同じくデビューから16試合連続を記録してタイ)。翌にはオールスターに初選出された。からは7年連続で12勝以上を挙げている。スティーブ・ロジャース (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 最高勝率 (野球)

    最高勝率 (野球)から見た田中将大田中将大

    1リーグ制時代は年によって試合数や完投数などを選出基準に入れている場合があり、厳密には最高勝率の投手が受賞していない年がある。2リーグ制後の選出基準は、セ・リーグが「規定投球回数に達した投手のうち、勝率が最も高い投手」、パ・リーグが1985年までセと同一、1986年以降は「シーズン13勝以上を挙げた投手のうち、勝率が最も高い投手」。このためセ・リーグでの選出者は基本的に先発中心の投手のみだが、パ・リーグでは1985年に19勝3敗の石本貴昭、1995年に15勝5敗の平井正史、1999年に14勝1敗の篠原貴行等がリリーフ勝利のみでの選出例がある。また、1998年黒木知宏の13勝9敗勝率.591は2016年現在リーグ勝率トップ最低記録となっているが、この年13勝以上を挙げた投手が武田一浩13勝10敗勝率.565、西口文也13勝12敗勝率.520しかおらず、セ・リーグのルールであれば石井貴9勝3敗勝率.750がトップになっていた。逆に無敗でシーズンを終えた場合は1.000となり、そのまま不滅のリーグ記録になるとの特徴がある。なお、2015年末時点で1.000を記録しているのは景浦將、御園生崇男、間柴茂有、田中将大の4名で、セ・リーグでは例がない。最高勝率 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 宮原あつき

    宮原あつきから見た田中将大田中将大

    ヒーローインタビューの際、投手である田中将大に対して「ナイスバッティング」と言った事がある。宮原あつき フレッシュアイペディアより)

  • 徳山竜一

    徳山竜一から見た田中将大田中将大

    「キリンラガービール」親子編(2008年?)松本幸四郎/染五郎親子・山崎勉/直子親子・田中マー君親子 他徳山竜一 フレッシュアイペディアより)

  • 古屋英夫

    古屋英夫から見た田中将大田中将大

    からまでは日本ハムで打撃コーチ、内野守備走塁コーチ、チーフ打撃コーチ、チーフコーチを務めた。からの5年間は、オリックスのスカウトとして各地を回った。当時見た選手では鳥谷敬や田中将大が印象に残ったという。また自身の経験と照らし合わせ、野手の目線から身体能力や投球の打ちにくさを評価していた。古屋英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 上園啓史

    上園啓史から見た田中将大田中将大

    の開幕時点では二軍だったが、先発投手陣の不調から6月上旬に一軍へ昇格。3試合目の登板となった、6月20日の対楽天戦で初勝利を挙げるなど結果を出し、先発ローテーションに定着。セントラル・リーグの新人投手では最多、チーム3位となる8勝を挙げ、新人王を受賞した。なお、プロ初勝利をあげた試合では、同年に自身同様に新人王を受賞した田中将大との投げ合いを制しての白星である。上園啓史 フレッシュアイペディアより)

  • ピッチャー・オブ・ザ・マンス

    ピッチャー・オブ・ザ・マンスから見た田中将大田中将大

    ピッチャー・オブ・ザ・マンス (The Pitcher of the Month) は、メジャーリーグベースボールの賞の1つでレギュラーシーズンの4月から9月にかけて毎月選出される。ナショナルリーグでは1975年から、アメリカンリーグでは1979年から表彰を始めた。日本人選手の歴代受賞者は、野茂英雄と伊良部秀輝と田中将大の3人である。ピッチャー・オブ・ザ・マンス フレッシュアイペディアより)

  • 中島俊哉

    中島俊哉から見た田中将大田中将大

    5月30日の巨人戦(東京ドーム)で9回2死で先発投手田中将大の代打として出場。この年から巨人入りした杉内俊哉と対戦。楽天は杉内相手に9回2死まで1人も走者を出せず、中島も凡退すれば完全試合達成という状況に迫られていたが、フルカウントから四球を選び出塁。完全試合を免れた。なお、杉内はその後、次の打者聖澤諒を三振に仕留め、ノーヒットノーラン達成となった。前半戦は好調だったものの、後半戦になると調子を落とし9月上旬に二軍降格。9月下旬に一軍に復帰するも、3打数無安打と結果を残せなかった。中島俊哉 フレッシュアイペディアより)

303件中 91 - 100件表示

「田中将大」のニューストピックワード