303件中 101 - 110件表示
  • 鷲谷修也

    鷲谷修也から見た田中将大田中将大

    小学3年生の時に野球を始める。登別市立西陵中時代はリトルシニアチームでプレーし、3年時に道大会で準優勝。複数の強豪校から勧誘を受けたが、見学した時の雰囲気が気に入ったという駒大苫小牧に特待生として入学。田中将大と同期となる。鷲谷修也 フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・スコープ

    ジョナサン・スコープから見た田中将大田中将大

    3月11日にオリオールズと1年契約に合意した。同年はセカンドのレギュラーポジションを与えられ、137試合に出場したが、打率.209・13四球に対して122三振を喫した。また、田中将大に強さを見せ、田中からは2本塁打を記録した。ジョナサン・スコープ フレッシュアイペディアより)

  • 有村智恵

    有村智恵から見た田中将大田中将大

    好きな俳優は竹財輝之助、貫地谷しほり、宮崎あおい、お笑いではトータルテンボス、アーティストではポルノグラフィティなどが好きで、特にポルノのメンバーとは一緒にゴルフをプレイしたこともある。そのほか、カラオケでも踊り付きで歌うくらいのAKB48の大ファンでもある。推しメンは前田敦子。他にもツイッターで「最近歌手のYUIさんとSKE48の松井れなちゃんが好きすぎてあんな風になりたい(´・_・`)」、と明かしていて、SKE48の松井玲奈にも憧れているようである。他、KARAと少女時代もファンと明かしていたことがある。ゴルフ以外では、プロ野球好きでもあり、読売ジャイアンツと東北楽天ゴールデンイーグルスのファンを公言している。ジャイアンツは昔から父がファンであったこと、イーグルスは田中将大ら仲のいい選手が多かったことからファンになったという。有村智恵 フレッシュアイペディアより)

  • キスマイレージ

    キスマイレージから見た田中将大田中将大

    例1:篠原信一(柔道家なので締め「落とす」)・田中将大(変化球でボールを「落とす」)・月亭方正(落語家なので話を「落とす」)→「全員落とす」キスマイレージ フレッシュアイペディアより)

  • 沖原佳典

    沖原佳典から見た田中将大田中将大

    は開幕戦で9番・遊撃手に抜擢されて復活が期待されたが、同年3月29日に新人の田中将大と入れ替わる形で降格となった。交流戦後に再昇格を果たすが、夏場以降は再び降格して出番がなかった。沖原佳典 フレッシュアイペディアより)

  • 2017 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2017 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た田中将大田中将大

    1月23日 - 田中将大が自身のツイッターで代表不参加の意思を表明した。2017 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 北篤

    北篤から見た田中将大田中将大

    2006年度のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)の1巡目指名において、田中将大の交渉権獲得抽選に外れた横浜ベイスターズから指名を受け、投手として入団した。北篤 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災によるスポーツへの影響

    東日本大震災によるスポーツへの影響から見た田中将大田中将大

    震災発生当日の3月11日に挙行された日本プロ野球オープン戦4試合のうち、横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)対東京ヤクルトスワローズ戦(横浜スタジアム)と東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズ戦(兵庫県立明石公園第一野球場)がコールドゲームとなった(横浜スタジアムは地震によるもの。明石は楽天の選手家族などの安全確認 のため)。横浜スタジアムでは地震発生後にスタンドの観客をフィールドへ降ろして安全を確保すると共に、周辺の公共交通機関が麻痺していたため復旧まで球場内で待機させた。一方、楽天は3月20日に予定していた中日とのオープン戦を中止し(18,19日に予定していた試合は開催。19日の試合前には楽天の選手達が募金活動を行った)、希望する選手を被災地でもあり本拠地である仙台に帰れるように調整していたが、希望者がいなかったと報道されている。しかし、楽天の田中将大投手は4月12日、Twitterでこの報道を否定した。また、当時楽天所属であった山崎武司内野手は選手が仙台に戻る交通手段がなく、逆に仙台にいる選手の家族たちを楽天球団側が手配して東京に移動させたと証言している。結局、選手達が本拠地仙台に戻ったのは、震災から27日後の4月7日であった。東日本大震災によるスポーツへの影響 フレッシュアイペディアより)

  • 松井淳 (外野手)

    松井淳 (外野手)から見た田中将大田中将大

    5月31日に一軍昇格。6月6日の対オリックス戦で2安打を放つと10日の対埼玉西武戦で牧田和久からプロ初本塁打。13日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では田中将大から本塁打を放つなど交流戦で活躍。異色の経歴もあって各メディアで取り上げられるが守備面での不安と打撃不振により8月13日に登録抹消。再昇格後の8月30日の対広島東洋カープ戦で今村猛から同点本塁打を放つが、翌8月31日の打撃練習中に痛みを訴え、その後の検査で左手親指の靱帯を負傷していることが判明し、登録抹消。一軍で46試合に出場し、打率.287、本塁打5、15打点の活躍だった。松井淳 (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た田中将大田中将大

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

303件中 101 - 110件表示

「田中将大」のニューストピックワード