303件中 21 - 30件表示
  • 美馬学

    美馬学から見た田中将大田中将大

    '、前年まで4年連続で開幕投手を務めてきた則本が開幕前のワールド・ベースボール・クラシックに日本代表として出場したことや、則本に代わって開幕投手に内定していた岸孝之が開幕直前にインフルエンザB型への感染で登板を回避したことから、3月31日の対オリックス戦(京セラドーム)で初めて開幕投手を務めた。球団では岩隈久志、一場靖弘、田中将大、則本昂大に次ぐ歴代5人目の開幕投手であったが、6回3失点という内容で勝敗は付かなかった。次に登板した4月8日の対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)でシーズン初勝利を挙げたことを皮切りに、5月13日の対ソフトバンク戦(熊本)でシーズン初黒星を喫するまで、先発登板5試合で4勝をマーク。楽天の投手が一軍公式戦の開幕投手を務めたシーズンに開幕から4連勝を記録した事例は、球団史上初めてであった。以降の先発登板試合でも、6月30日の公式戦終了時点でNPB全12球団の規定投球回到達投手としてただ1人1点台の防御率(1.79)を記録するなど、おおむね好調をキープ。7月1日の対ソフトバンク戦(Koboパーク宮城)ではプロ入り後自己ワーストの10失点を喫して6回途中で降板したが、オールスターゲームにパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の監督推薦選手として初めて出場すると、同月15日の第2戦(ZOZOマリン)で3番手投手として初登板・初勝利を記録した。8月5日の対ロッテ戦で自己最多タイ記録のシーズン9勝目を挙げてからは、先発登板の4試合でいずれも5失点を喫していたが、31歳の誕生日に当たる9月19日の対日本ハム戦(いずれもKoboパーク宮城)で自身初のシーズン10勝目を無四球・シーズン初完封で記録した。結局、チーム2位の11勝、リーグ7位(チーム3位)の防御率3.26でレギュラーシーズンを終了。チームのレギュラーシーズン3位で臨んだクライマックスシリーズでは、西武とのファーストステージ第3戦(10月16日)での先発勝利によって、チームを4年振りのファイナルステージ進出に導いた。ソフトバンクとのファイナルステージでも第5戦(10月22日)で先発を任されたが、4回途中5失点という内容で敗戦投手になったため、チームは日本シリーズへの進出を逃した。シリーズ終了後の12月5日には、推定年俸8,000万円(前年から3,000万円増)という条件で契約を更改するとともに、背番号を15'に変更することを発表した。美馬学 フレッシュアイペディアより)

  • 稲尾和久

    稲尾和久から見た田中将大田中将大

    同一シーズンでの20連勝を達成した投手は稲尾が達成してから、半世紀以上にわたって現れることがなかったが、楽天の田中将大が2013年9月6日の対日本ハム戦(札幌ドーム)で開幕20連勝を達成して肩を並べ、続く9月13日の対オリックス戦(クリネックススタジアム宮城)に勝利したことで、56年ぶりに記録を更新した。稲尾和久 フレッシュアイペディアより)

  • 開幕投手

    開幕投手から見た田中将大田中将大

    なお、MLBでは、トム・シーバーが計16回の開幕投手を務め最多記録になっている。2000年に野茂英雄(タイガース)が日本人初の開幕投手を務め、その後2003年・2004年にドジャースでも務めた。それ以後は、2008年に松坂大輔(レッドソックス)、2009年に黒田博樹(ドジャース)、2015年?2017年に田中将大(ヤンキース)が務めている。開幕投手 フレッシュアイペディアより)

  • 伊丹市

    伊丹市から見た田中将大田中将大

    2013年(平成25年) : プロ野球投手(のち、アメリカメジャーリーグ投手)の田中将大に伊丹市民栄誉賞。伊丹市 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た田中将大田中将大

    また、この年で10年連続2桁本塁打も達成、巨人では長嶋茂雄・王貞治・原辰徳・松井秀喜に次ぐ5人目となった。北京五輪の予選を兼ねた第24回アジア野球選手権大会日本代表に選抜されるが、腰痛のため辞退。ちなみにこの年のオールスター出場選手・監督のサイン入り着用済みユニフォームが慈善オークションにかけられた際には、田中将大に次いで2番目に高額の107万3千円で落札されている。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 松井裕樹

    松井裕樹から見た田中将大田中将大

    ''、同期入団の新人9選手からただ1人、春季キャンプを一軍でスタート。楽天の新人選手では、2007年の田中将大以来2人目であった。春季キャンプ後のオープン戦に先発要員として帯同すると、13イニング連続無失点や、ストレートで最速150km/hを記録するなど好投を継続。一軍監督の星野仙一は、2007年の田中と同様に、一軍公式戦の開幕直後から松井を先発陣の一角に組み込むことを明言した一軍公式戦開幕直後の4月2日に、プロ入り後初の出場選手登録を経て、楽天Koboスタジアム宮城の対オリックス・バファローズ戦に先発投手として一軍デビュー。6回3失点という内容で敗戦投手になると、4月16日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオクドーム)まで3連敗を記録した。NPBの一軍公式戦において、高卒の新人投手が初登板から3連敗を喫した事例は、2リーグ分立(1950年)以降では初めてであった。4月23日の対埼玉西武ライオンズ戦(コボスタ宮城)で5回表の途中に降板したことを機に、出場選手登録を抹消。抹消後には、二軍で投球フォームを改善するとともに、イースタン・リーグの対西武戦(5月31日)で公式戦初勝利を挙げた。6月6日に一軍へ復帰してからは、一時救援要員に転向。星野の病気療養などで大久保博元が一軍監督代行に就任した7月2日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)で、救援投手として一軍初勝利を記録した。その一方で、7月17日のフレッシュオールスターゲーム(長崎ビッグNスタジアム)では、イースタン・リーグ選抜の先発投手として登板。1イニング限定ながら、2被安打1与四球という内容で1失点に終わった。8月13日の対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では、一軍公式戦9試合目の先発登板で、シーズン2勝目を記録。先発投手としての一軍初勝利でもあった。また、一軍初登板のオリックス戦初回から8月26日の対西武戦(コボスタ宮城)2回表2死まで、延べ70回2/3イニングにわたって被本塁打0を継続。ドラフト制度の導入()後に堀内恒夫()が保持していた「NPB球団の高卒新人投手による一軍公式戦の連続イニング無被本塁打」という記録を48年振りに更新した(後に記録を71回1/3まで継続)。一軍公式戦通算では、4勝8敗と負け越す一方で、この年のNPBの新人投手では最も多い(パシフィック・リーグ5位タイの)126奪三振を記録した。松井裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た田中将大田中将大

    シーズンでは藤井がFA移籍したため、5年目で初の開幕スタメンマスクを被り、試合では成瀬善久から決勝打となる勝ち越し3点本塁打を放ち勝利に貢献した。しかし前年に見られた巧打は精彩を欠き、伊志嶺忠が2番手捕手として台頭した影響もあって僅かながら規定打席には到達せず、打率は.224と成績を落とした。一方この年、嶋とバッテリーを組んだ時の田中将大の成績は18勝2敗、防御率0.998と優秀なものだったこともあり、田中との最優秀バッテリー賞を受賞した。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見た田中将大田中将大

    FUNKY MONKEY BABYSの歌唱直前のMC時には彼らに縁のある田中将大と北島三郎が応援メッセージを送った。田中は彼らの歌唱曲「あとひとつ」を自身の登場曲としており、同曲のPVにも出演している。北島は彼らの出身地である八王子市在住である。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 義則

    佐藤義則から見た田中将大田中将大

    オフに、プロ野球マスターズリーグの札幌アンビシャスへ加入。また、株式会社スーパーエージェントとマネジメント契約を結んだ。には、札幌テレビ・STVラジオ・サンテレビ・J SPORTSで解説者として活動した後に、10月から東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍投手コーチに就任した。田中将大を育成した。佐藤義則 フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見た田中将大田中将大

    シーズン途中の8月に開催された北京オリンピックの野球日本代表に選出された。予選リーグでは初戦となるキューバ戦に先発登板し、4回0/3を投げて4失点で敗戦投手になる。試合後は長髪をバッサリと切って、丸刈りにして球場に現れた。「おれもやるからお前もやれ」と半ば強要されて田中将大も丸刈りにし、田中は「僕は道連れにされました」とコメントした。ダルビッシュの頭をバリカンで刈ったのは川?宗則であり、この翌日には2人に続いて川崎や阿部慎之助も丸刈りとなって球場に現れた。北京オリンピックでは計3試合に登板し0勝1敗、防御率5.14を記録した。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

303件中 21 - 30件表示

「田中将大」のニューストピックワード