173件中 21 - 30件表示
  • 加登脇卓真

    加登脇卓真から見た田中将大田中将大

    中学時代はボーイズで全国制覇後、高校は京都から北海道の北照高校へ野球留学。1年からレギュラーに定着し、投打の両面で活躍した。高校通算36本塁打を記録。甲子園出場はならなかったが、3年の夏の南北海道大会決勝で、当時2年生だった駒大苫小牧高校の田中将大からホームランを放っている。プロには、投手として入団。加登脇卓真 フレッシュアイペディアより)

  • 松本輝

    松本輝から見た田中将大田中将大

    、セットアッパーとして開幕一軍登録を勝ち取る。4月12日、対西武戦(宮城)で、先発・田中将大の後を受け二番手として登板し、8回表を無失点に抑える。その裏、チームは勝ち越しに成功し、プロ入り12年目にして初勝利を救援勝利で上げた。なお、初勝利を上げるまでの年数が12年というのは西清孝の13年に次ぐ歴代2位の長さである。4月24日、対オリックス戦(スカイマーク)で初セーブを上げた。5月12日、対オリックス戦で3番手として登板し、2勝目を上げた。このように前半戦は勝利のセットアッパーとして活躍し、ホールドを積み重ねていった。しかし怪我もあって交流戦前には失速。本拠地開催となった2007年のオールスターのパ・リーグ中継部門でファン投票1位となったが、7月6日に故障による欠場が発表された。6月12日に一軍登録抹消を受けると、けがから復帰した8月4日から3週間もたたない8月22日には再び2軍に降格し、閉幕まで一軍に戻れなかった。松本輝 フレッシュアイペディアより)

  • U-26 NPB選抜 対 大学日本代表

    U-26 NPB選抜 対 大学日本代表から見た田中将大田中将大

    11月11日 - U-26 NPB選抜代表選手、及び日本大学代表代表選手を正式発表。田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)は選出されず、「マー君VS佑ちゃん」の対決は実現しなかった。U-26 NPB選抜 対 大学日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 植村祐介

    植村祐介から見た田中将大田中将大

    高校では1年春からベンチ入り。2年春の北海道大会決勝・札幌第一高校戦で投じた速球は自身最高の146km/hを記録し、田中将大(駒大苫小牧高校)とともに脚光を浴びる。高校3年夏の高校野球南北海道大会で駒大苫小牧高校を1安打に抑える快投を見せるも敗退し、甲子園の土を踏む事はなかった。以来、田中をライバル視している。植村祐介 フレッシュアイペディアより)

  • 鷹野史寿

    鷹野史寿から見た田中将大田中将大

    2004年の球界再編により行われた選手分配ドラフトを経て、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した。2005年は自己最多の90試合に出場し、自己最多の7本塁打を放ったものの、打率は.217と振るわなかった。2006年、春に手術した左膝のリハビリに1シーズンを費やした。2007年は打率.203、1本塁打に終わった。なお、この本塁打は、3月29日のソフトバンク戦で放ったものだが、プロ初登板初先発を務めたものの2回途中6失点でKOされた田中将大の黒星を消す同点本塁打だった。鷹野史寿 フレッシュアイペディアより)

  • 黒滝将人

    黒滝将人から見た田中将大田中将大

    札幌日本大学高等学校に進学。高校時代は2年秋からエースを務め、駒大苫小牧の田中将大と北照の植村祐介の3人で、北海道右腕三羽烏と呼ばれ周囲の注目を集めていた。高校野球での成績は、2006年春の北海道大会準決勝で駒大苫小牧に敗れたのが最高で、春・夏ともに甲子園への出場はかなわなかった。黒滝将人 フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ウィット

    ケビン・ウィットから見た田中将大田中将大

    横浜時代も楽天時代も打率は低レベルであったが、ひたすら振り回していた横浜時代に比べると楽天時代には四球を選べるようになっているなど、それなりに日本野球へ適応していた。長打力自体は凄まじく、2007年の楽天紅白戦では田中将大からバックスクリーンを越える推定飛距離160m超の場外本塁打も放っている。シーズン中はボールに合わせただけのバッティングで外野フェンス付近まで持っていき、度々実況担当を困惑させた。ケビン・ウィット フレッシュアイペディアより)

  • 江尻良文

    江尻良文から見た田中将大田中将大

    記事の内容は球界内のあらゆる事象に広範囲に渡るが、基本的には長嶋茂雄・王貞治(最近は長嶋を取り上げることが少ない。)の賛美や、その周辺の人物の発言・行動を取りあげている。2006年2月には王が福岡ソフトバンクホークス監督との兼任でワールド・ベースボール・クラシックの日本代表監督に就任したこともあり、王がらみの記事を一ヶ月間、新聞発行日に掲載し続けたこともあった。また、王の他球団に対する分析をそのまま記事にすることが多く、メジャーリーガーの松坂大輔や松井秀喜、さらには斎藤佑樹、田中将大、中田翔もその対象になっている。江尻良文 フレッシュアイペディアより)

  • 塩川達也

    塩川達也から見た田中将大田中将大

    は調子を落とす一方だったスイッチヒッターから右打ち専門に再転向。高須洋介に代わって昇格すると、同年5月27日の対中日ドラゴンズ戦で8番・二塁手として出場し、2打点を挙げて田中将大の開幕7連勝をアシストした。7月に降格された後は再昇格がないままシーズンを終えた。この年は出塁率が打率よりも低いという珍しい成績になった。塩川達也 フレッシュアイペディアより)

  • マー君

    マー君から見た田中将大田中将大

    マー君 フレッシュアイペディアより)

173件中 21 - 30件表示

「田中将大」のニューストピックワード