173件中 61 - 70件表示
  • 中島俊哉

    中島俊哉から見た田中将大田中将大

    5月30日の巨人戦(東京ドーム)で9回2死で先発投手田中将大の代打として出場。この年から巨人入りした杉内俊哉と対戦。楽天は杉内相手に9回2死まで1人も走者を出せず、中島も凡退すれば完全試合達成という状況に迫られていたが、フルカウントから四球を選び出塁。完全試合を免れた。なお、杉内はその後、次の打者聖澤諒を三振に仕留め、ノーヒットノーラン達成となった。前半戦は好調だったものの、後半戦になると調子を落とし9月上旬に二軍降格。9月下旬に一軍に復帰するも、3打数無安打と結果を残せなかった。中島俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 島田亨

    島田亨から見た田中将大田中将大

    2005年のプロ野球ドラフト会議で片山博視、2006年のドラフトで田中将大などを抽選で獲得したため、そのくじ運から「黄金の右手」と呼ばれ、島田の手相を描いたキーホルダーが発売され、受験生などに人気が出ている。島田亨 フレッシュアイペディアより)

  • 松井淳 (外野手)

    松井淳 (外野手)から見た田中将大田中将大

    5月31日に一軍に昇格。6月6日の対オリックス戦で2安打を放つと10日の対西武戦で牧田和久からプロ入り初本塁打。13日の対楽天イーグルス戦では田中将大から本塁打を放つなど交流戦で活躍。異色の経歴もあって各メディアで取り上げられるが守備面での不安と打撃不振により8月13日に登録抹消。再昇格後の8月30日の対広島戦で今村猛から同点本塁打を放つが、翌8月31日の打撃練習中に痛みを訴え、その後の検査で左手親指の靱帯を負傷し、登録抹消となる。一軍で46試合に出場し、打率.287、本塁打5、15打点の活躍だった。松井淳 (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 古屋英夫

    古屋英夫から見た田中将大田中将大

    からまでは日本ハムで打撃コーチ、内野守備走塁コーチ、チーフ打撃コーチ、チーフコーチを務めた。からの5年間は、オリックスのスカウトとして各地を回った。当時見た選手では鳥谷敬や田中将大が印象に残ったという。また自身の経験と照らし合わせ、野手の目線から身体能力や投球の打ちにくさを評価していた。古屋英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 増渕竜義

    増渕竜義から見た田中将大田中将大

    シーズン計11試合に先発し、そこそこの成績を残していたが、5月6日、6月2日に登録を抹消されるなど、一軍定着にはいたらなかった。5月26日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、同期の田中将大との先発での投げ合いになったが、リック・ショートへの頭部死球が危険球と判断され、退場となる憂き目を見ている。7月27日に登録を抹消され、その後故障が判明し一軍に上がることができなかった。9月にはファームで復帰し、9月26日にはイースタン・リーグの優勝試合に登板している。増渕竜義 フレッシュアイペディアより)

  • 金廣鉉

    金廣鉉から見た田中将大田中将大

    日本の野球ファンやプロ野球解説者の間では、しばしば同い年である東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大に例えて紹介することが多く、「韓国の田中」と呼ばれることもある。しばしば日本の成瀬善久とともに特集される。金廣鉉 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本良平

    橋本良平から見た田中将大田中将大

    中学卒業後は智辯和歌山高校に進学。入学後すぐに4番を打ち、1年夏は和歌山大会で13打数10安打の成績を残し8強入り、しかし2年になると伸び悩んで同級生の松隈に4番を譲り、一塁手にコンバートされたこともあった。その後立ち直り、3年夏には再び4番捕手として第88回全国高等学校野球選手権大会に出場。準決勝で田中将大を擁する駒大苫小牧高校に敗れたが、準々決勝の帝京高校戦では3ラン本塁打を放つなど4強入りに貢献。なお、橋本は準決勝で田中からタイムリーを放っている。大会後に開催された日米親善野球では全日本高校選抜チームの4番捕手として田中とバッテリーを組み、5試合に出場して打率.500・1本塁打・10打点を記録。高校通算34本塁打。橋本良平 フレッシュアイペディアより)

  • 林崎遼

    林崎遼から見た田中将大田中将大

    東洋大姫路高時代は、1年時の夏から中軸を任され、3年時の夏には3番遊撃手として甲子園に出場。2試合連続本塁打を放つなど打率.500をマークし、ベスト8進出に貢献。準々決勝の駒澤大学苫小牧高戦では、田中将大(現:東北楽天ゴールデンイーグルス)から先制2ランを含む3安打を放つ。上背は無いが力強い打撃で、高校通算24本塁打を記録。林崎遼 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤龍

    安藤龍から見た田中将大田中将大

    小学校4年生のときに東京都世田谷区から静岡県函南町へと転居。静清工業高等学校(現・静清高等学校)では野球部に所属し、3年生のとき(2005年)に「第87回全国高等学校野球選手権大会」にライトのポジションで出場している。同2005年の「晴れの国おかやま国体・高校硬式野球の部」では、田中将大(現・楽天イーグルス)と対戦した。安藤龍 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲谷修也

    鷲谷修也から見た田中将大田中将大

    小学3年生の時に野球を始める。登別市立西陵中時代はリトルシニアチームでプレーし、3年時に道大会で準優勝。複数の強豪校から勧誘を受けたが、見学した時の雰囲気が気に入ったという駒大苫小牧に特待生として入学。同期に田中将大(現:楽天)がいた。鷲谷修也 フレッシュアイペディアより)

173件中 61 - 70件表示

「田中将大」のニューストピックワード