181件中 41 - 50件表示
  • 田中将大

    田中将大から見た小学館

    田中将大 〜若きエース4年間の成長〜(小学館、TBS『S☆1』田中将大取材班・著、2011年3月、ISBN 978-4093881814)田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た日本赤十字社

    日本赤十字社「2009年はたちの献血」キャンペーン田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た中日ドラゴンズ

    は春季キャンプでのフリー打撃、紅白戦、オープン戦の初登板が全て雨で中止か延期となり、チーム内で雨男とあだ名された。3月29日のソフトバンク戦で初登板初先発、1回2/3を投げて打者12人に対し6安打3奪三振1四球で6失点。4回に同点となって敗戦投手にはならなかったが、降板後のベンチで涙を見せた。4試合目の登板となった4月18日のソフトバンク戦で9回を2失点13奪三振に抑え初勝利初完投。6月13日の中日戦で高卒新人ではのダルビッシュ有以来の完封勝利を記録。同年のオールスターゲームに高卒新人ではの松坂以来となるファン投票で選出され出場、7月22日の第2戦に先発して自己最速の153km/hを記録した(2回6失点)。7月10日には高卒新人として松坂以来史上6人目、江夏豊と並び最速タイとなる96回2/3でのシーズン100奪三振を記録。8月31日の西武戦で松坂以来、球団史上初となる高卒新人での2桁勝利を挙げた。リーグ4位の186回1/3を投げて11勝を挙げ、リーグ2位で高卒新人では歴代4位の196奪三振を記録。松坂以来8年ぶりの高卒1年目で新人王を受賞した。同年は連敗ストッパーとなることが多く、野村克也監督は「だって(田中は)ウチのエースだもん」と答えたこともあった。またソフトバンクとの相性が良く、登板6試合のうち5試合で勝利投手になった。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。マネジメント事務所は、ホリプロ。妻は、歌手でタレントの里田まい。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た埼玉西武ライオンズ

    は春季キャンプでのフリー打撃、紅白戦、オープン戦の初登板が全て雨で中止か延期となり、チーム内で雨男とあだ名された。3月29日のソフトバンク戦で初登板初先発、1回2/3を投げて打者12人に対し6安打3奪三振1四球で6失点。4回に同点となって敗戦投手にはならなかったが、降板後のベンチで涙を見せた。4試合目の登板となった4月18日のソフトバンク戦で9回を2失点13奪三振に抑え初勝利初完投。6月13日の中日戦で高卒新人ではのダルビッシュ有以来の完封勝利を記録。同年のオールスターゲームに高卒新人ではの松坂以来となるファン投票で選出され出場、7月22日の第2戦に先発して自己最速の153km/hを記録した(2回6失点)。7月10日には高卒新人として松坂以来史上6人目、江夏豊と並び最速タイとなる96回2/3でのシーズン100奪三振を記録。8月31日の西武戦で松坂以来、球団史上初となる高卒新人での2桁勝利を挙げた。リーグ4位の186回1/3を投げて11勝を挙げ、リーグ2位で高卒新人では歴代4位の196奪三振を記録。松坂以来8年ぶりの高卒1年目で新人王を受賞した。同年は連敗ストッパーとなることが多く、野村克也監督は「だって(田中は)ウチのエースだもん」と答えたこともあった。またソフトバンクとの相性が良く、登板6試合のうち5試合で勝利投手になった。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た福岡ソフトバンクホークス

    は春季キャンプでのフリー打撃、紅白戦、オープン戦の初登板が全て雨で中止か延期となり、チーム内で雨男とあだ名された。3月29日のソフトバンク戦で初登板初先発、1回2/3を投げて打者12人に対し6安打3奪三振1四球で6失点。4回に同点となって敗戦投手にはならなかったが、降板後のベンチで涙を見せた。4試合目の登板となった4月18日のソフトバンク戦で9回を2失点13奪三振に抑え初勝利初完投。6月13日の中日戦で高卒新人ではのダルビッシュ有以来の完封勝利を記録。同年のオールスターゲームに高卒新人ではの松坂以来となるファン投票で選出され出場、7月22日の第2戦に先発して自己最速の153km/hを記録した(2回6失点)。7月10日には高卒新人として松坂以来史上6人目、江夏豊と並び最速タイとなる96回2/3でのシーズン100奪三振を記録。8月31日の西武戦で松坂以来、球団史上初となる高卒新人での2桁勝利を挙げた。リーグ4位の186回1/3を投げて11勝を挙げ、リーグ2位で高卒新人では歴代4位の196奪三振を記録。松坂以来8年ぶりの高卒1年目で新人王を受賞した。同年は連敗ストッパーとなることが多く、野村克也監督は「だって(田中は)ウチのエースだもん」と答えたこともあった。またソフトバンクとの相性が良く、登板6試合のうち5試合で勝利投手になった。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た沢村栄治賞

    1月12日、ホリプロよりマネジメント契約を結んだことが明らかにされた。公式戦シーズンは開幕から絶好調で、6月と7月には2か月連続で月間MVPを受賞、8月7日の日ハム戦を迎えるまでの開幕から16試合連続で6回以上を投球して3失点以内に抑える安定感を披露。8月27日のソフトバンク戦では野田浩司に次ぐ歴代2位の1試合18奪三振を記録。9月10日の日ハム戦では、2006年夏の甲子園の決勝以来となる斎藤佑樹との投げ合いが実現し、前売り券のみで売切れてしまうほどの大きな盛り上がりを見せ、結果は1失点完投勝利を収めた田中に軍配が上がった。この試合は「ジョージア魂」賞の年間大賞に選ばれている。シーズン前半は10回無失点ながら勝ちが付かないなど、中々打線の援護に恵まれなかったが後半に勝ちを伸ばし、最終的に19勝5敗の好成績を挙げた。前述の6、7月の他に10月も月間MVPを受賞し、リーグ史上初となる年間3度の月間MVP受賞を果たした。投球回は初の200イニング超えの226回1/3イニング、年々減っていた奪三振は241とイニング数を超える数を記録。中でも特筆なのが防御率で1.27を記録。これはパ・リーグのシーズン記録では稲尾和久が1956年に記録した1.06に次ぐ歴代2位、2リーグ制以降では歴代5位の記録である。この年は最多勝利(D.J.ホールトンと同数)、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封(6試合、ダルビッシュと同数)の4冠に輝いた。他に両リーグトップの完投(14試合、ただし1試合10イニングを投げた試合が2試合あるがいずれも試合に決着が付かなかったため完投ならず)、無四球試合(5試合)も記録。四球の数も減り、過去最多のイニングを投げながら四球は僅か27と過去最少で、パ・リーグの規定投球回に到達した投手の中では3番目に少なくBB/9は1.07、K/BBは最多奪三振を記録したダルビッシュの7.67を上回る8.93を記録した。これらの成績が認められ、ダルビッシュとの一騎打ちを僅差で制して沢村賞を初受賞、他にもベストナインにも選出され、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞も受賞と投手タイトルを総なめにした。一方、シーズンオフの12月14日には仙台市内で自家用車を運転中に自転車と接触事故を起こし、自転車の女性の腰の骨にひびが入る重傷を負わせた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たゴールデングラブ賞

    1月12日、ホリプロよりマネジメント契約を結んだことが明らかにされた。公式戦シーズンは開幕から絶好調で、6月と7月には2か月連続で月間MVPを受賞、8月7日の日ハム戦を迎えるまでの開幕から16試合連続で6回以上を投球して3失点以内に抑える安定感を披露。8月27日のソフトバンク戦では野田浩司に次ぐ歴代2位の1試合18奪三振を記録。9月10日の日ハム戦では、2006年夏の甲子園の決勝以来となる斎藤佑樹との投げ合いが実現し、前売り券のみで売切れてしまうほどの大きな盛り上がりを見せ、結果は1失点完投勝利を収めた田中に軍配が上がった。この試合は「ジョージア魂」賞の年間大賞に選ばれている。シーズン前半は10回無失点ながら勝ちが付かないなど、中々打線の援護に恵まれなかったが後半に勝ちを伸ばし、最終的に19勝5敗の好成績を挙げた。前述の6、7月の他に10月も月間MVPを受賞し、リーグ史上初となる年間3度の月間MVP受賞を果たした。投球回は初の200イニング超えの226回1/3イニング、年々減っていた奪三振は241とイニング数を超える数を記録。中でも特筆なのが防御率で1.27を記録。これはパ・リーグのシーズン記録では稲尾和久が1956年に記録した1.06に次ぐ歴代2位、2リーグ制以降では歴代5位の記録である。この年は最多勝利(D.J.ホールトンと同数)、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封(6試合、ダルビッシュと同数)の4冠に輝いた。他に両リーグトップの完投(14試合、ただし1試合10イニングを投げた試合が2試合あるがいずれも試合に決着が付かなかったため完投ならず)、無四球試合(5試合)も記録。四球の数も減り、過去最多のイニングを投げながら四球は僅か27と過去最少で、パ・リーグの規定投球回に到達した投手の中では3番目に少なくBB/9は1.07、K/BBは最多奪三振を記録したダルビッシュの7.67を上回る8.93を記録した。これらの成績が認められ、ダルビッシュとの一騎打ちを僅差で制して沢村賞を初受賞、他にもベストナインにも選出され、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞も受賞と投手タイトルを総なめにした。一方、シーズンオフの12月14日には仙台市内で自家用車を運転中に自転車と接触事故を起こし、自転車の女性の腰の骨にひびが入る重傷を負わせた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た広島東洋カープ

    はシーズン前に2年目のジンクスについて聞かれ「全く考えていない。いまやるべきことをやるだけ。そのことは二度と聞かないでほしい」と答えた。5月4日の札幌ドームでの日本ハム戦で勝利投手となり、高校時代を過ごした北海道での初勝利を挙げた。同球場では通常レギュラーシーズンの試合でビジターチームのヒーローインタビューは場内放送されないが、日本ハム側の計らいで特別にインタビューが場内に流され、日本ハムファンからも大きな拍手が送られた。6月22日の広島戦でプロ入り後初めてリリーフ登板し初セーブを記録。この試合では打順の関係から4番に入って「4番ピッチャー田中」となり、満塁で回った打席では2-3まで粘ったが見逃し三振に倒れた。北京オリンピック野球日本代表にチーム最年少で選出され、北京オリンピック本戦に出場。背番号は15。初戦のキューバ戦で3番手として国際試合に初登板すると全てのアウトを三振で取り、テレビ中継で解説していた与田剛は打ち取られた打者の表情を見て「なんだ〜? あの球は〜、みたいな顔してますよ」と語った。大会通して無失点で防御率0.00投手として注目され、チーム最高の奪三振率を記録した。北京五輪で初戦敗退後、勢いに乗り切れない代表チームの流れを変えようとダルビッシュと共に丸刈りにした。自身への気合を込めたものであるとの指摘もあるが、その姿を見た星野仙一監督は大笑いしたという。後に、ダルビッシュから「お前も(丸刈りを)やれ」と言われたと明かしている。その後、川崎宗則、G.G.佐藤らも丸刈りになってチーム一丸の結束をアピールしようとした。金メダルの可能性が消えた3位決定戦の最終戦では得点してホームに生還する味方を迎える選手がいない中、田中だけがハイタッチで出迎え最後まで声援を送りつづける姿が映った。レギュラーシーズンでは好投しても打線の援護に恵まれないことが多く、自身の10勝目とチームの最下位脱出をかけたソフトバンクとのシーズン最終戦に先発したが、チームは延長12回サヨナラ勝利をしたものの自身は9回無失点で降板したため勝ち負けは付かず、2桁勝利はならなかった。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た最優秀バッテリー賞

    1月12日、ホリプロよりマネジメント契約を結んだことが明らかにされた。公式戦シーズンは開幕から絶好調で、6月と7月には2か月連続で月間MVPを受賞、8月7日の日ハム戦を迎えるまでの開幕から16試合連続で6回以上を投球して3失点以内に抑える安定感を披露。8月27日のソフトバンク戦では野田浩司に次ぐ歴代2位の1試合18奪三振を記録。9月10日の日ハム戦では、2006年夏の甲子園の決勝以来となる斎藤佑樹との投げ合いが実現し、前売り券のみで売切れてしまうほどの大きな盛り上がりを見せ、結果は1失点完投勝利を収めた田中に軍配が上がった。この試合は「ジョージア魂」賞の年間大賞に選ばれている。シーズン前半は10回無失点ながら勝ちが付かないなど、中々打線の援護に恵まれなかったが後半に勝ちを伸ばし、最終的に19勝5敗の好成績を挙げた。前述の6、7月の他に10月も月間MVPを受賞し、リーグ史上初となる年間3度の月間MVP受賞を果たした。投球回は初の200イニング超えの226回1/3イニング、年々減っていた奪三振は241とイニング数を超える数を記録。中でも特筆なのが防御率で1.27を記録。これはパ・リーグのシーズン記録では稲尾和久が1956年に記録した1.06に次ぐ歴代2位、2リーグ制以降では歴代5位の記録である。この年は最多勝利(D.J.ホールトンと同数)、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封(6試合、ダルビッシュと同数)の4冠に輝いた。他に両リーグトップの完投(14試合、ただし1試合10イニングを投げた試合が2試合あるがいずれも試合に決着が付かなかったため完投ならず)、無四球試合(5試合)も記録。四球の数も減り、過去最多のイニングを投げながら四球は僅か27と過去最少で、パ・リーグの規定投球回に到達した投手の中では3番目に少なくBB/9は1.07、K/BBは最多奪三振を記録したダルビッシュの7.67を上回る8.93を記録した。これらの成績が認められ、ダルビッシュとの一騎打ちを僅差で制して沢村賞を初受賞、他にもベストナインにも選出され、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞も受賞と投手タイトルを総なめにした。一方、シーズンオフの12月14日には仙台市内で自家用車を運転中に自転車と接触事故を起こし、自転車の女性の腰の骨にひびが入る重傷を負わせた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

181件中 41 - 50件表示

「田中将大」のニューストピックワード