181件中 51 - 60件表示
  • 田中将大

    田中将大から見た野田浩司

    1月12日、ホリプロよりマネジメント契約を結んだことが明らかにされた。公式戦シーズンは開幕から絶好調で、6月と7月には2か月連続で月間MVPを受賞、8月7日の日ハム戦を迎えるまでの開幕から16試合連続で6回以上を投球して3失点以内に抑える安定感を披露。8月27日のソフトバンク戦では野田浩司に次ぐ歴代2位の1試合18奪三振を記録。9月10日の日ハム戦では、2006年夏の甲子園の決勝以来となる斎藤佑樹との投げ合いが実現し、前売り券のみで売切れてしまうほどの大きな盛り上がりを見せ、結果は1失点完投勝利を収めた田中に軍配が上がった。この試合は「ジョージア魂」賞の年間大賞に選ばれている。シーズン前半は10回無失点ながら勝ちが付かないなど、中々打線の援護に恵まれなかったが後半に勝ちを伸ばし、最終的に19勝5敗の好成績を挙げた。前述の6、7月の他に10月も月間MVPを受賞し、リーグ史上初となる年間3度の月間MVP受賞を果たした。投球回は初の200イニング超えの226回1/3イニング、年々減っていた奪三振は241とイニング数を超える数を記録。中でも特筆なのが防御率で1.27を記録。これはパ・リーグのシーズン記録では稲尾和久が1956年に記録した1.06に次ぐ歴代2位、2リーグ制以降では歴代5位の記録である。この年は最多勝利(D.J.ホールトンと同数)、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封(6試合、ダルビッシュと同数)の4冠に輝いた。他に両リーグトップの完投(14試合、ただし1試合10イニングを投げた試合が2試合あるがいずれも試合に決着が付かなかったため完投ならず)、無四球試合(5試合)も記録。四球の数も減り、過去最多のイニングを投げながら四球は僅か27と過去最少で、パ・リーグの規定投球回に到達した投手の中では3番目に少なくBB/9は1.07、K/BBは最多奪三振を記録したダルビッシュの7.67を上回る8.93を記録した。これらの成績が認められ、ダルビッシュとの一騎打ちを僅差で制して沢村賞を初受賞、他にもベストナインにも選出され、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞も受賞と投手タイトルを総なめにした。一方、シーズンオフの12月14日には仙台市内で自家用車を運転中に自転車と接触事故を起こし、自転車の女性の腰の骨にひびが入る重傷を負わせた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た香田誉士史

    2年秋からは香田誉士史監督の就任後初のエース兼主将となり、秋季北海道大会では堂上を参考にフォーム改造した打撃でも決勝を含む5試合中4試合で本塁打を放つなど活躍。決勝では過去最多の13点差で優勝した。その後行われた明治神宮野球大会でも北海道勢として初めて決勝に進出して優勝し、春のセンバツでは優勝候補に挙げられていたが、部員の不祥事により出場辞退となった。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たウィリー・モー・ペーニャ

    1000投球回数:2012年6月29日、対福岡ソフトバンクホークス9回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、4回表3死目にウィリー・モー・ペーニャから空振り三振を奪って達成 ※史上327人目田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た堂上直倫

    駒澤大学附属苫小牧高等学校に進学後は本格的に投手に専念するようになり、2年夏の甲子園では主戦投手として140km/h前後の速球と高速スライダー、フォークボールを武器に57年ぶり史上6校目の大会2連覇に貢献。決勝戦で優勝を決めた最後の1球は2年生では史上初の150km/hを計測した。大会後、AAAアジア野球選手権大会の日本代表に2年生では堂上直倫と2人だけ選出され優勝。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た九州男

    「1/6000000000 feat. C&K」 九州男 (2008年)田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た和泉実

    ファンやマスコミからの愛称である「マー君」は、日米親善高校野球の際に監督を務めた和泉実が選手同士の交流を図るため互いに名字で呼ぶことを禁止したことから、早実の斎藤と「佑ちゃん」「マー君」と呼び合っている事が本人達の口から語られたのがきっかけとなった。楽天監督だった野村克也もこの愛称を用いてインタビューに応じることが多いが、愛称とはいえ選手を「君づけ」で呼ぶのは稀有なことだと述懐している。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た小宮山悟

    は第2回WBC日本代表に選出され、日本代表の大会2連覇に貢献した。シーズン開幕後はソフトバンクとのホーム開幕戦に先発して完封でシーズン初勝利を挙げると、4月14日のロッテ戦で1失点完投、4月22日のロッテ戦で完封、4月29日の日本ハム戦で野村監督の監督通算1500勝目となる1失点完投と、の小宮山悟、長谷川滋利以来となる開幕から4試合連続完投勝利を記録し、自身初の月間MVPに選出された。5月13日の日本ハム戦で完投は途切れたが、6月3日の阪神戦で敗れるまで開幕7連勝を記録。6月11日の中日戦で8勝目を挙げた後は、7月20日のソフトバンク戦で抑えとして登板して自己最速を更新する155km/hを記録し、防御率1点台を維持しつつもオールスターゲーム後まで勝ち星からは遠ざかっていた。8月7日の日本ハム戦で約2ヶ月振りの勝利となる9勝目を挙げて以降は安定した結果を残し、8月27日の西武戦で自己最多となる12勝目を記録。8月には4試合に登板して4勝0敗、防御率1.44、30奪三振で自身2度目となる月間MVPに選出される。援護率がパリーグでワースト2位の3.54だったにもかかわらず、最終的にリーグ2位タイ、チームトップとなる15勝、リーグ3位となる防御率2.33を記録。10月17日のクライマックスシリーズ第1ステージ第2戦のソフトバンク戦では自身初の無四球完投勝利を挙げ、チームの第2ステージ進出に貢献した。12月25日の契約更改では1億500万円増、プロ入り4年目の選手としてはダルビッシュに次ぐ史上2番目の高額契約となる年俸1億8000万円で契約(金額はいずれも推定)。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た釣り

    趣味のボウリングは平均スコア170、ベストスコアは216(2007年当時)。ただし、球団から“故障防止のためプレーはシーズンオフに限ること”と言い渡されている。球団公式サイトでは釣りも趣味となっており、ゴルフも「趣味以上」と語っている。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た国民健康保険団体連合会

    北海道国民健康保険団体連合会(北海道限定)田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た開幕投手

    3月30日の開幕戦では自身初の開幕投手を務めたが、6回5失点で敗戦投手となった。4月22日に腰痛で2年ぶりに戦線離脱した。復帰後の5月30日の巨人戦ではソフトバンク時代に投げ合った相手先発の杉内俊哉と互いに8回まで投げ二桁奪三振を記録する勝負であったが、チームはノーヒットノーランで敗れ敗戦投手に。7月6日の西武戦では先発登板が予定されていたが、投球練習中に右脇腹に違和感を訴えて先発登板を回避した。代役は中7日で塩見貴洋が登板することになった。7月18日のロッテ戦から8月19日の西武戦までの5試合は不振で自身やチームを勝利に導くことができず、打たれることが多かったが、8月26日の日ハム戦ではプロで初延長10回を無四球完封勝利を挙げる。その後26イニング連続無失点で復調の兆しも見られた。シーズン最終戦で10勝目を挙げ、4年連続の2ケタ勝利となった。10勝4敗と成績を大きく落とした形となったが、防御率は2年連続の1点台となる1.87をマークし、リーグ最多奪三振を記録。また完投、完封もリーグトップを記録。制球力も更に磨きがかかり、規定投球回達成者では最少となる19四球、BB/9は0.99と1を割り込んだ。12月22日に3年12億円+出来高で契約更改し、「将来的に、そういうところ(メジャー)でやろうという気持ちが芽生えたので、早いうちに伝えようと思いました」と将来的なメジャー挑戦の意思があることを明らかにした。田中将大 フレッシュアイペディアより)

181件中 51 - 60件表示

「田中将大」のニューストピックワード