181件中 61 - 70件表示
  • 田中将大

    田中将大から見た横浜中学校・高等学校

    最速150km/hの速球と高速縦スライダーを武器に、高校通算458奪三振を記録し、高校通算奪三振数、奪三振率とも横浜高校の松坂大輔を上回り、周囲からは「怪物」「世代最強エース」などと評された。打者としても高校通算13本塁打を記録している。同世代の投手では随一の評価を受けていたが、甲子園での熱闘に加えて斎藤が大学進学を表明した事で更に注目が集まった。指名されればどの球団でも入団する意思を表明していた事もあって全12球団の指名候補となっており、複数球団の競合が確実視されていた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た広島市民球場 (初代)

    初セーブ:2008年6月22日、対広島東洋カープ3回戦(広島市民球場)、7回裏に2番手で救援登板・完了、3回無失点田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た早稲田大学系属早稲田実業学校初等部・中等部・高等部

    史上2校目の夏3連覇が懸かった夏の甲子園では大会直前から体調を崩したが、チームは決勝に進出。早稲田実業との決勝戦では3回途中からリリーフ登板して延長15回まで1失点。しかし早実の斎藤佑樹も1失点で完投し、37年ぶりの決勝引き分け再試合となった。再試合でも1回途中からリリーフしたが、最後の打者として斎藤に三振で討ち取られ3-4で敗れた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たトマト

    嫌いな食べ物は冷やしトマト(『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「新・食わず嫌い王決定戦」にて)。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    3月30日の開幕戦では自身初の開幕投手を務めたが、6回5失点で敗戦投手となった。4月22日に腰痛で2年ぶりに戦線離脱した。復帰後の5月30日の巨人戦ではソフトバンク時代に投げ合った相手先発の杉内俊哉と互いに8回まで投げ二桁奪三振を記録する勝負であったが、チームはノーヒットノーランで敗れ敗戦投手に。7月6日の西武戦では先発登板が予定されていたが、投球練習中に右脇腹に違和感を訴えて先発登板を回避した。代役は中7日で塩見貴洋が登板することになった。7月18日のロッテ戦から8月19日の西武戦までの5試合は不振で自身やチームを勝利に導くことができず、打たれることが多かったが、8月26日の日ハム戦ではプロで初延長10回を無四球完封勝利を挙げる。その後26イニング連続無失点で復調の兆しも見られた。シーズン最終戦で10勝目を挙げ、4年連続の2ケタ勝利となった。10勝4敗と成績を大きく落とした形となったが、防御率は2年連続の1点台となる1.87をマークし、リーグ最多奪三振を記録。また完投、完封もリーグトップを記録。制球力も更に磨きがかかり、規定投球回達成者では最少となる19四球、BB/9は0.99と1を割り込んだ。12月22日に3年12億円+出来高で契約更改し、「将来的に、そういうところ(メジャー)でやろうという気持ちが芽生えたので、早いうちに伝えようと思いました」と将来的なメジャー挑戦の意思があることを明らかにした。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たタレント

    田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。マネジメント事務所は、ホリプロ。妻は、歌手でタレントの里田まい。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たオリックス・バファローズ

    9月25日の高校生ドラフト会議において、日本ハム、オリックス、横浜、楽天から1巡目指名を受け、抽選の結果楽天が交渉権を獲得。11月2日に契約金1億円+出来高、年俸1500万円(金額はいずれも推定)と、高卒としては松坂大輔・寺原隼人・ダルビッシュ有以来の大学・社会人出身希望枠と同等の条件で仮契約を結び、背番号は18に決定。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た東京ヤクルトスワローズ

    初打点:2008年5月25日、対東京ヤクルトスワローズ1回戦(明治神宮野球場)、6回表に鎌田祐哉から遊撃ゴロの間に記録田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た被安打

    は春季キャンプでのフリー打撃、紅白戦、オープン戦の初登板が全て雨で中止か延期となり、チーム内で雨男とあだ名された。3月29日のソフトバンク戦で初登板初先発、1回2/3を投げて打者12人に対し6安打3奪三振1四球で6失点。4回に同点となって敗戦投手にはならなかったが、降板後のベンチで涙を見せた。4試合目の登板となった4月18日のソフトバンク戦で9回を2失点13奪三振に抑え初勝利初完投。6月13日の中日戦で高卒新人ではのダルビッシュ有以来の完封勝利を記録。同年のオールスターゲームに高卒新人ではの松坂以来となるファン投票で選出され出場、7月22日の第2戦に先発して自己最速の153km/hを記録した(2回6失点)。7月10日には高卒新人として松坂以来史上6人目、江夏豊と並び最速タイとなる96回2/3でのシーズン100奪三振を記録。8月31日の西武戦で松坂以来、球団史上初となる高卒新人での2桁勝利を挙げた。リーグ4位の186回1/3を投げて11勝を挙げ、リーグ2位で高卒新人では歴代4位の196奪三振を記録。松坂以来8年ぶりの高卒1年目で新人王を受賞した。同年は連敗ストッパーとなることが多く、野村克也監督は「だって(田中は)ウチのエースだもん」と答えたこともあった。またソフトバンクとの相性が良く、登板6試合のうち5試合で勝利投手になった。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た北海道日本ハムファイターズ

    9月25日の高校生ドラフト会議において、日本ハム、オリックス、横浜、楽天から1巡目指名を受け、抽選の結果楽天が交渉権を獲得。11月2日に契約金1億円+出来高、年俸1500万円(金額はいずれも推定)と、高卒としては松坂大輔・寺原隼人・ダルビッシュ有以来の大学・社会人出身希望枠と同等の条件で仮契約を結び、背番号は18に決定。田中将大 フレッシュアイペディアより)

181件中 61 - 70件表示

「田中将大」のニューストピックワード