181件中 81 - 90件表示
  • 田中将大

    田中将大から見たベースボールマガジン社

    田中将大 夢への扉を開け! スポーツスーパースター伝(ベースボールマガジン社、2011年3月、ISBN 978-4583103358)田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た東北放送

    田中将大の一本道 〜熱きアスリートたちの想い〜(2010年1月31日、東北放送) - 上田桃子との対談がメインのドキュメンタリー番組。ナレーションは小西真奈美。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たスライダー (球種)

    駒澤大学附属苫小牧高等学校に進学後は本格的に投手に専念するようになり、2年夏の甲子園では主戦投手として140km/h前後の速球と高速スライダー、フォークボールを武器に57年ぶり史上6校目の大会2連覇に貢献。決勝戦で優勝を決めた最後の1球は2年生では史上初の150km/hを計測した。大会後、AAAアジア野球選手権大会の日本代表に2年生では堂上直倫と2人だけ選出され優勝。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た速球

    駒澤大学附属苫小牧高等学校に進学後は本格的に投手に専念するようになり、2年夏の甲子園では主戦投手として140km/h前後の速球と高速スライダー、フォークボールを武器に57年ぶり史上6校目の大会2連覇に貢献。決勝戦で優勝を決めた最後の1球は2年生では史上初の150km/hを計測した。大会後、AAAアジア野球選手権大会の日本代表に2年生では堂上直倫と2人だけ選出され優勝。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た三振

    史上2校目の夏3連覇が懸かった夏の甲子園では大会直前から体調を崩したが、チームは決勝に進出。早稲田実業との決勝戦では3回途中からリリーフ登板して延長15回まで1失点。しかし早実の斎藤佑樹も1失点で完投し、37年ぶりの決勝引き分け再試合となった。再試合でも1回途中からリリーフしたが、最後の打者として斎藤に三振で討ち取られ3-4で敗れた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たフォークボール

    駒澤大学附属苫小牧高等学校に進学後は本格的に投手に専念するようになり、2年夏の甲子園では主戦投手として140km/h前後の速球と高速スライダー、フォークボールを武器に57年ぶり史上6校目の大会2連覇に貢献。決勝戦で優勝を決めた最後の1球は2年生では史上初の150km/hを計測した。大会後、AAAアジア野球選手権大会の日本代表に2年生では堂上直倫と2人だけ選出され優勝。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たとんねるずのみなさんのおかげでした

    嫌いな食べ物は冷やしトマト(『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「新・食わず嫌い王決定戦」にて)。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た「ジョージア魂」賞

    1月12日、ホリプロよりマネジメント契約を結んだことが明らかにされた。公式戦シーズンは開幕から絶好調で、6月と7月には2か月連続で月間MVPを受賞、8月7日の日ハム戦を迎えるまでの開幕から16試合連続で6回以上を投球して3失点以内に抑える安定感を披露。8月27日のソフトバンク戦では野田浩司に次ぐ歴代2位の1試合18奪三振を記録。9月10日の日ハム戦では、2006年夏の甲子園の決勝以来となる斎藤佑樹との投げ合いが実現し、前売り券のみで売切れてしまうほどの大きな盛り上がりを見せ、結果は1失点完投勝利を収めた田中に軍配が上がった。この試合は「ジョージア魂」賞の年間大賞に選ばれている。シーズン前半は10回無失点ながら勝ちが付かないなど、中々打線の援護に恵まれなかったが後半に勝ちを伸ばし、最終的に19勝5敗の好成績を挙げた。前述の6、7月の他に10月も月間MVPを受賞し、リーグ史上初となる年間3度の月間MVP受賞を果たした。投球回は初の200イニング超えの226回1/3イニング、年々減っていた奪三振は241とイニング数を超える数を記録。中でも特筆なのが防御率で1.27を記録。これはパ・リーグのシーズン記録では稲尾和久が1956年に記録した1.06に次ぐ歴代2位、2リーグ制以降では歴代5位の記録である。この年は最多勝利(D.J.ホールトンと同数)、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封(6試合、ダルビッシュと同数)の4冠に輝いた。他に両リーグトップの完投(14試合、ただし1試合10イニングを投げた試合が2試合あるがいずれも試合に決着が付かなかったため完投ならず)、無四球試合(5試合)も記録。四球の数も減り、過去最多のイニングを投げながら四球は僅か27と過去最少で、パ・リーグの規定投球回に到達した投手の中では3番目に少なくBB/9は1.07、K/BBは最多奪三振を記録したダルビッシュの7.67を上回る8.93を記録した。これらの成績が認められ、ダルビッシュとの一騎打ちを僅差で制して沢村賞を初受賞、他にもベストナインにも選出され、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞も受賞と投手タイトルを総なめにした。一方、シーズンオフの12月14日には仙台市内で自家用車を運転中に自転車と接触事故を起こし、自転車の女性の腰の骨にひびが入る重傷を負わせた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た最優秀投手

    1月12日、ホリプロよりマネジメント契約を結んだことが明らかにされた。公式戦シーズンは開幕から絶好調で、6月と7月には2か月連続で月間MVPを受賞、8月7日の日ハム戦を迎えるまでの開幕から16試合連続で6回以上を投球して3失点以内に抑える安定感を披露。8月27日のソフトバンク戦では野田浩司に次ぐ歴代2位の1試合18奪三振を記録。9月10日の日ハム戦では、2006年夏の甲子園の決勝以来となる斎藤佑樹との投げ合いが実現し、前売り券のみで売切れてしまうほどの大きな盛り上がりを見せ、結果は1失点完投勝利を収めた田中に軍配が上がった。この試合は「ジョージア魂」賞の年間大賞に選ばれている。シーズン前半は10回無失点ながら勝ちが付かないなど、中々打線の援護に恵まれなかったが後半に勝ちを伸ばし、最終的に19勝5敗の好成績を挙げた。前述の6、7月の他に10月も月間MVPを受賞し、リーグ史上初となる年間3度の月間MVP受賞を果たした。投球回は初の200イニング超えの226回1/3イニング、年々減っていた奪三振は241とイニング数を超える数を記録。中でも特筆なのが防御率で1.27を記録。これはパ・リーグのシーズン記録では稲尾和久が1956年に記録した1.06に次ぐ歴代2位、2リーグ制以降では歴代5位の記録である。この年は最多勝利(D.J.ホールトンと同数)、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封(6試合、ダルビッシュと同数)の4冠に輝いた。他に両リーグトップの完投(14試合、ただし1試合10イニングを投げた試合が2試合あるがいずれも試合に決着が付かなかったため完投ならず)、無四球試合(5試合)も記録。四球の数も減り、過去最多のイニングを投げながら四球は僅か27と過去最少で、パ・リーグの規定投球回に到達した投手の中では3番目に少なくBB/9は1.07、K/BBは最多奪三振を記録したダルビッシュの7.67を上回る8.93を記録した。これらの成績が認められ、ダルビッシュとの一騎打ちを僅差で制して沢村賞を初受賞、他にもベストナインにも選出され、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞も受賞と投手タイトルを総なめにした。一方、シーズンオフの12月14日には仙台市内で自家用車を運転中に自転車と接触事故を起こし、自転車の女性の腰の骨にひびが入る重傷を負わせた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た最優秀防御率

    1月12日、ホリプロよりマネジメント契約を結んだことが明らかにされた。公式戦シーズンは開幕から絶好調で、6月と7月には2か月連続で月間MVPを受賞、8月7日の日ハム戦を迎えるまでの開幕から16試合連続で6回以上を投球して3失点以内に抑える安定感を披露。8月27日のソフトバンク戦では野田浩司に次ぐ歴代2位の1試合18奪三振を記録。9月10日の日ハム戦では、2006年夏の甲子園の決勝以来となる斎藤佑樹との投げ合いが実現し、前売り券のみで売切れてしまうほどの大きな盛り上がりを見せ、結果は1失点完投勝利を収めた田中に軍配が上がった。この試合は「ジョージア魂」賞の年間大賞に選ばれている。シーズン前半は10回無失点ながら勝ちが付かないなど、中々打線の援護に恵まれなかったが後半に勝ちを伸ばし、最終的に19勝5敗の好成績を挙げた。前述の6、7月の他に10月も月間MVPを受賞し、リーグ史上初となる年間3度の月間MVP受賞を果たした。投球回は初の200イニング超えの226回1/3イニング、年々減っていた奪三振は241とイニング数を超える数を記録。中でも特筆なのが防御率で1.27を記録。これはパ・リーグのシーズン記録では稲尾和久が1956年に記録した1.06に次ぐ歴代2位、2リーグ制以降では歴代5位の記録である。この年は最多勝利(D.J.ホールトンと同数)、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封(6試合、ダルビッシュと同数)の4冠に輝いた。他に両リーグトップの完投(14試合、ただし1試合10イニングを投げた試合が2試合あるがいずれも試合に決着が付かなかったため完投ならず)、無四球試合(5試合)も記録。四球の数も減り、過去最多のイニングを投げながら四球は僅か27と過去最少で、パ・リーグの規定投球回に到達した投手の中では3番目に少なくBB/9は1.07、K/BBは最多奪三振を記録したダルビッシュの7.67を上回る8.93を記録した。これらの成績が認められ、ダルビッシュとの一騎打ちを僅差で制して沢村賞を初受賞、他にもベストナインにも選出され、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞も受賞と投手タイトルを総なめにした。一方、シーズンオフの12月14日には仙台市内で自家用車を運転中に自転車と接触事故を起こし、自転車の女性の腰の骨にひびが入る重傷を負わせた。田中将大 フレッシュアイペディアより)

181件中 81 - 90件表示

「田中将大」のニューストピックワード