前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示
  • 長野県

    長野県から見た田中康夫田中康夫

    2000年(平成12年)10月26日 - 田中康夫が県知事に当選。長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 浅田彰

    浅田彰から見た田中康夫田中康夫

    田中康夫)『憂国呆談』(幻冬舎, 1999年)浅田彰 フレッシュアイペディアより)

  • 越境合併

    越境合併から見た田中康夫田中康夫

    平成の大合併における越境合併の例として2005年2月13日付けで長野県木曽郡山口村が岐阜県中津川市に編入されたが、この合併でも長野県知事・田中康夫が強硬に反対して関連議案を県議会に提出せず議員提案によってようやく越境合併が実現した(田中康夫の項の市町村合併の節も参照)。越境合併 フレッシュアイペディアより)

  • 噂の眞相

    噂の眞相から見た田中康夫田中康夫

    田中康夫の東京ペログリ日記 田中康夫の日記(『噂の真相』休刊後は『SPA!』で連載継続後終了)噂の眞相 フレッシュアイペディアより)

  • ダム建設の是非

    ダム建設の是非から見た田中康夫田中康夫

    近年では公共事業見直しの風潮の中、長野県の田中康夫知事(当時)による「脱ダム宣言」を始め川辺川ダム反対運動等、ダム建設反対活動の勢いは衰えていない。特に徳島県那賀郡木頭村(現・那賀町)に建設省四国地方建設局が計画していた「細川内ダム」(那賀川)は、当時の木頭村長・藤田恵を中心に村全体がダム建設反対運動を展開。20年以上掛けて国・県と対峙した結果1996年(平成7年)に事業計画を事実上中止に追い込んだ。これを契機に日本各地のダム事業が相次いで中止となるなど、影響力は大きかった。こうしたダム反対運動が日本の河川行政の不備を指摘したのは事実であり、そうした流れは漫然とした公共事業継続による歳出超過を削減するという観点で第1次小泉内閣の『骨太の方針』における公共事業総点検へと繋がり、100ヶ所以上のダム事業凍結・中止へと結実した。ダム建設の是非 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た田中康夫田中康夫

    斎藤美奈子はプロットの展開を「ロールプレイングゲーム」になぞらえ、「村上春樹をめぐる批評ゲームは『オタク文化』のはしりだった」と評している。さらにしばしば村上龍と対置されることについて「もし龍か春樹のどちらかが『村上』じゃなかったらどうだったのか」「村上春樹が村上春子という女性作家だったらどうなるのか」「村上龍と対比されるべき対象は、村上春樹ではなく、田中康夫であってもよかった」とも述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 脱・記者クラブ宣言

    脱・記者クラブ宣言から見た田中康夫田中康夫

    脱・記者クラブ宣言(だつ・きしゃクラブせんげん)とは、2001年5月15日に長野県知事の田中康夫が行った、記者クラブに対する特別優遇の撤廃宣言である。記者クラブから記者室と記者会見の主催権を取り上げた。脱・記者クラブ宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 浅川 (長野県)

    浅川 (長野県)から見た田中康夫田中康夫

    北信五岳の一つ、飯縄山(飯綱山=標高1,917m)に源を発する上浅川は、長野市中曽根付近で北浅川と名を変え、浅川ループラインほぼに沿って下っていく。田中康夫元長野県知事の「脱ダム宣言」で注目を集めた浅川ダムは、この北浅川の同市浅川一ノ瀬地籍に建設が計画されている。南浅川は同市門沢の戸隠バードライン付近から地附山・城山の北側を経て、同市真光寺の真光寺ループ橋付近で北浅川と合流し、浅川として南東へ流れていく。浅川 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 坪内祐三

    坪内祐三から見た田中康夫田中康夫

    田中康夫『ペログリ日記'94?'95 震災ボランティア篇』(幻冬舎文庫、1997・06)坪内祐三 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲澤正一

    鷲澤正一から見た田中康夫田中康夫

    2001年11月、長野市長選挙に出馬し、初当選を果たした。2002年6月、信越放送取締役に就任。2003年、田中康夫長野県知事が住民票を長野市から南信地方の泰阜村に移した際、これに反発して田中を相手に訴訟を起こす。裁判では田中知事が敗訴し、田中は両親の実家のある軽井沢町へ住民票を移した。2005年に再選。鷲澤正一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示

「田中康夫」のニューストピックワード