272件中 91 - 100件表示
  • 地附山

    地附山から見た田中康夫田中康夫

    地すべりにより、斜面にあった戸隠バードラインは寸断(以降、復旧は断念された)。老人ホーム「松寿荘」の一部建物が押しつぶされ、多数の死者を出した。戸隠有料道路の建設と地滑り発生の因果関係は、1997年(平成9年)6月に長野地方裁判所は「県が戸隠有料道路の管理の瑕疵(かし)が地すべりの原因になった」という判決を下している。なお、田中康夫長野県知事(当時)により建設計画が中止され、その後再び計画が進められている浅川ダムは、同じ地附山の北東側に位置し、地滑りの懸念が建設反対派の根拠のひとつになっている。地附山 フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 柴田恭兵

    GOLDEN☆BEST 柴田恭兵から見た田中康夫田中康夫

    作詞: 田中康夫、作曲: 近田春夫、編曲: 飛澤宏元 GOLDEN☆BEST 柴田恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・フェスティバ

    フォード・フェスティバから見た田中康夫田中康夫

    尾崎亜美の音楽とともに田中康夫がフェスティバのPVに起用され、キャンバストップを自分の言葉で語るなど、宣伝にも力が入れられ、オートラマオリジナルブランドの車両として、そのイメージを牽引する役目を担っていた。フォード・フェスティバ フレッシュアイペディアより)

  • 結城豊弘

    結城豊弘から見た田中康夫田中康夫

    鳥取県境港市出身。駒澤大学法学部法律学科卒業後の1986年に、アナウンサーとして入社。「2時のワイドショー」「週刊トラトラタイガース」などを担当。1995年、アナウンサーから東京制作部に異動し「ザ・ワイド」の担当となる。同番組では「神戸連続児童殺傷事件」(1997年)や「和歌山毒物カレー事件」(1998年)を取材した他、政治経済デスクとして「石原慎太郎東京都知事誕生」(1999年)や「田中康夫長野県知事誕生」(2000年)「小泉政治」(2001年)などを担当した。結城豊弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大戸川ダム

    大戸川ダムから見た田中康夫田中康夫

    この答申についてダム反対派は歓迎の意向を示し、流域に全く利害関係の無い田中康夫・長野県知事も「淀川流域でも脱ダムすべきだ」として答申を支持した。ところが肝心の地元・滋賀県や大津市がこの答申に対し「流域住民の安全を無視した答申」として激しく反発、ダム建設に伴い移転した住民も「自分たちの犠牲が報われない」として不満を示した。特に滋賀県は県道付け替えを進めており、ダム建設中止の際には工事費の補償を求める等強硬に建設中止に反対した。大戸川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 久万俊二郎

    久万俊二郎から見た田中康夫田中康夫

    1999年にヤクルト監督を勇退したばかりの野村克也を監督として招聘し、3年連続セ・リーグ(吉田義男監督時代の1998年を含めると4年連続)最下位になっても続投を発表したものの、夫人の脱税発覚・逮捕で野村が辞任。また、田中康夫らが週刊誌で「阪神を3年連続最下位にして野村さんを続投を決めた久万さんもオーナーを辞めるべし」と厳しく批判した。野村の後任として中日監督を辞任したばかりの星野仙一を招聘した。星野はこの際、「(低迷は)すべてあなたの責任」と久万に経営体質の抜本的改善を迫り(もっとも、野村も同様の指摘をしている)、これを就任の第一条件にしたと後に著書で回顧している(結果として、タイガースは2003年にリーグ優勝を果たした)。久万俊二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田文和

    吉田文和から見た田中康夫田中康夫

    田中康夫・佐和隆光・山口二郎)『市民がつくる公共事業』(岩波ブックレット 2003年)吉田文和 フレッシュアイペディアより)

  • 中止したダム事業

    中止したダム事業から見た田中康夫田中康夫

    「脱ダム宣言」とは、小説家で当時長野県知事であった田中康夫が、知事在任時の2001年(平成13年)12月20日に長野県議会において宣言した政策である。中止したダム事業 フレッシュアイペディアより)

  • 沼田ダム計画

    沼田ダム計画から見た田中康夫田中康夫

    こうして大貯水池を擁するダムとなったが、「岩本ダム計画」では他のダムと異なる洪水調節方法を採用した。それは普段は貯水をせず、洪水時にのみ水門を閉じて洪水を貯水する洪水調節方式である。現在益田川ダム(益田川)などで採用されている「穴あきダム」方式であり、田中康夫前長野県知事が「脱ダム宣言」時に代替案として提唱した「河道内遊水地」と同様の方式であった。この計画を以って1953年(昭和28年)8月に正式な事業として建設省より発表されたが、後述する反対運動や利根川の治水計画が変遷することなどにより、ダム計画は一旦足踏み状態となった。沼田ダム計画 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山康幸

    丸山康幸から見た田中康夫田中康夫

    2003年2月、田中康夫・長野県知事のもとで、長野県任期付き職員として長野県産業活性化・雇用創出推進室長(部長級)に就任。長野県には親戚が住んでいたため愛着があり、また田中知事の理念に共感を覚え、それが転身の理由であると述べた。2003年4月長野県商工部産業活性化・雇用創出推進局長に就任。産業活性化策の策定や、雇用創出プランの実行を行った。2004年6月からは長野県財政改革検討会座長も兼務し、県の全ての事業の洗い直しを行った。2004年12月31日付で長野県を退職。丸山康幸 フレッシュアイペディアより)

272件中 91 - 100件表示

「田中康夫」のニューストピックワード