293件中 11 - 20件表示
  • 2006年の政治

    2006年の政治から見た田中康夫田中康夫

    8月6日 - 長野県知事選挙で、元自民党議員で国家公安委員長だった村井仁が、3期目を目指した田中康夫を破り当選。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 泉麻人

    泉麻人から見た田中康夫田中康夫

    1984年7月に退社してフリーランスとなる。同年10月、作家・田中康夫との共著で『大学・解体新書』を刊行。また同年秋から週刊文春に、1994年(平成6年)までの長期連載となる『ナウのしくみ』(イラスト:渡辺和博)の連載を開始した。1985年にシリーズの最初の1冊が刊行され、単独単行本のデビュー。初期の泉を代表する仕事となり、毎年1冊ずつ10冊の単行本が刊行された(のち、2冊の文庫本にまとめられた)。泉麻人 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省直轄ダム

    国土交通省直轄ダムから見た田中康夫田中康夫

    信濃川水系では1964年に構想が発表され1985年(昭和60年)に予備調査が開始された信濃川本流の千曲川上流ダム計画と、1974年(昭和49年)3月の信濃川水系工事実施基本計画で三国川、大町ダムと共に計画され1984年(昭和59年)に事業が着手された清津川ダム計画(清津川)がある。両ダムとも大規模な特定多目的ダムであり、仮に完成すれば千曲川上流ダムは長野県最大、清津川ダムは新潟県最大の多目的ダムとなる。しかし千曲川上流ダムでは南佐久郡南牧村主要部と川上村で250戸が水没し、さらにJR小海線や国道141号が水没するなど地域に大打撃を与えるとして両村が反対、参議院に請願書を提出するなど抵抗した。また清津川ダムも南魚沼郡湯沢町などで110戸が水没、さらに上信越高原国立公園・名勝・国の天然記念物に指定されている清津峡が水没することで強い反対が起こり、当時の中魚沼郡中里村(現在の十日町市)議会も反対に回るなど流域間で対立を招いた。最終的に千曲川上流ダム・清津川ダムは両方共2002年(平成14年)に事業中止が決定する。しかしダム建設に反対していた地元住民は中止後の生活再建に対し国のみならず、ダム事業に反対していた政党や市民団体、旧中里村が何ら手を差し伸べないことを批判している。治水目的のダムは千曲川上流・清津川に限らず信濃川水系では田中康夫長野県知事(当時)による「脱ダム宣言」以降多くのダムが中止された。しかし平成16年7月新潟・福島豪雨(2004年)や平成23年7月新潟・福島豪雨(2011年)など信濃川水系は水害による被害を受け続けており、治水事業は途上である。また平成18年7月豪雨では大町ダムと犀川流域の発電用5ダム(奈川渡、水殿、稲核、高瀬、七倉)の連携洪水調節で、犀川の氾濫が抑制されている。国土交通省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤栄佐久

    佐藤栄佐久から見た田中康夫田中康夫

    2001年、「合併しない宣言」を出した福島県矢祭町に感銘を受け、福島県は市町村合併を強制せず、合併する・しないにかかわらず市町村に対しては支援を行っていく考えを表明。なお佐藤栄佐久以外に、「合併しない市町村も支援する」立場を明言した知事には、田中康夫がいる。しかし田中の落選、佐藤の辞職により、合併しない市町村も支援する立場を明確に掲げる知事はいなくなった。佐藤栄佐久 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た田中康夫田中康夫

    2005年の郵政国会では、参議院で率先して郵政民営化法案への反対を主張し、8月8日の参議院本会議における採決では反対票を投じる。8月21日、長野県知事だった田中康夫を党代表に据えて結党した新党日本に参加し、党幹事長に就任。10月、自民党から除名処分を受ける。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た田中康夫田中康夫

    住基ネットは既存のインターネットと同一の技術で構成されていながらも、かなりの精度で孤立したネットワークとなっているが、導入に前後して思想・信条の枠を超えてセキュリティやプライバシーの不安が取りざたされた。長野県はネットワークへの侵入実験を実施し、田中康夫知事(当時)は侵入可能であると公表した。実際には住基ネット内部に侵入することはできず、住基ネットに接続された庁舎内ネットワークに侵入したに過ぎなかったことが後日発表された資料により明らかとなった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 浅川 (長野県)

    浅川 (長野県)から見た田中康夫田中康夫

    北信五岳の一つ、飯縄山(飯綱山=標高1,917m)に源を発する上浅川は、長野市中曽根付近で北浅川と名を変え、浅川ループラインほぼに沿って下っていく。田中康夫元長野県知事の「脱ダム宣言」で注目を集めた浅川ダムは、この北浅川の同市浅川一ノ瀬地籍にある。南浅川は同市門沢の戸隠バードライン付近から地附山・城山の北側を経て、同市真光寺の真光寺ループ橋付近で北浅川と合流し、浅川として南東へ流れていく。浅川 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 記者クラブ

    記者クラブから見た田中康夫田中康夫

    2001年、長野県が田中康夫知事(当時)のもと、脱・記者クラブ宣言を行い特権廃止の動きは県レベルまで拡大した。記者クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た田中康夫田中康夫

    代表=田中康夫、副代表=有田芳生、総務局長=平山誠第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 冬柴鐵三

    冬柴鐵三から見た田中康夫田中康夫

    2009年の第45回衆議院議員総選挙にて元長野県知事の田中康夫に敗れて落選する。以降も引き続き公明党の常任顧問を務めた。2011年11月上旬には、高齢により政界を引退すると報道されたが、11月24日にはこれを撤回。次期衆院選へ比例区で出馬することとなり、政界復帰に向けた準備を始めた矢先の12月5日午前8時3分、兵庫県尼崎市内の病院で急性肺炎のため死去した。冬柴鐵三 フレッシュアイペディアより)

293件中 11 - 20件表示