272件中 21 - 30件表示
  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た田中康夫田中康夫

    住基ネットは既存のインターネットと同一の技術で構成されていながらも、かなりの精度で孤立したネットワークとなっているが、導入に前後して思想・信条の枠を超えてセキュリティやプライバシーの不安が取りざたされた。長野県はネットワークへの侵入実験を実施し、田中康夫知事(当時)は侵入可能であると公表した。実際には住基ネット内部に侵入することはできず、住基ネットに接続された庁舎内ネットワークに侵入したに過ぎなかったことが後日発表された資料により明らかとなった。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 孫崎享

    孫崎享から見た田中康夫田中康夫

    まず「米国でも‘リアンクール島’(独島の米国名称)が韓国の領土となっていることを知る日本人は少ない」と述べ、2012年10月20日放送の「朝まで生テレビ」では「カイロ宣言によれば日本の領土は本州四国九州北海道に局限される」、「カイロ宣言に『日本国ガ清国人ヨリ盗取シタル一切ノ地域ヲ中華民国ニ返還スルコト』とも書かれており『尖閣は盗取している』」と発言した。2012年10月28日には韓国の朝鮮日報が孫崎の著書をとりあげ、「日本の指導層がまず読むべき本」であるとした。この著書で指摘されている「米国地名委員会(BGN)が竹島の所属を韓国としている」という点については、孫崎と関係の深い田中康夫の国会質問を、孫崎が賞賛。一方で田中康夫も孫崎を畏友と呼び、かねてより絶賛している。孫崎享 フレッシュアイペディアより)

  • 西田昌司

    西田昌司から見た田中康夫田中康夫

    田中康夫は西田を「畏友」と呼び、西田は田中の冠番組である日本BS放送『田中康夫のにっぽんサイコー!』にたびたび出演している。西田昌司 フレッシュアイペディアより)

  • 文藝賞

    文藝賞から見た田中康夫田中康夫

    第17回 (1980年) 青山健司 「囚人のうた」・田中康夫 「なんとなく、クリスタル」・中平まみ 「ストレイ・シープ」文藝賞 フレッシュアイペディアより)

  • 川田龍平

    川田龍平から見た田中康夫田中康夫

    立候補表明の会見では、新党日本の田中康夫代表から出馬要請があり、「将来的には田中さんと一緒にやりたい」と述べるなど同党との協力を示唆した。参議院選挙の際には、多くのボランティアが参加した。公示日の7月12日には約1000人のボランティアが都内約14,000箇所の掲示板のポスター貼りを手伝ったほか、7月22日の新宿での集会では支援団体やボランティア支援者を中心に約800人以上を、7月28日(選挙戦最終日)の渋谷での集会には約1000人以上を集め、著名人らも応援に駆けつけた。683,629票を得て初当選。参議院環境委員会に所属したのち、現在は厚生労働委員会に所属。川田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松本市

    松本市から見た田中康夫田中康夫

    元長野県知事の田中康夫は、「長野県」ではなく「信州」と呼称するが、長野県より信州の方がイメージが良い為としている。松本市 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た田中康夫田中康夫

    村井仁長野県知事、田中康夫前知事の「脱ダム宣言」方針を転換、2008年度から前知事が中止した浅川上流などのダム建設を再開することを発表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省直轄ダム

    国土交通省直轄ダムから見た田中康夫田中康夫

    信濃川水系では1964年に構想が発表され1985年(昭和60年)に予備調査が開始された信濃川本流の千曲川上流ダム計画と、1974年(昭和49年)3月の信濃川水系工事実施基本計画で三国川、大町ダムと共に計画され1984年(昭和59年)に事業が着手された清津川ダム計画(清津川)がある。両ダムとも大規模な特定多目的ダムであり、仮に完成すれば千曲川上流ダムは長野県最大、清津川ダムは新潟県最大の多目的ダムとなる。しかし千曲川上流ダムでは南佐久郡南牧村主要部と川上村で250戸が水没し、さらにJR小海線や国道141号が水没するなど地域に大打撃を与えるとして両村が反対、参議院に請願書を提出するなど抵抗した。また清津川ダムも南魚沼郡湯沢町などで110戸が水没、さらに上信越高原国立公園・名勝・国の天然記念物に指定されている清津峡が水没することで強い反対が起こり、当時の中魚沼郡中里村(現在の十日町市)議会も反対に回るなど流域間で対立を招いた。最終的に千曲川上流ダム・清津川ダムは両方共2002年(平成14年)に事業中止が決定する。しかしダム建設に反対していた地元住民は中止後の生活再建に対し国のみならず、ダム事業に反対していた政党や市民団体、旧中里村が何ら手を差し伸べないことを批判している。治水目的のダムは千曲川上流・清津川に限らず信濃川水系では田中康夫長野県知事(当時)による「脱ダム宣言」以降多くのダムが中止された。しかし平成16年7月新潟・福島豪雨(2004年)や平成23年7月新潟・福島豪雨(2011年)など信濃川水系は水害による被害を受け続けており、治水事業は途上である。また平成18年7月豪雨では大町ダムと犀川流域の発電用5ダム(奈川渡、水殿、稲核、高瀬、七倉)の連携洪水調節で、犀川の氾濫が抑制されている。国土交通省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 日本の右翼思想・左翼思想

    日本の右翼思想・左翼思想から見た田中康夫田中康夫

    福祉政策への批判:また社会民主党などが打ち出す福祉政策についても、労働組合が労働貴族化しているとか、積極的差別是正措置が行き過ぎているという主張、差別をダシにした利権を生み出しているという主張が出てきている。この主張からは、左翼とされる人物はその甘い汁を吸っている利権団体にすぎず、さらには利権維持のために差別の解消を意図的に妨害していると認識される。これらの批判を行う人物としては、北朝鮮制裁を主張し人権擁護法案に反対している安倍晋三や西村幸祐などが含まれる。ただしこの件については、左翼であるが部落解放同盟と対立関係にある日本共産党、長野県知事田中康夫1、京都市長の桝本頼兼2なども同様の発言をしている。日本の右翼思想・左翼思想 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊本

    週刊本から見た田中康夫田中康夫

    感覚の論理学 - 田中康夫(ISBN 9784255840314)週刊本 フレッシュアイペディアより)

272件中 21 - 30件表示

「田中康夫」のニューストピックワード