272件中 41 - 50件表示
  • 杉原佳尭

    杉原佳尭から見た田中康夫田中康夫

    2000年田中康夫の長野県知事就任にあたり特別秘書に就任。杉原佳尭 フレッシュアイペディアより)

  • 緑のダム

    緑のダムから見た田中康夫田中康夫

    日本は比較的雨が多いために前述の欠点のうち渇水問題はあまり気にされず、人工的なダムと比べた時の利点が目立つことや、長野県知事であった田中康夫の「脱ダム宣言」に代表されるように人工的なダムを見直そうという動きもあって近年注目されつつある手法ではあるが、前述のよう流量のコントロールという点で課題は多い。また、これらの機能を最大限に活かすには健全な森林であることが前提であるが、日本の森林、特に人工林は手入れ不足が深刻である。荒廃といってもいろいろなタイプがあるが、その中でも「緑の砂漠」と呼ばれる土壌が荒廃したタイプの森林では、降雨のたびに土砂が大量に流出するので土砂災害の温床となることもあり得るし、保水性という面でも健全な森林に比べて劣るので緑のダムには不適である。緑のダム フレッシュアイペディアより)

  • 2010年長野県知事選挙

    2010年長野県知事選挙から見た田中康夫田中康夫

    2006年の知事選挙で当選した村井仁知事(第52代)が8月末で任期満了になることに伴う選挙で、7月22日に告示、8月8日に投開票が行われた。村井知事は、今回の知事選挙には出馬せず引退を表明、立候補した3名全員が新人候補であった。村井県政の継承を訴える前副知事の腰原氏と、田中康夫県知事時代に副知事を務めた阿部氏の両氏に、安曇野ちひろ美術館の前館長である松本氏が割って入る展開となった。2010年長野県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 根本良一

    根本良一から見た田中康夫田中康夫

    田中康夫は先生と仰ぐ。根本良一 フレッシュアイペディアより)

  • 杉野正

    杉野正から見た田中康夫田中康夫

    神奈川県川崎市多摩区出身。武相高等学校、神奈川大学経済学部卒業後、ユニ・チャームに入社。その後エイチ・アイ・エス(HIS)在籍時の2002年6月、社長の澤田秀雄が当時の長野県知事田中康夫からしなの鉄道の再建を依頼されたため、澤田の後押しでしなの鉄道社長に就任。不利な契約の解消、コスト削減、増収・「儲ける」事を意識付ける厳しい社員教育を行い、2年間でしなの鉄道を黒字経営にした。杉野正 フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年7月豪雨

    平成18年7月豪雨から見た田中康夫田中康夫

    長野県では、岡谷市を中心とした諏訪地方全体で、死者・行方不明者11名、床上浸水1,043棟を出す被害となった。当時の長野県知事は脱ダム宣言を掲げた田中康夫であり、森林整備を中心とした防災対策(このこと自体は理に適っている)に重点を置き、土砂災害を直接的に抑止する砂防ダムや治山ダム等の予算を大幅に削減していたこと、また、1ヵ月後に知事戦に出馬した村井仁の「災害対策を怠った結果であり、天の戒め」との発言もあったことから、災害自体が田中康夫批判の材料のひとつとなった。結果的に田中康夫は知事選で敗北を喫した。平成18年7月豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • 杉かおり

    杉かおりから見た田中康夫田中康夫

    高校卒業後に事務所へ入り、アルバイト感覚でチラシ写真のモデルなどを務めていたが1983年、転機となる麒麟麦酒「ビヤ樽」のCM『オナゴでてこい編』に出演。このCMは細野晴臣・田中康夫・春風亭小朝の豪華3名が平安時代風のコスプレでコミカルに共演するという話題性の高いものであり、そこに紅一点の「おなご」として出演した杉も一躍注目を集めた。このことから事務所から急遽アイドルとして売り出されることになった。杉かおり フレッシュアイペディアより)

  • 石田治一郎

    石田治一郎から見た田中康夫田中康夫

    早稲田大学教育学部卒業後信濃毎日新聞に入社。1967年退社後石田商事(株)、1972年(株)石田建装を設立。長野青年会議所理事長をへて1979年に長野県議選に初当選、1985年長野市市長選へ立候補(落選)。1995年保守系会派を統合し県政会を結成、議会多数派として県政に影響力を与えた。2000年に藍綬褒章を授与、2001年には第76代長野県議会議長に就任。田中康夫長野県知事と対立し2002年不信任案提出を主導、出直し知事選挙では議会派が敗北し県政会は解散した。2003年自民党長野県連幹事長となり復権、2006年長野県知事選挙では村井仁の擁立を主導、田中康夫を破った。現在現職では最多の当選9回、長野県農業会議会長、長野県日韓親善協会会長など務める。石田治一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松川ダム

    松川ダムから見た田中康夫田中康夫

    1988年(昭和63年)より施工が開始されたが、2000年(平成12年)に田中康夫が長野県知事に就任。「脱ダム宣言」によって計画中で未着工の県営ダム事業のすべてが中止され、松川ダム再開発事業に関しても見直しを言明した。2003年(平成15年)3月、知事は松川ダム再開発事業について、「美和ダムの再開発事業の状況を見極めて、場合によっては(再開発の)一時中断も検討しなければならない」と答弁。既に国土交通省によって進められていた美和ダム再開発事業(排砂バイパストンネル工事)の施工状況などをチェックしながら松川ダムに関しても再検討するとの考えを示した。その後、10月に長野県は松川ダム再開発事業の一時中止を発表したが、この時は3月の時とは異なり「財政的問題が大きい」という理由であった。松川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 戸草ダム

    戸草ダムから見た田中康夫田中康夫

    公共事業見直しの風潮が高まっている昨今、天竜川水系に関してもダム建設の見直しが進んでいる。長野県は当時の長野県知事・田中康夫が「脱ダム宣言」に因って天竜川水系の県営ダム計画を全て中止した。田中知事は戸草ダムについて、当初諏訪地方の精密機械工場への利用を計画していた工業用水事業からの撤退を決めている。また水力発電事業についても一切事業内容の骨子が固まっていない状態であった。こうして1984年の計画発表以来、20年以上工事に着手されない状態が続いていた。戸草ダム フレッシュアイペディアより)

272件中 41 - 50件表示

「田中康夫」のニューストピックワード