272件中 51 - 60件表示
  • 田中良紹

    田中良紹から見た田中康夫田中康夫

    BS11デジタルの田中康夫の番組にっぽんサイコー!にも頻繁に出演している。2009年11月14日よりインターネット「コールイン」番組『政治ホットライン〜あなたの声が届きます』のナビゲーターを務める。田中良紹 フレッシュアイペディアより)

  • 最上小国川ダム

    最上小国川ダムから見た田中康夫田中康夫

    山形県は事業進捗を円滑に図るべく、「最上川水系流域委員会」において有識者と反対派を交えた議論の場を作りダム事業についての意見を求めた。だが死活問題であるダム建設に対峙する最上小国川漁協は委員会の人選について『ダム推進派に圧倒的に偏った人選である』として委員の構成を不正として非難、委員会のメンバーであった組合長が委員会を脱退。以後独自の反対運動を展開した。こうした漁協の必死の抵抗に賛同する環境NGO「ウォーターワッチネットワーク」が2004年(平成16年)、赤倉温泉在住の押切喜作を代表に据えて「最上小国川の真の治水を考える会」を立ち上げた。その運動に、特に全国のダム反対運動に密接に関わり、『脱ダム宣言』で有名な前長野県知事・田中康夫と共に「日米ダム撤去委員会」を立ち上げているアウトドアライター・天野礼子やダム反対側の論客である法政大学教授・五十嵐敬喜などが支援に動き、日本野鳥の会山形県支部も反対運動に参加している。彼らは2003年(平成15年)に「脱ダムネット山形」を結成し、綱木川ダム(綱木川)や長井ダム(置賜野川)などを含め組織的なダム反対運動を展開している。反対派からの疑問は、反対派を支援するつり人社が発行する『渓流』2006年7月号に特集として掲載され、それに対して山形県が反論をサイトに発表するという事もあった。最上小国川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 有賀正

    有賀正から見た田中康夫田中康夫

    特に、公約であった老朽化した市民会館の取り壊し・市民芸術館の建設に際して、競争入札の不透明さや使い勝手の良い市民会館から用途が限定されるオペラ劇場への転換、145億円(松本市の負担額は55%)もの建設費を投じることから反対運動が起こった。また、「中南信地域の代表者」を自称し、ことあるごとに県(特に当時の知事、田中康夫に対して)と衝突することがあった。有賀正 フレッシュアイペディアより)

  • 中平まみ

    中平まみから見た田中康夫田中康夫

    テレビ朝日のニュースセブンのアシスタントを経て、1980年「ストレイ・シープ」で田中康夫とともに文藝賞を受賞して話題となり、作家デビューする。中平まみ フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬達哉

    岩瀬達哉から見た田中康夫田中康夫

    2004年、『年金大崩壊』で講談社ノンフィクション賞受賞。また同年、時の長野県知事田中康夫の下で「長野県」調査委員会の委員となる。岩瀬達哉 フレッシュアイペディアより)

  • 雛見沢村

    雛見沢村から見た田中康夫田中康夫

    作中に登場する「松本」のモデルとされる長野県松本市は安曇3ダム(奈川渡(ながわど)ダム、水殿(みどの)ダム、稲核(いねこき)ダムの総称)を始めとしてダムが非常に多い。前長野県知事田中康夫が「脱ダム宣言」を実行したため、全国でも広く認知されるようになった。雛見沢村 フレッシュアイペディアより)

  • 全国医師連盟

    全国医師連盟から見た田中康夫田中康夫

    決起集会、設立集会(第1回総会)、第2回集会、第3回集会で本田宏、小松秀樹、上昌広、田中康夫、勝谷誠彦、伊関友伸 各氏が挨拶・発言・講演を行っている。全国医師連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 生坂ダム殺人事件

    生坂ダム殺人事件から見た田中康夫田中康夫

    長野県公安委員だった河野義行(松本サリン事件で無実ながら警察とマスメディアから犯人視された人物)は、長野県警がこの事件を他殺と断定できなかったのはやむをえないとして擁護する意見を出していたが、河野が長野県警糾弾の先鋒になることを期待した田中康夫県知事と対立することになったため、更迭された。生坂ダム殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 二木啓孝

    二木啓孝から見た田中康夫田中康夫

    作家で前長野県知事の田中康夫、「コリア・レポート」編集長の辺真一、タレントの愛川欽也などと交友関係がある。また、2004年5月27日にイラクで武装勢力に暗殺されたジャーナリスト橋田信介は、死の直前、二木にメールを送っている。二木啓孝 フレッシュアイペディアより)

  • ビックリハウス

    ビックリハウスから見た田中康夫田中康夫

    なお、1982年には、ラジオのニッポン放送で「ライブ珍芸・自慢芸」なるシロウト芸を流した。高橋章子編集長は田中康夫とデュエットし、「音版ビックリハウス」の中に収録された。このイベントでいとうせいこうが独特の話術でグランプリを獲得しその後ニッポン放送の「ヤングパラダイス」でレギュラータレントとしてデビューした。ビックリハウス フレッシュアイペディアより)

272件中 51 - 60件表示

「田中康夫」のニューストピックワード