272件中 61 - 70件表示
  • 連合・五党協議会

    連合・五党協議会から見た田中康夫田中康夫

    政党連合として神戸空港推進を強力に活動し、震災の後遺症に苦しむ市民の多くから反対を浴びた。この時、反対派の市民団体を率いていた人物の一人が田中康夫である。連合・五党協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た田中康夫田中康夫

    政策をまったく異にする候補者がひと括りにされることも多い(例えば、川田悦子と江田憲司、橋本大二郎・田中康夫と東国原英夫・石原慎太郎・中田宏など)。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • なんとなく、クリスタル

    なんとなく、クリスタルから見た田中康夫田中康夫

    『なんとなく、クリスタル』は、田中康夫が1980年に発表した小説である。略称は「なんクリ」。1980年の第17回文藝賞受賞作品。1981年に第84回芥川賞の候補になった。なんとなく、クリスタル フレッシュアイペディアより)

  • 團紀彦

    團紀彦から見た田中康夫田中康夫

    愛知万博の計画では初期の会場構想にかかわり、海上の森の保全をめぐっては環境保全を重視して新住事業など旧来の開発手法を厳しく批判した。この論争では後に長野県知事となる作家・田中康夫から取材を受けたのが縁で、同県で制定された「マスターアーキテクト」に指名されることとなった。團紀彦 フレッシュアイペディアより)

  • プレスリリース

    プレスリリースから見た田中康夫田中康夫

    2003年7月18日、長野県庁の表現道場(当時長野県知事だった田中康夫の脱記者クラブ宣言によって記者クラブがフリー記者にも開放されていた)で行われた県知事記者会見におたく評論家の宅八郎が参加し、田中康夫が過去に雑誌で連載していた内容について謝罪をするように執拗に要求し、田中がこれを拒否すると宅が怒鳴り声を上げながら激しく抗議するなど場内は異様な雰囲気に包まれた。この一部始終はテレビや雑誌などのメディアでも取り上げられ話題になった。因みに、この時宅はフリーランスとして会見に参加していた。プレスリリース フレッシュアイペディアより)

  • 小仁熊ダム

    小仁熊ダムから見た田中康夫田中康夫

    2000年(平成12年)10月26日に長野県知事に田中康夫が就任し、多くのダムを始めとする公共事業の凍結・見直しが行われたが、小仁熊ダムはその本体工事着手が1998年であったことから、脱ダム宣言後も順調に建設工事が続けられた。小仁熊ダム フレッシュアイペディアより)

  • 戸隠バードライン

    戸隠バードラインから見た田中康夫田中康夫

    なお、地附山地すべり災害に関して、これに巻き込まれ亡くなった遺族が起こした裁判で、1997年6月、長野地方裁判所は「戸隠有料道路の管理の瑕疵(かし)が地すべりの原因になった」という判決を下した。そして災害から20年にあたる2005年7月、田中康夫長野県知事(当時)は、県と市に責任があったことを認め、謝罪した。戸隠バードライン フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た田中康夫田中康夫

    地方自治体の動きも、深刻な財政難で計画を中止するダム事業が相次いだが、2001年に当時の田中康夫長野県知事が発表した「脱ダム宣言」は大きな影響を各方面にもたらした。治水・利水において新規ダム建設は不要であるとし、強硬的な姿勢をもって計画中の長野県営ダム事業を全て中止し、電力会社が計画していたダム建設にも否定的な姿勢を見せた。2008年(平成20年)には川辺川ダムについて地元熊本県と人吉市、相良村が「建設反対」に方針を転換。これをうけ国土交通省はダム建設中止を含めた計画の見直しに迫られた。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • サタデープログラム

    サタデープログラムから見た田中康夫田中康夫

    田中康夫(新党日本代表)サタデープログラム フレッシュアイペディアより)

  • 田口賢司

    田口賢司から見た田中康夫田中康夫

    同志社大学文学部・哲学及倫理学専攻卒業。テレビマンユニオン第8期メンバーとして、田中康夫を起用したFM番組、浅田彰を起用しての実験的な深夜テレビ番組などを制作する一方、中森明夫・野々村文宏らとともに「新人類」というくくりで1980年代初頭の注目を浴びる。3人の共著『卒業 Kyon2に向かって』(朝日出版社)は当時話題となった。 田口賢司 フレッシュアイペディアより)

272件中 61 - 70件表示

「田中康夫」のニューストピックワード