293件中 71 - 80件表示
  • 小仁熊ダム

    小仁熊ダムから見た田中康夫田中康夫

    2000年(平成12年)10月26日に長野県知事に田中康夫が就任し、多くのダムを始めとする公共事業の凍結・見直しが行われたが、小仁熊ダムはその本体工事着手が1998年であったことから、脱ダム宣言後も順調に建設工事が続けられた。小仁熊ダム フレッシュアイペディアより)

  • 茅野実

    茅野実から見た田中康夫田中康夫

    茅野の存在は、2000年の長野県知事選で全国にその名を知られるようになる。同年8月上旬、仁科恵敏・長野商工会議所会頭、平野稔・平安堂会長らとともに長野市内で初めて田中康夫と対面し、「長野県を変えてくれる人」と立候補を強く要請し、田中擁立の立役者となった。県知事選では、節目節目で集会に顔を見せるなど、田中陣営の「アンカー」ともいえる存在で、官民の様々な組織を固める前任知事の後継者である対立陣営の動きに対し、「自由にものが言えない状況は民主主義ではない」と発言、さらに銀行内外からの批判も「あくまで一個人としての支援」と意に介さず、田中の長野県知事初当選時には「民主主義の目覚まし時計」と絶賛した。しかし、田中知事就任後は「しばらくは見守る」としていたが、田中の「脱ダム宣言」については「電子メールで県民の意見を聴いているというが、聴く範囲が狭すぎ、民主主義とは言えない」などと批判するコメントを週刊誌に出すなど、徐々に軋轢が生じるようになる。2002年の出直し知事選では支援を継続したものの、後の、居住区をめぐる田中自身の住民票問題や山口村の岐阜県への越県合併を認めないとする対応などを巡り対立、2005年3月には、田中の後援会を退会し袂を分かつことになる。その後、2006年の長野県知事選の直前には地元紙・信濃毎日新聞に田中を批判する意見広告を出し、さらには同選挙では対立候補である村井仁を支援した。長野県の政財界に大きな影響力を持つ茅野の離反は、2006年の知事選で田中が落選する遠因となった。茅野実 フレッシュアイペディアより)

  • 充て職

    充て職から見た田中康夫田中康夫

    首長の充て職は、その性格から言って、本来、首長の交代と同時に交代されるものである。ところが、2006年に田中康夫・前長野県知事が知事の任期は切れたにもかかわらず、慣例等に基づいて知事の職にある者が就任していた県の外郭団体の長などの「あて職」を辞任せずその職に居座るという事例が起きた。規則等に基づいて首長を長に充てている団体の中には、このような混乱を避けるため、規則に「あて職は(首長の)在任期間を任期とする」等のただし書を設けているケースもある。充て職 フレッシュアイペディアより)

  • 生坂ダム殺人事件

    生坂ダム殺人事件から見た田中康夫田中康夫

    長野県公安委員だった河野義行(松本サリン事件で無実ながら警察とマスメディアから犯人視された人物)は、長野県警がこの事件を他殺と断定できなかったのはやむをえないとして擁護する意見を出していたが、河野が長野県警糾弾の先鋒になることを期待した田中康夫県知事と対立することになったため、更迭された。生坂ダム殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 神坂村

    神坂村から見た田中康夫田中康夫

    47年後の2005年2月13日になって、山口村が岐阜県中津川市に越県合併された。その際田中康夫長野県知事は当初「村の行方は住民が決めること」と静観していたが、後に反対に回った。長野県議会は当初反対し、それが知事にも影響したが、最終的に賛成に回った。これは騒動が長野県議会の反対から村を二分する騒動に発展し(当時の)子供達につらい思いをさせていたことが禍根になっていたことが考えられる。神坂村 フレッシュアイペディアより)

  • 体験ラジオAチャンネル

    体験ラジオAチャンネルから見た田中康夫田中康夫

    木曜日:山本晋也、田中康夫(6月まで) → 竹中直人(7月から)体験ラジオAチャンネル フレッシュアイペディアより)

  • 戸隠バードライン

    戸隠バードラインから見た田中康夫田中康夫

    なお、地附山地すべり災害に関して、これに巻き込まれ亡くなった遺族が起こした裁判で、1997年6月、長野地方裁判所は「戸隠有料道路の管理の瑕疵(かし)が地すべりの原因になった」という判決を下した。そして災害から20年にあたる2005年7月、田中康夫長野県知事(当時)は、県と市に責任があったことを認め、謝罪した。戸隠バードライン フレッシュアイペディアより)

  • 青山丘

    青山丘から見た田中康夫田中康夫

    2005年7月5日の郵政民営化法案の衆議院本会議採決で反対票を投じた。同8月21日自由民主党を離党し、田中康夫を代表とする新党日本立党記者会見に参加、副代表に就任する。同9月11日、第44回衆議院議員総選挙に比例東海ブロックより出馬するが、あと一歩届かず落選。青山丘 フレッシュアイペディアより)

  • 石曽根新八

    石曽根新八から見た田中康夫田中康夫

    2006年(平成18年)、当時の長野県知事田中康夫は県議会の議案説明で、同病院で小児高度専門医療だけでなく一般的な小児科、石曽根新八 フレッシュアイペディアより)

  • 若者たちの神々

    若者たちの神々から見た田中康夫田中康夫

    田中康夫【小説家・エッセイスト】1956年東京生まれ。若者たちの神々 フレッシュアイペディアより)

293件中 71 - 80件表示