378件中 91 - 100件表示
  • 田中康夫

    田中康夫から見た江藤淳

    『なんとなく、クリスタル』の脚注に対しての「作者の批評精神あらわれ」(江藤淳)との評をはじめ「現代における“古典”といった趣き」(川村湊)、「80年代以降の都市風俗に取材した稀有な記録文学の書き手」(斎藤美奈子)、「近代文学における保守本流の批判的継承者」(佐藤清文)などの肯定的な評価もあるが、大半の文芸評論家や文学界の人間からは否定的に評価されるか、黙殺されるかであった。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た柄谷行人

    1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。こうした声明には、田中は元来否定的だったが、声明文を「我々は」や「私たちは」ではなく「私は」とし、個人の連帯とすることで参加した。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た竹内宏

    『街は無限に変容する 臨床経済学講義』竹内宏対談 朝日出版社Lecture books 1986田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た中野洋昌

    しかし第46回衆議院議員総選挙に際しては、民主党は室井秀子を対抗馬として擁立することを決定した。なお、公明党は死去した冬柴の後継として、中野洋昌を擁立した。12月16日投開票の結果、田中は中野に敗れ落選した。新党日本の唯一の候補である田中の落選で衆議院所属議員もゼロとなり、新党日本は政党助成法上の政党要件も失った。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た河野義行

    2002年に長野県公安委員会の委員に松本サリン事件被害者の河野義行を登用した。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た井上寿一

    1976年4月、一橋大学法学部入学。しばしば田中は著書内で法学部出身であることを表す際に「方角を間違えて阿呆学部に入った僕は…」との表現を用いる。法学部後期には国際政治学の細谷千博教授のゼミナールに所属。政治学者の井上寿一・学習院大学学長はゼミの同期で、BS11「田中康夫のにっぽんサイコー!」にしばしば出演する。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たベニート・ムッソリーニ

    就任直後の各新聞社の調査では軒並み高支持率であり、特に信濃毎日新聞の2000年12月の調査では91.3%を記録した。こうした状況に田中は『愛の大目玉』にて「思考停止に陥っており、ファシズムの様相を呈している」「ヒトラーの再来」と表現での報道を「自分は体型的にはムッソリーニだしどちらかと言えばその方が好きだ」と返していた。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た吉田總一郎

    連合の組織的な支援に加え、幅広い支持を受け初当選を果たし、2000年10月26日に長野県知事に就任する(なお疑惑の中心人物として名が挙がっていた「ミスターナガノ」こと吉田總一郎は、その後田中康夫の後援会「しなやか会」の幹部となった)。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た吉村午良

    田中の出馬表明時には現職知事吉村午良の後継と目されていた前副知事が日本共産党以外の県議会議員や農業協同組合や建設業団体など多くの業界団体の支持を得ていて当選確実だと言われていたが、田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たモニカ・ルインスキー

    一方、ビル・クリントン政権については、好意的な見方をすることが多く、モニカ・ルインスキーとのスキャンダル時にも擁護的な意見を述べていた。また、政権下で副大統領を務めたアル・ゴアについても評価しており、ベネズエラのウゴ・チャベス反米左派政権の自立路線を賞賛している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

378件中 91 - 100件表示

「田中康夫」のニューストピックワード