378件中 21 - 30件表示
  • 田中康夫

    田中康夫から見た竹中平蔵

    小泉純一郎と竹中平蔵の打ち出したアメリカ的な経済政策を導入する新自由主義経済路線を弱肉強食だと強く批判し、ある程度の経済格差は認めつつも最下層の幸せを確保する最小不幸社会を主張している。小泉の路線と自らの改革とは、車座集会とタウンミーティングその他や就任当時の高支持率など類似性が多いと『サンデープロジェクト』など政治番組で問われた場面もあったが、その際には小泉路線はまやかしであると答えた。その後も小泉路線を「なんちゃって小泉・竹中へなちょこ構造改革」と表現している。なお田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たビル・クリントン

    一方、ビル・クリントン政権については、好意的な見方をすることが多く、モニカ・ルインスキーとのスキャンダル時にも擁護的な意見を述べていた。また、政権下で副大統領を務めたアル・ゴアについても評価しており、ベネズエラのウゴ・チャベス反米左派政権の自立路線を賞賛している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た景山民夫

    前出「ファディッシュ考現学」時代は、講談社について当時の「FRIDAY」の副編集長が創刊時に述べた「雑誌としての理念なんてない」という発言を引き合いに出し、編集姿勢や先に他社で刊行された先行雑誌との類似性(例:「FRIDAY」と「FOCUS」、「Hot-Dog PRESS」と「POPEYE」など)を批判し、「大日本雄弁会講談社(講談社の旧社名)の雑誌で、一度も連載した経験のないのを誇りに思っているのは田中康夫とは、この私である。」とまで述べていた。また講談社と同じく音羽グループに属する光文社についても編集者の態度を批判した。しかしその後「肩の力の抜けた出版社になった」として両社の雑誌でも連載するようになった。1994年当時に景山民夫が講談社批判を行った際にも、「ポスト・ファディッシュな評価をすべき」(=『ファディッシュ』当時とは状況が異なる)と述べている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た筒井康隆

    『噂の眞相』編集長時代、(『断筆宣言』を発表して連載を降りた筒井康隆に代わって)「ペログリ日記」の連載を依頼した。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た仙谷由人

    田中が政治的マキャベリストとしてしばしば賞賛する小沢一郎、鳩山由紀夫とは比較的近い距離にあり、民主党が野党であった2003年11月には閣僚予定者名簿(当時の民主党「次の内閣」の閣僚名簿とは異なる)で無任所大臣(地方主権担当)に指名された。一方で松下政経塾出身者、特に前原誠司に対しては「机上の空論」や「議員となるのが自己目的化している」「頭でっかち」と批判している。松下政経塾出身者以外にも菅直人や仙谷由人、岡田克也などへの批判をしばしば行っている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た田辺聖子

    1982年に発売された企画もののLPレコード「音版ビックリハウス ウルトラサイケ・ビックリパーティー」 の中で、雑誌「ビックリハウス」の編集長・高橋章子とのデュエットで「ブリリアントなクリスタルカクテル」(作詞:田辺聖子/作曲:沢田研二)という曲を収録し、発売した。この時のレコーディングの模様は、知事初当選の翌朝、一部テレビ番組で秘蔵映像として放送された。また、1981年に発売された柴田恭兵の楽曲「なんとなくクリスタル」に作詞家としてデビューを果たしている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た渡辺和博

    これ以外に「田中康夫のトレンドペーパー」という会員制雑誌を1980年代に発刊していた。表紙イラストは渡辺和博だった。「ソムリエに訊け」も同誌の連載が元になっている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た筑紫哲也

    「是々非々で評価する」として、田原総一朗や筑紫哲也、田崎真也など親交の深い関係にある対象でも容赦なく批判することも、かつて激しく叩いた対象を一転して評価することも多い。例えば前出のようにデビュー時に『なんとなく、クリスタル』を高く評価した江藤淳にも忌憚なく意見を述べていた。親しい間柄にあった人物にもこうした意見を行うへの批判に対しては著作やマスメディア出演時、公式ブロマガなどで「友人が道を誤りそうになったら正すのが真の友人」と反論し、単純に「批判」しているわけではないと述べている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た滝実

    その直前の7月5日には、幹事長の荒井広幸と総務会長の滝実が、党運営及び参院選に際しての選挙公約が党所属国会議員である滝と荒井の了承を経ずに決定されたことをめぐって離党し、結党当時に国会議員であったメンバーはいなくなる。これに伴い、新党日本に現職国会議員がいなくなったことにより、選挙活動に対する政党助成金が大幅に減った。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たトニー・ブレア

    サッチャーの様に利権にまみれた旧体制を壊した後に、ブレアの様にクリーンで公正な社会を再構築する、という両方の役割を一人でこなす政治家だと自負している様に、イギリスの(市場原理を積極的に取り入れつつも福祉を重視する)第三の道に考え方が近い。さらにハイエクとケインズの融合を目指しているほか、新党日本のマニフェストではベーシックインカムの導入も掲げている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

378件中 21 - 30件表示

「田中康夫」のニューストピックワード