362件中 31 - 40件表示
  • 田中康夫

    田中康夫から見た太田光太田 光

    第17回文藝賞受賞作品となり、社会現象とまで言われたデビュー作『なんとなく、クリスタル』(爆笑問題の太田光にはこの作品しか世間から知られていないことを逆手に取られて「一発屋」と称された。)、既成の文学の形態から逸脱した文体や視点(ややポストモダン文学寄りと言われている)は、当時日本の文学界に衝撃を与え、『純文学』的なものを良しとする風潮がまだまだ強かった文学界やマスコミを中心に賛否両論を巻き起こした。『なんとなく、クリスタル』の脚注に対しての「作者の批評精神あらわれ」(江藤淳)との評をはじめ「現代における”古典”といった趣き」(川村湊)、「80年代以降の都市風俗に取材した稀有な記録文学の書き手」(斎藤美奈子)、「近代文学における保守本流の批判的継承者」(佐藤清文)などの肯定的な評価もあるが、大半は否定的に評価されるか、黙殺されるかであった。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た竹中平蔵

    小泉純一郎と竹中平蔵の打ち出したアメリカ的な経済政策を導入する新自由主義経済路線を弱肉強食だと強く批判し、ある程度の経済格差は認めつつも最下層の幸せを確保する最小不幸社会を主張している。小泉の路線と自らの改革とは、車座集会とタウンミーティングその他や就任当時の高支持率など類似性が多いと『サンデープロジェクト』など政治番組で問われた場面もあったが、その際には小泉路線はまやかしであると答えた。その後も小泉路線を「なんちゃって小泉・竹中へなちょこ構造改革」と表現している。なお小泉については第2次橋本内閣の厚生大臣だった当時から批判していた。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たマーガレット・サッチャー

    サッチャーの様に利権にまみれた旧体制を壊した後に、ブレアの様にクリーンで公正な社会を再構築する、という両方の役割を一人でこなす政治家だと自負している様に、イギリスの(市場原理を積極的に取り入れつつも福祉を重視する)第三の道に考え方が近い。さらにハイエクとケインズの融合を目指しているほか、新党日本のマニフェストではベーシックインカムの導入も掲げている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た平山誠

    なお、総選挙への立候補に伴い公示日の同年8月18日、参議院議員は自動失職となった。参院選比例名簿の2位は有田芳生だったが、有田も総選挙に出馬していて繰り上げ当選を辞退したため、3位の平山誠が繰り上げ当選となった(平山はのちに離党)。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たビル・クリントン

    一方、ビル・クリントン政権については、好意的な見方をすることが多く、モニカ・ルインスキーとのスキャンダル時にも擁護的な意見を述べていた。また、政権下で副大統領を務めたアル・ゴアについても評価しており、ベネズエラのウゴ・チャベス反米左派政権の自立路線を賞賛している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た橋下徹橋下 徹

    宮崎県知事の東国原英夫に対しては2007年の就任当初は期待を寄せていたが、2009年に衆院選出馬が取り沙汰された際は改革が「遅遅として進んでいない」と評した。また大阪維新の会代表の橋下徹に対しては改革の気概や方向性に関しては評価することもあるものの、大阪府知事当時にダム建設の直轄負担金を拒否しなかった点をはじめやや批判的に評している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た東国原英夫

    宮崎県知事の東国原英夫に対しては2007年の就任当初は期待を寄せていたが、2009年に衆院選出馬が取り沙汰された際は改革が「遅遅として進んでいない」と評した。また大阪維新の会代表の橋下徹に対しては改革の気概や方向性に関しては評価することもあるものの、大阪府知事当時にダム建設の直轄負担金を拒否しなかった点をはじめやや批判的に評している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た景山民夫

    前出「ファディッシュ考現学」時代は、講談社について当時の「FRIDAY」の副編集長が創刊時に述べた「雑誌としての理念なんてない」という発言を引き合いに出し、編集姿勢や他社刊行の雑誌との類似性(例:「FRIDAY」と「FOCUS」、「Hot-Dog PRESS」と「POPEYE」など)を批判し、「大日本雄弁会講談社(講談社の旧社名)の雑誌で、一度も連載した経験のないのを誇りに思っているのは田中康夫とは、この私である。」とまで述べていた。また講談社と同じく音羽グループに属する光文社についても編集者の態度を批判した。しかしその後「肩の力の抜けた出版社になった」として両社の雑誌でも連載するようになった。1994年当時に景山民夫が講談社批判を行った際にも、「ポスト・ファディッシュな評価をすべき」(=『ファディッシュ』当時とは状況が異なる)と述べている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た石川嘉延

    また、長野県の隣県であり、同じく中部圏知事会議の構成員である静岡県知事選挙において、現職の石川嘉延知事に対立する静岡空港反対派の新人候補を支援し、静岡県内で応援演説を行い、自らの連載でも反対する意見を改めて表明している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たいとうせいこう

    1991年には、柄谷行人や中上健次らと共に、湾岸戦争への日本加担に反対する声明に参加している。こうした声明には、田中は元来否定的だったが、声明文を「我々は」や「私たちは」ではなく「私は」とし、個人の連帯とすることで参加した。なお、同声明に参加した作家は、他にいとうせいこう、島田雅彦、高橋源一郎などがいる。一方でこの声明を四方田犬彦は批判した。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

362件中 31 - 40件表示

「田中康夫」のニューストピックワード