362件中 51 - 60件表示
  • 田中康夫

    田中康夫から見た阪神・淡路大震災

    1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生する。小説『オン・ハッピネス』(1994年、新潮社)の舞台でもある神戸市の被災に衝撃を受け、ボランティア活動に従事した。また「活動を続けるうちに神戸と自らは多面性を持つ点で共通しているのではないかと思うようになった」とも述懐している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たエクソンモービル

    1981年3月、一橋大学法学部卒業。同年4月モービル石油に入社。横浜市内で新入社員研修を受けるなど当初は作家業との両立を志向していたものの3ヶ月で退社する。『なんとなく、クリスタル』の発表以降人気を得ていたこともあり、以後、文筆活動やテレビ、ラジオ出演などを行う。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た讀賣テレビ放送

    「テレビは見るものではなく出るもの」が持論で、ほとんどテレビ視聴の習慣はないと1994年当時の「ペログリ日記」内で記している。「なんとなく、クリスタル」で話題を呼んだ後、フジテレビ「笑っていいとも!」金曜日のコーナー「五つの焦点(フォーカス)」にレギュラー出演したのを皮切りに、テレビ朝日の女性向け情報番組「Oh!エルくらぶ」(1986年 - 1992年、番組自体は1997年まで)、読売テレビのワイドショー「Beアップル2時!」(1992年 - 1993年)では司会も務めた。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た日本航空

    運輸、サービス業界に対しては、1980年代後半には、当時半官半民体制であったJALの閉鎖的体質を、1990年代前半には事実上の独占状態であることについてJRを、1990年代後半には日本航空に代わり閉鎖的体質になったとして全日空を批判した。JR批判の際は、批判が掲載された「SPA!」が、数ヶ月間全てのJRの駅キオスク売店に置かれなくなるなどの嫌がらせをJRから受けることもあった。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た新潮社

    1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生する。小説『オン・ハッピネス』(1994年、新潮社)の舞台でもある神戸市の被災に衝撃を受け、ボランティア活動に従事した。また「活動を続けるうちに神戸と自らは多面性を持つ点で共通しているのではないかと思うようになった」とも述懐している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た幻冬舎

    また角川書店とは1980年代には単行本が文庫本化される際に角川文庫から出版されることが多かったが、1990年代初頭を境に、文庫本は河出書房新社その他から出版するようになり、角川文庫収録作品もほとんどが河出文庫より再刊された。一方、角川書店社員だった見城徹が設立した幻冬舎を会社設立当初には同時期作られた日本新党になぞらえて揶揄していたが、その後は『東京ペログリ日記』をはじめとした著書を出している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たYouTube

    1990年代中盤までは、パーソナルコンピュータやインターネット関連は、揶揄の対象あるいは無関心で、自らが機械音痴であることを認めていた。例えばWindows95発売が『モーニングEye』出演時に取り上げられた際にはほとんど興味を示していなかったが、1990年代終盤にパソコンを購入して以降はパソコン及びインターネットの利点を盛んに主張するようになった。「既存のメディアにない自由闊達な議論が行われている」と、2ちゃんねるが比較的無名な頃より評価しており、自らも2ちゃんねらーであることを公言していた。さらに2009年現在はYouTubeやニコニコ動画に「新党日本チャンネル」を開設し、意見発信も行っている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た毎日放送

    ラジオ番組の出演も多く、過去には文化放送「梶原しげるの本気でDONDON」のコメンテーターを長年に亘り担当。この他、大阪・MBSラジオの「さてはトコトン菊水丸」をはじめ、神戸空港問題で旧知の仲となった河内音頭の歌手・河内家菊水丸がパーソナリティを務めるワイド番組にも不定期で出演。また、TBSラジオの「BATTLE TALK RADIO アクセス」では隔週月曜のコメンテーターとして、文化放送「吉田照美 ソコダイジナトコ」の毎週火曜日の電話コメンテーターとして出演していた。「アクセス」については月曜日から金曜日までの放送だが、知事就任後から2005年3月まで、地元長野のSBC信越放送が、田中が出演する月曜のみネットし、放送していた。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た新銀行東京

    石原慎太郎については一橋大学出身の作家、それぞれ「太陽族」「クリスタル族」の生みの親であるなど共通点があり田中の知事在任中等はよく比較されていたが、一方で思想的に大きく異なる部分もあることから自著内で取り上げることも多い。知事在職時に日本外国特派員協会での講演で「彼自身がカワード(coward:臆病者)だから、失うものがあるから強い自分を演出している」と評したこともある(一方、石原も「どっちがカワードだよ」などと返している)。また、築地市場の豊洲への移転構想や新銀行東京への資金投入など、石原都政への批判も行っている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た角川書店

    また角川書店とは1980年代には単行本が文庫本化される際に角川文庫から出版されることが多かったが、1990年代初頭を境に、文庫本は河出書房新社その他から出版するようになり、角川文庫収録作品もほとんどが河出文庫より再刊された。一方、角川書店社員だった見城徹が設立した幻冬舎を会社設立当初には同時期作られた日本新党になぞらえて揶揄していたが、その後は『東京ペログリ日記』をはじめとした著書を出している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

362件中 51 - 60件表示

「田中康夫」のニューストピックワード