362件中 71 - 80件表示
  • 田中康夫

    田中康夫から見た神戸空港

    1998年「神戸市民投票を実現する会」の代表に就任。阪神・淡路大震災後のボランティア活動を通じて、神戸市の公共事業関連の問題を知り、神戸空港建設反対運動を行う。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た公明党

    対立する議会との溝は埋まらず、3選を目指した2006年の知事選では、支援したのは共産党だけであった。さらに、折りしも集中豪雨による洪水が多発し、田中の脱ダム政策に対する不信感が県民の間に芽生えた。自由民主党・公明党の推薦と連合の支援を受けて、ダム計画再開を主張するとともに、組織型選挙を展開する対立候補の村井仁に競り負け、落選した。田中の得票数は534,229票、村井は612,725票だった。村井は、田中の改革や政治姿勢を「見せ掛けだけ」・「独裁者だ」と痛烈に批判、当選後は田中の全政策を完全否定・完全清算することを宣言し、田中知事の改革の象徴だったガラス張りの知事室を廃止した。旧・ガラス張り知事室は、長野県観光協会が使用することになった。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た総務省

    道州制に対しては「全国知事会の提言は総務省の官僚が作成したもので新たな利権を生み出すだけ」「明治から様々な面が大きく変化しており新たな枠組みを考えるべき」としてマニフェストで否定している。また全都道府県および政令指定都市の首長を参議院議員にすることも提案している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たボランティア

    1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生する。小説『オン・ハッピネス』(1994年、新潮社)の舞台でもある神戸市の被災に衝撃を受け、ボランティア活動に従事した。また「活動を続けるうちに神戸と自らは多面性を持つ点で共通しているのではないかと思うようになった」とも述懐している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た記者クラブ

    県知事就任後、「脱ダム」宣言や脱・記者クラブ宣言、車座集会など、歯に衣着せぬ発言や革新的な提案で県内外からの大きな支持と注目を集める。公共事業費や公務員人件費の削減を行ったため、長年赤字で財政再建団体へ転落寸前だった長野県の財政は黒字化し、5年間で923億円の累積債務を減少させた。また予算配分に関しては、全国で初めて全小学校の1-4年生の30人学級化を実現するなど、福祉や教育分野に重点的に配分させ、財政構造を大きく変化させた。その半面、県の「貯金」に当たる財政調整基金の大幅な取り崩しが行われた。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た日本興業銀行

    1980年、第1作・小説『なんとなく、クリスタル』を執筆し、同年同作で「文藝賞」を受賞する。同作が執筆された背景には田中の所属していたサークル「一橋マーキュリー」での横領事件(サークル員の合意を取らずに資金を流用してサークル用に神宮前のマンションを借りていた事件)がある。当時田中は日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行ないしみずほフィナンシャルグループ)から内定を得ていたが、事件を起こしたとして卒業予定日の直前に停学処分を受け留年し、そのあおりで日本興業銀行からもらっていた内定は取り消された。この停学期間を利用して、『なんとなく、クリスタル』は執筆された。なお、フジテレビからも内定があった。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た磯村尚徳

    1991年の東京都知事選で小沢一郎が磯村尚徳を支援したのに対し、田中は『神なき国のガリバー』にて当時現職の鈴木俊一への支持を表明した(なお田中はそれ以前に鈴木を取材している。詳しくは当該項目参照)。また小沢が推し進めた湾岸戦争派兵や小選挙区制導入には反対の立場で、1990年代前半の日本新党をはじめとした「新党ブーム」には当時厳しい評価をしており、細川護熙内閣に対しても当時のメディアや文化人が総じて画期的だと報じる中、政治手法が翼賛的だと警鐘を鳴らしていた。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た冬柴鐵三

    比例近畿ブロックに重複立候補し、民主党の推薦を受けたものの、連合兵庫は社民党の候補を推薦した。選挙の結果、現職だった公明党の冬柴鐵三を破り当選した。当選後、民主党の院内会派に参加したが、2010年6月10日、国会内で国民新党代表の亀井静香と共同記者会見を行い、衆院で共同院内会派「国民新党・新党日本」を組むことを発表し、民主党会派から同日付で離脱した。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たジョン・メイナード・ケインズ

    サッチャーの様に利権にまみれた旧体制を壊した後に、ブレアの様にクリーンで公正な社会を再構築する、という両方の役割を一人でこなす政治家だと自負している様に、イギリスの(市場原理を積極的に取り入れつつも福祉を重視する)第三の道に考え方が近い。さらにハイエクとケインズの融合を目指しているほか、新党日本のマニフェストではベーシックインカムの導入も掲げている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見たウィリアム・ワーズワース

    ワーズワースの“Plain living, High thinking”という言葉を好み、いわゆる「清貧」や「暮らしは質素に、思いは高く」という意味にとどまらず、「奢侈ではない、分に応じた飾らぬ、けれども物質的には豊かな生活の中から、豊かな心と高い理想、そして思考が生まれる」を表しているとしている。「矜持と諦観」、すなわち「プライドと謙虚さを同時に持ち合わせることが重要」とも主張している。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

362件中 71 - 80件表示

「田中康夫」のニューストピックワード