前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
195件中 1 - 10件表示
  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た田中眞紀子田中眞紀子

    森の退陣を受けた2001年4月の自民党総裁選に、橋本龍太郎、麻生太郎、亀井静香と共に出馬。敗れれば政治生命にも関わるとも言われたが、清新なイメージで人気があった小泉への待望論もあり、今回は森派・加藤派・山崎派の支持を固めて出馬した。小泉は主婦層を中心に大衆に人気のあった田中眞紀子(田中角栄の長女)の協力を受けた。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田中角栄

    田中角栄から見た田中眞紀子田中眞紀子

    1938年(昭和13年)、徴兵適齢のため受けた徴兵検査で甲種合格となり、現役兵たる騎兵として陸軍の騎兵第24連隊への入営が通知される。1939年(昭和14年)に入営し、4月より満州国富錦で兵役に就く。軍隊時に早稲田大学の「建築に関する専門講義録」を入手し勉強に励む。入営当初は内務班での私的制裁を古兵から受けたが、夏に勃発したノモンハン事件に古兵が動員されたことに加え、部隊内の事務や能筆といった技能により、上官に一目置かれるようになった。1940年(昭和15年)3月、入営から1年で陸軍騎兵上等兵となる。しかし、同年11月にクルップ性肺炎を発症、翌年2月内地に送還される。治癒後の1941年(昭和16年)10月に除隊、翌月に東京の飯田橋で田中建築事務所を開設し、1942年(昭和17年)3月に事務所の家主の娘、坂本はなと結婚した。家主は土木建築業者で、結婚によりその事業も受け継いだ。同年11月に長男正法(1947年9月、4歳で死亡)が、1944年(昭和19年)1月に長女眞紀子がそれぞれ誕生している。田中角栄 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た田中真紀子田中眞紀子

    海部内閣で森山真弓が女性初の官房長官となり、小渕内閣で野田聖子が女性初の郵政大臣、小泉内閣で田中真紀子が女性初の外務大臣、第1次安倍内閣で小池百合子が女性初の防衛大臣、第2次安倍改造内閣で、高市早苗と小渕優子が、それぞれ女性初の総務大臣、経済産業大臣となった。女性大臣は昭和時代の男性のみ女性無しから、第1次小泉内閣、第2次安倍改造内閣女性大臣5人を最多に女性が平均1人から2人の割合で入閣するのが当たり前となった。1993年(平成5年)8月6日に日本社会党出身の土井たか子が女性初の衆議院議長(第68代)となり、2004年(平成16年)7月30日に自由民主党出身の扇千景が女性初の参議院議長(第26代)となる。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 田瀬和夫

    田瀬和夫から見た田中真紀子田中眞紀子

    2001年から2年間、緒方貞子氏の補佐官として「人間の安全保障委員会」事務局勤務。2004年9月より国際連合事務局・人道調整部・人間の安全保障ユニットに出向。2005年11月外務省を退職、同月より人間の安全保障ユニット課長、2010年10月より3年間はパキスタンにて国連広報センター長。外務省での専門語学は英語、河野洋平元外務大臣、田中真紀子元外務大臣等の通訳を務めた。2014年5月に国連を退職、同6月よりデロイト トーマツ コンサルティングの執行役員・ディレクターに就任。グローバル化する経済の中で、日本企業と国際機関の協調、人権基準の導入などをサポートしている。田瀬和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中直紀

    田中直紀から見た田中眞紀子田中眞紀子

    石川県金沢市生まれ。現在は新潟県在住。武蔵中学校・高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学卒業後は日本鋼管に入社。1969年に田中角栄の長女・田中眞紀子と結婚して田中家に婿入りし、姓を鈴木から田中に改める。田中直紀 フレッシュアイペディアより)

  • 平成日本のよふけ

    平成日本のよふけから見た田中眞紀子田中眞紀子

    自由民主党代議士田中眞紀子平成日本のよふけ フレッシュアイペディアより)

  • 小泉旋風

    小泉旋風から見た田中真紀子田中眞紀子

    その前哨戦2001年東京都議会議員選挙でも自民党圧勝、小泉政権発足直後で非常に高い支持率だった事からか、「小泉純一郎」や外務大臣田中真紀子の名が書かれた無効票が大量に出た。小泉旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人吉田学園 (北海道)

    学校法人吉田学園 (北海道)から見た田中眞紀子田中眞紀子

    詳細は田中眞紀子を参照学校法人吉田学園 (北海道) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た田中眞紀子田中眞紀子

    2002年2月4日、NGO出席問題を巡って田中眞紀子外務大臣と対立する形で衆議院議院運営委員長を辞任。9日後の2月13日、国後島の「日本人とロシア人の友好の家」(いわゆるムネオハウス)の建設をめぐる疑惑を発端として、数々の疑惑が浮上。2月20日に参考人招致、3月11日に証人喚問を受けたが明白な答弁は避けた。一切の疑惑に対して曖昧な釈明に終始したことより、社民党の辻元清美議員から「もう、ど忘れ禁止法を適用したい」「あなたはねぇ、疑惑のデパート言われてますけど疑惑の総合商社なんですよ!」と批判を受けた(辻元は7年後の2009年に外務委員会で「(自分が追及した案件については)裁判でもその事実は出ておらず、確証がなかった。そのような言葉遣いをしたことを反省している」と陳謝している)。3月15日、自民党を離党。さらに3か月後の6月19日、やまりん事件のあっせん収賄容疑を理由として衆議院本会議にて逮捕許諾決議が可決され逮捕された。21日、衆議院本会議で議員辞職勧告決議が可決されたが議員辞職はしなかった。7月20日、あっせん収賄罪で起訴。証人喚問において島田建設事件とモザンビーク事件に絡んだ証言が偽証として9月13日に議院証言法違反で、また、政治資金規正法違反の罪でも併せて起訴された。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 第44回衆議院議員総選挙

    第44回衆議院議員総選挙から見た田中眞紀子田中眞紀子

    郵政問題に絡む自民党からの離党者などを除く無所属議員は3名(江田憲司・田中眞紀子・徳田毅)となり、死票を増やすデメリットと引き換えに安定政権を創出しやすい(わずかな世論の変化が大きな議席数変動をうながす)小選挙区制度の功罪が改めて浮き彫りとなった。第44回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
195件中 1 - 10件表示

「田中真紀子」のニューストピックワード