186件中 91 - 100件表示
  • 白川勝彦

    白川勝彦から見た田中眞紀子田中眞紀子

    同じ新潟県の田中眞紀子の夫である田中直紀が自民党の公認を得られないという事態がかつてあり、この時白川は党の方針を無視して田中直紀の応援演説をした。白川勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤島正之

    藤島正之から見た田中眞紀子田中眞紀子

    2000年、第42回衆議院議員総選挙に自由党から比例九州ブロック(単独1位)で出馬し、初当選。2003年の民由合併に伴い、民主党に入党。同年の第43回衆議院議員総選挙では、出身地である柏崎市を含む新潟県第2区からの出馬を希望していたが、民主党前職の坂上富男が公認を得たため、無所属で出馬。田中眞紀子元外務大臣(当時は無所属・非議員)の支援も受け、坂上の得票数は上回ったものの自由民主党の近藤基彦に敗れ、次点で落選した。藤島正之 フレッシュアイペディアより)

  • 高松和夫

    高松和夫から見た田中真紀子田中眞紀子

    2012年、秋田公立美術大学を含む3校の認可・不認可をめぐる騒動において、文部科学委員会で田中真紀子文部科学大臣に同大臣の認可取り消しの発言の取り消しを求めた。高松和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 栗本 慎一郎

    栗本慎一郎から見た田中真紀子田中眞紀子

    1997年9月橋本龍太郎から経済企画政務次官に任命され1998年ポスト橋本の自民党総裁選では小泉推薦人。1999年4月の東京都知事選挙では非自民だった舛添要一候補の選対本部長をつとめ清和会を離脱したが野末陳平と共闘した事に抗議し離反し石原支持。通信傍受法(盗聴法)に田中真紀子とともに採決の際に反対し、単独で離党届をだす。田中真紀子はそのまま自民党に残ったが、栗本の離党届は受理されず除名処分となる(その時点の自民党幹事長は清和会会長森喜朗)。宮崎学率いる電脳突破党に参加する。同年の10月29日に脳梗塞で倒れた。脳梗塞で倒れる前日の記者会見ではろれつが回らなかったり症状が出ていたという。左半身麻痺という後遺症が発症したが、自ら考案したリハビリ(右半身を鏡で見せて左半身を鏡で隠すといった方法)ののち、左半身麻痺が解消し復帰している。栗本慎一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 早坂茂三

    早坂茂三から見た田中眞紀子田中眞紀子

    東京タイムズ社に入社し、『東京タイムズ』の政治部記者として田中角栄と知り合った。1962年に大蔵大臣に就いた田中の秘書官となり、内閣総理大臣在任中とその後の「ロッキード事件」による逮捕の時期を含め、田中が脳梗塞で倒れた1985年まで政策担当の秘書を務めた。田中の病気治療方針などをめぐり、長女眞紀子と対立し罷免、政治評論家に転身した。早坂茂三 フレッシュアイペディアより)

  • 熊代昭彦

    熊代昭彦から見た田中眞紀子田中眞紀子

    厚生族議員であり、岡山県選出であった橋本龍太郎(後の内閣総理大臣)に見いだされ、1993年7月に厚生省を退官。第40回衆議院議員総選挙に大村襄治の後継者として自民党公認で旧岡山県第1区(定数5)から出馬。同区最下位ながら初当選を果たした。以後当選4回(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨など)。小渕派→橋本派に所属し、橋本の側近として活動。2003年自由民主党総裁選挙では小泉純一郎を支持するか否かで平成研究会の対応が決まらない中、いったん総裁選に出馬表明を行うが、20人の推薦人を集められず、出馬を断念した。熊代昭彦 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人堀越学園 (群馬県)

    学校法人堀越学園 (群馬県)から見た田中眞紀子田中眞紀子

    尚、大学設置・学校法人審議会は、2012年10月25日、文部科学大臣田中眞紀子に対し、私立学校法に基づいて、解散命令を出すことが妥当との答申、報告を出している。学校法人堀越学園 (群馬県) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤昭子

    佐藤昭子から見た田中眞紀子田中眞紀子

    1985年、田中が脳梗塞で倒れて政治生命を失うと、娘の田中眞紀子によって事務所は閉鎖。早坂茂三とともに田中事務所を解雇された。原因は眞紀子と佐藤側の根深い対立関係にあったとされている。解雇後は自ら政治団体「政経調査会」を主宰し活動、著書を出版した。また旧田中派議員・関係者等の人脈に連なり、政治資金を提供するなど政界になお一定の影響力を持っていた。佐藤昭子 フレッシュアイペディアより)

  • みのもんたのウィークエンドをつかまえろ

    みのもんたのウィークエンドをつかまえろから見た田中真紀子田中眞紀子

    これら三つ巴の番組では初となる首都圏の聴取率調査で、2006年10月21日は文化放送のみ放送開始時間をいつもより1時間繰り上げ、12:00?15:00の3時間に拡大して放送を行った(その影響で「志の輔ラジオ 土曜がいい!」が1時間短縮された)。また12時台では衆議院議員の田中真紀子をゲストに迎えて(2ヵ月後のスペシャルウィークでは、田中は真裏の久米の番組に出演している)、発足したばかりの安倍内閣など国政全般や社会問題などを取り上げるなど、12時台は通常の番組構成とは明らかに異なるレイティングを意識した内容になっていた。またネット局では同日から番組ネット開始した青森放送を含め、通常通り13時から放送で飛び乗りとなった。みのもんたのウィークエンドをつかまえろ フレッシュアイペディアより)

  • 小野晋也

    小野晋也から見た田中眞紀子田中眞紀子

    1993年、森清の後継者として第40回衆議院議員総選挙に自民党公認で立候補し、初当選(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・横内正明・塩崎恭久・岸田文雄・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。以後5期連続当選。小野晋也 フレッシュアイペディアより)

186件中 91 - 100件表示

「田中真紀子」のニューストピックワード