195件中 91 - 100件表示
  • 大使閣下の料理人

    大使閣下の料理人から見た田中真紀子田中眞紀子

    田中真紀子外相による外務省改革・騒動(Order.137 - 142、作品中では「角田由紀子」)大使閣下の料理人 フレッシュアイペディアより)

  • 文藝春秋

    文藝春秋から見た田中真紀子田中眞紀子

    2004年(平成16年)に『週刊文春』は田中真紀子衆院議員の長女のプライバシーを暴露する記事を掲載、それに対し訴えを受けた東京地裁は出版禁止の仮処分を命じた(田中真紀子長女記事出版差し止め事件)。出版の自由への国家権力の干渉という論点もあり世間に波紋を広げたが、東京高裁において差し止め命令は取り消され、長女側が特別抗告を断念したことにより、確定判決となった。文藝春秋 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田靖一

    浜田靖一から見た田中眞紀子田中眞紀子

    1993年(平成5年)父の引退に伴い、第40回衆議院議員総選挙に旧千葉3区から自由民主党公認で出馬し、初当選(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙には千葉12区から出馬し、再選。千葉12区は中村正三郎元法務大臣の地盤でもあったことから、2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙ではコスタリカ方式により中村が千葉12区から出馬し、浜田は比例南関東ブロックで3選。1998年(平成10年)、小渕内閣で防衛政務次官に就任。浜田靖一 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県短期大学

    長野県短期大学から見た田中眞紀子田中眞紀子

    2011年、県教育委員会は外部有識者や県内教育関係者らによる「県立4年制大学設立準備委員会」(委員長・和田恭良副知事)と県庁内に担当部署として「県立4年制大学設立準備室」を設置、基本構想の立案に入った。2012年9月に県側が提示した学部学科に関する基本構成素案は、短大の学科構成を一切引き継がず発展的に解消、全面改組し、経営系学部の「総合マネジメント学部」を開設、「総合マネジメント」「グローバルこども教育」の2学科を設置するというものであった。しかし構想されていた経営系学部とその教育内容の多くは長野大学・松本大学・諏訪東京理科大学など既存の県内私立大学の教育内容と重複するものであった。このため既存の県内私立大学から「県から県内高等教育機関全体についての将来像が何も示されないまま、県の事業によって民業が圧迫される」「少子化が進む中で学生獲得をめぐる競合が懸念される」として一斉に反発、また「六鈴会」は短大の学科を継承しない構想に反対し、開学以来の文科・家政科及び児童科を基本とした学部学科構成とし、特に管理栄養士養成課程(管理栄養士養成施設)を設置するよう要求した。小宮山淳前信州大学長ら有識者からは「検討が不足している」等拙速な基本構想取りまとめに反対する意見が出されるなど、委員会は審議当初から混乱に陥った。県が設立準備委員会に当初示していたスケジュールでは、2012年12月までに学部学科構成を確定し、施設整備専門部会、教育課程・教員選考専門部会を設置し会合を開催、2013年2月には教育課程・教員選考の方針を決定する予定であったが、意見集約には程遠い状態が続いた。長野県議会からも「大学の構想が曖昧」等批判の声が上がり、更に2012年11月に発生した田中眞紀子文部科学大臣の「三大学新設不認可」発言とその後の議論・騒動も影響。2012年中には専門部会設置の見通しが立たず、構想がまとまらない状態であった。阿部知事は記者会見で「詰めていかなければいけないところが多々ある」と述べ、県は11月、開学予定年月を2017年4月に延期した。既存の県内私立大学側は懸念と反発を強め、「六鈴会」は比較的志願者の多い英語英米文化専攻と健康栄養専攻だけでも引き継ぐよう求めるなど、2013年に入っても学部学科構成について賛否両論が提起された。既存の県内私立大学は公設民営大学・公私協力型の大学、県が県内の学校法人を後押しして開学した大学、あるいは県や県内市町村が他地域から誘致した大学など、いずれも私立大学ではあるものの、若年層の県外流出の抑制や大学教育の機会均等という県の教育政策にかかわる観点から、開学に県や地元市町村が相当程度関与した大学がほとんどであるため、いずれも公立学校に準じた地域密着型の教育を掲げている。また県内私立大学側には地域貢献の観点から学費を低廉に抑えるなどの経営努力を行ってきたという意識もある。このため県がこれらとは別に既存の県内私立大学と競合するような学部学科・教育内容を有する4年制大学を経営することについては想定外の方針転換と捉えており、反発は収まらない状態が続いた。議論は単に長野県短期大学の4年制化にとどまらず、長野県の高等教育機関全体のあり方、さらには県内の教育全体をいかなるものにすべきかという問題にまで拡大。県は県内高等教育機関の振興案も併せて検討せざるを得ない状況となった。長野県短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • ミッチー・サッチー騒動

    ミッチー・サッチー騒動から見た田中眞紀子田中眞紀子

    写真週刊誌や民放各局のワイドショーなどがこの騒動を取り上げ始めると、これに乗じるかたちで各芸能人・著名人が沙知代に対してのバッシングを行うようになる。渡部絵美(元フィギュアスケート選手。1999年1月にハワイ滞在中に初対面の沙知代から息子のいる前で「あんた、醜いわね」と言われたことをテレビで告白)や十勝花子、神田うの、デヴィ・スカルノ夫人、美輪明宏(沙知代に舞台チケットを渡すも2回連続ドタキャンされ、絶縁したことを告白)、落合信子(落合博満夫人。光代寄り・沙知代批判派の中において、騒動が長引くに連れ、当時の関連主要人物の1人としてテレビ番組にひっぱりだこであり、アクの強いキャラクターの中で、主に正論を発する役割を担った)、美川憲一、ミッキー安川(沙知代の夫である野村克也が監督を務めていたヤクルトスワローズが優勝した際、その優勝パーティーの司会を依頼されたものの、その後一切連絡のなかったことを暴露)、瀬川研一(「サッチーに中傷された」と民事訴訟を東京地方裁判所に起こした)、塩月弥栄子(自身の著書で沙知代の実名は出さずとも「Y」というイニシャルを使って、かつて塩月の秘書を務めた沙知代が「印税の一部を自分の口座に振り替えた」などと記述した)、杉浦正胤、山東昭子、有田芳生などの人物が沙知代に批判を浴びせては浅香寄りの発言をした。一方、沙知代と交友のある細木数子や神田川俊郎、テリー伊藤などは沙知代を擁護する立場を取った。その後もビートたけし、田中眞紀子、団鬼六夫人、前田武彦などの芸能人・著名人が続々とこの騒動に参戦、騒動勃発直後の時期に入院(イレウス発症のため)していた病院を退院した鈴木その子も退院会見で2人の騒動に困惑した様子を見せた。世相風刺漫才を得意とする爆笑問題がこの件をそのネタにする場面もあった。沙知代は浅香のことを「女剣劇」と罵っていた。ミッチー・サッチー騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 高等教育局

    高等教育局から見た田中眞紀子田中眞紀子

    2012年11月1日、大学設置・学校法人審議会の答申を受けて、翌2日に田中眞紀子文部科学大臣が秋田公立美術大学ほか2大学の新設を不可とする公表を行った。田中はマスコミの取材に対して、就任間もない大臣(前月10月1日就任)が大学の認可・不認可という重要事項を自分の一存で決められるものではなく、事務方の意向に沿ったものであるとした。一方、大臣官房長の前川喜平(当時)は、「今は認可しない」ということと「不認可」とは異なるとして、田中の言葉が不適切だったと指摘し、官僚側と田中との間に意思疎通上の齟齬があったとした。この会見の2日後の同月8日、文部科学省は不認可の決定を撤回し、高等教育局長で秋田県副知事を務めたことのある板東久美子が認可状を手渡した。高等教育局 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見た田中真紀子田中眞紀子

    鈴木宗男事件が起こり、汚職騒動で鈴木宗男代議士が逮捕され、騒動に巻き込まれた田中真紀子外務大臣は大臣を辞任。2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 長島忠美

    長島忠美から見た田中眞紀子田中眞紀子

    12月、第46回衆議院議員総選挙に新潟5区から出馬。民主党の田中眞紀子に比例復活すら許さずに3選。長島忠美 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年日本の補欠選挙

    2002年日本の補欠選挙から見た田中眞紀子田中眞紀子

    選挙事由:田中眞紀子衆議院議員(自由民主党)、秘書給与流用疑惑で辞職 2002年日本の補欠選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 石毛えい子

    石毛えい子から見た田中眞紀子田中眞紀子

    同年9月、文部科学委員長を務めていた田中眞紀子の外務委員長就任に伴い、石毛が後任の文部科学委員長に就任。石毛えい子 フレッシュアイペディアより)

195件中 91 - 100件表示

「田中真紀子」のニューストピックワード