186件中 21 - 30件表示
  • 2002年日本の補欠選挙

    2002年日本の補欠選挙から見た田中真紀子田中眞紀子

    選挙事由:田中真紀子衆議院議員(自由民主党)、秘書給与流用疑惑で辞任 2002年日本の補欠選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 新欣樹

    新欣樹から見た田中真紀子田中眞紀子

    科技庁官房長のとき、長官の田中真紀子と行政改革などを巡り衝突して更迭されるが、当時の通産大臣橋本龍太郎らの支持もあって、通産省に戻り、1995年中小企業庁長官に任命され、政治問題となっていた政府系中小企業金融機関の既往借入金金利問題を決着させた。1996年通産省退官、石油公団理事、日本原子力発電副社長などを経て、現在財団法人電源地域振興センター理事長。新欣樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大木明雄

    大木明雄から見た田中真紀子田中眞紀子

    諸派候補の中でも得票率下位である事が多く、昭和晩期のバブル景気勃発以降は選挙闘争を停止したが、21世紀に入ってからも小泉純一郎や田中真紀子らに檄文を送付し、その写しを看板にして自宅外壁に掲げるなど、示威活動は鋭意継続した。大木明雄 フレッシュアイペディアより)

  • 野田峯雄

    野田峯雄から見た田中真紀子田中眞紀子

    大韓航空機爆破事件、金賢姫と李恩恵、外交、池田大作、田中真紀子、雅子妃、JR関連など多数の著書がある。大韓航空機爆破事件に関しては北朝鮮と韓国を除く、世界7ヶ国と日本の各地を旅して、実行犯である北朝鮮工作員の金賢姫と金勝一の足取りを追い、1990年5月に『破壊工作-大韓航空機「爆破」事件』を出版しており、金賢姫が実行犯であることに批判を呈している。野田峯雄 フレッシュアイペディアより)

  • 金大中事件

    金大中事件から見た田中真紀子田中眞紀子

    後年、大統領になった金大中はこの事件を一切不問にするとの立場を明らかにし、韓国政府に対する賠償請求などに発展するおそれのある真相究明を露骨に牽制した。また、1973年11月2日に行われた田中角栄首相(当時)と金鍾泌首相(当時)との会談の内容を収めた機密文書が盧武鉉政権により公開(2006年2月5日)され、日韓両政府が両国関係に配慮した政治決着で穏便に事を済ませようとしていたことが明らかになった。『文藝春秋』2001年2月号の記事によると「田中角栄首相が、政治決着で解決を探る朴大統領側から少なくとも現金4億円を受け取っていた」と現金授受の場に同席した木村博保元新潟県議が証言している。また田中真紀子によると事前に角栄は殺人をしないことを条件に拉致することを了承済であったという。金大中事件 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田康彦

    吉田康彦から見た田中真紀子田中眞紀子

    田中真紀子外相よ、官僚との和解を急げ (朝日新聞「私の視点」2001年6月10日)吉田康彦 フレッシュアイペディアより)

  • 越山会

    越山会から見た田中真紀子田中眞紀子

    田中が1990年に衆議院議員を引退した後、越山会からは後継者を擁立しないことを確認。その後解散。長女の田中真紀子が衆議院選挙に出馬した時には越山会の復活が注目されたが、真紀子との方針があわず、結局、旧六日町支部所属会員など一部が支持するのみだった。越山会 フレッシュアイペディアより)

  • 一龍戦争

    一龍戦争から見た田中眞紀子田中眞紀子

    1985年竹下登が創政会を立ち上げる(=田中派分裂)と、田中元首相が娘眞紀子を通して竹下系議員を門前払いにした。後に田中家は小沢だけ門前払いを解いたのに対し、橋本は最後まで許さなかった。一龍戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 清水清一朗

    清水清一朗から見た田中眞紀子田中眞紀子

    地元では不動産管理業を営む。資産家として知られ、西武鉄道東村山駅前などに多数のビル・駐車場・貸店舗などを所有している。2007年7月に公開された2006年分国会議員所得報告書によると、資産家・実業家として著名な鳩山邦夫・松本龍・堀内光雄らの政治家の所得を上回り、小杉隆・田中眞紀子に次いで第3位、1億2939万円の所得があった。小杉隆は夫人の借金返済に充てるために処分した土地・建物の売却益による所得、田中眞紀子は通常の事業所得のほか越後交通などの株式運用益による所得であった。清水清一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 皇民党事件

    皇民党事件から見た田中真紀子田中眞紀子

    皇民党が竹下を攻撃した理由は、竹下が「闇将軍」とあだ名されていた元首相の田中角栄に叛旗を翻す形で竹下派経世会を旗揚げしたことに「義憤」を感じたためといわれる。竹下は自らのコネを使って攻撃を止めさせようとしたが失敗した。これに対し(右翼とのコネがある)安倍派や中曽根派からは「右翼も処理できないとは、竹下は首相の器ではない」と批判されていた。竹下はこのことで円形脱毛症になったともいわれる。竹下自身も「後継総裁は無理だ」とこぼしたとされているがその後、金丸信、小沢一郎らが暴力団とのつながりが強い東京佐川急便社長の渡辺広康に仲介を依頼し、渡辺は広域暴力団・稲川会に皇民党との仲介を依頼、稲川会と皇民党との2度目の会談で竹下が田中邸に直接謝罪に行くことを条件に、ほめ殺しをやめることで両者の話し合いがついた。竹下は小沢一郎と共にマスコミが詰めるなか謝罪のために田中邸へ訪問をしたが、長女の田中真紀子に門前払いされ大恥をかいた。しかし、このことを境に嫌がらせは止んだ。皇民党事件 フレッシュアイペディアより)

186件中 21 - 30件表示

「田中真紀子」のニューストピックワード