195件中 81 - 90件表示
  • 上月豊久

    上月豊久から見た田中眞紀子田中眞紀子

    2001年(平成13年)8月 外務省大臣官房、田中眞紀子外務大臣秘書官事務取扱上月豊久 フレッシュアイペディアより)

  • 劇団雲

    劇団雲から見た田中眞紀子田中眞紀子

    松村達雄、有馬昌彦(1982年、円に参加)、名古屋章、山崎努、西沢利明(1978年、昴に参加)、野村昇史(1980年、円に参加)、寺田農、加藤治子、三井美奈、結城美栄子、中島久之、中村まり子、磯村健治、田中眞紀子(結婚引退、のちに衆議院議員)劇団雲 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属

    無所属から見た田中真紀子田中眞紀子

    また、元々ある政党に所属していて、何かの理由で政党から除名(または離党)となり無所属で再出馬する例もある(例 田中真紀子、柿沢弘治)。またスキャンダルによって名目上離党を余儀なくされたものの、旧所属政党の派閥への影響力などで実質的には旧所属政党に属しているのと同様な活動を行う例もある(田中角栄、中曽根康弘)。これらの候補は、小選挙区制の場合は旧所属政党から対立候補を立てられない例が多い(見かけ上旧所属政党の空白区となる)。無所属 フレッシュアイペディアより)

  • 沢口靖子

    沢口靖子から見た田中眞紀子田中眞紀子

    かつては清純派女優という印象が強かったが、金鳥の「タンスにゴンゴン」のCMでは、田中眞紀子風の政治家やマリリン・モンロー風のセクシー歌手、泉州弁で毒舌を吐く汚れた雛人形やパンクロッカーなどに扮して出演。それまで見せなかったコミカルな面が好評で話題となる。またこれをきっかけとして、近年では地元大阪でのCMならびに番組出演や、舞台『女ひとり』のミヤコ蝶々のように、大阪にゆかりの深い人物を演じることも多くなっている。沢口靖子 フレッシュアイペディアより)

  • 星野行男

    星野行男から見た田中真紀子田中眞紀子

    1996年10月、第41回衆議院議員総選挙新潟5区にて、師田中角栄の娘である田中真紀子と対決するも敗北し落選。同年11月、弁護士活動再開(新潟弁護士会所属)。1998年、第18回参議院議員通常選挙新潟県選挙区から民主党公認で出馬し、同じく衆院からの鞍替え目指す田中直紀の後塵を拝し落選。星野行男 フレッシュアイペディアより)

  • マキノホープ

    マキノホープから見た田中眞紀子田中眞紀子

    マキノホープは日本の競走馬。父ソロナウェーと母テツノホープの間に生まれた栗毛の牡のサラブレッドである。この馬は当時衆議院議員で後に内閣総理大臣となる田中角栄の持ち馬であり、娘の田中眞紀子から名前を取った。中央競馬において1970年のオールカマーや1971年の日本経済賞で優勝した。競走成績は26戦8勝である。マキノホープ フレッシュアイペディアより)

  • BISTRO SMAP

    BISTRO SMAPから見た田中眞紀子田中眞紀子

    政界からは、放送当時現職の国会議員として、1999年6月14日に小泉純一郎、2000年7月9日に田中眞紀子、2005年3月14日に安倍晋三、2006年12月18日に杉村太蔵、2008年2月18日に麻生太郎、2013年4月22日に石破茂が来店している。なお、首相退任後の細川護熙も1998年7月18日に出演している。BISTRO SMAP フレッシュアイペディアより)

  • 和田秀樹

    和田秀樹から見た田中真紀子田中眞紀子

    『永田町「精神分析」報告 コイズミ、マキコ、ムネオ・・・ビョーキな人たち』2002 小学館文庫和田秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 皇民党事件

    皇民党事件から見た田中眞紀子田中眞紀子

    竹下はこのことで円形脱毛症になったともいわれる。竹下自身も「後継総裁は無理だ」とこぼしたとされているがその後、金丸信・小沢一郎らが、暴力団とのつながりが強い、東京佐川急便社長の渡辺広康に仲介を依頼し、渡辺は広域暴力団・稲川会に皇民党との仲介を依頼、稲川会と皇民党との2度目の会談で『竹下が田中邸に直接謝罪に行くこと』を条件に、ほめ殺しをやめることで両者の話し合いがついた。竹下は小沢一郎と共にマスコミが詰めるなか謝罪のために、目白にある田中邸へ訪問をしたが、長女の田中眞紀子に門前払いされ、竹下は大恥をかいた。しかし、このことを境に嫌がらせは止んだ。皇民党事件 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た田中真紀子田中眞紀子

    小泉は最初の組閣の際、総裁選の2枚看板として働いた田中真紀子の入閣を望み、また田中も熱心に閣僚の地位を欲しがったと言われる。しかし、森の真紀子観は自己中心的な人物であり人望のない「お姫様」であった。過去、党務をないがしろにし、3000人を会場に待たせた応援演説をドタキャンしたり、応援するべき候補者や自民党を罵倒して目的を果たさず、先方からは苦情ばかりでその後始末に奔走させられた経験からであった。また小渕改造内閣で政務次官、第2次森改造内閣時には、閣僚にしてもらえるように重鎮と目される代議士に猟官運動を盛んに行っていたが、相手にしない者も多く、森も閣僚にしようとは全く考えなかった。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

195件中 81 - 90件表示

「田中真紀子」のニューストピックワード